節約はレジャー!

人助けをしない方が良いケースもあると理解しておこう

人助けをしない方が良いケースとは?

一般的に人助けをする事は素晴らしい事ではありますが、助けを求めている理由によっては、助けない方がその人の為になる事があるものです

分かりやすいのは、借金のお願いでしょうか。

突発的な事故や災害などのトラブルでお金に困っているのであれば別ですが、遊ぶ金欲しさに借金をお願いするような人にお金を貸してしまうと、益々その人には借金癖がついてしまいます。

パチンコですっからかんになって困っている人に、食事をご馳走するような事も同じです。お金が無くなっても何とかなると思ってしまうと、平気で同じ過ちを犯してしまいます。

飢餓状態の人でもない限り数日ぐらいなら水だけでも平気ですし、太っている人ならむしろ健康になっていきます。

参考一日一食の効果は節約だけじゃない?

自らの過ちによって苦しんでいる人を安易に助けてしまうと、その過ちから学ぶ事が出来なくなってしまいます。

これが人助けをしない方が良いケースという事です。

借金のような事は誰にでも分かりやすいと思いますが、日常のちょっとした事でも当てはまるものです。

割り勘との付き合い方

先日、仕事関係の付き合いで居酒屋の飲み会に参加したのですが、そこでかなり気になる人物がいました。

彼は大食漢のようで次から次へと食べ物や飲み物を注文し、どんどん胃の中に収めていくのですが、途中で苦しくなったようでトイレに駆け込み、なんと自ら吐いてきたと公言しました。そして胃薬を飲み、再び食べ続けていました。

私は小食でお腹をいっぱいにする事が好きではないので、このような場ではほとんど注文する事がなく、後半にみんなが食べ残している物をいただく事が多いのですが、そんな私を見て大食漢の彼が、

「もっと食べろよ!男かよ!」

と、つっかかってきました。かなり酔っぱらっていたので、まともに対処しても面倒なので、

「すいません、先に食べてきちゃったんですよ~」

と、適当な事を言ってやり過ごしたのですが、豪快にたくさん食べる事が良い事だと信じ切っている彼の言動に疑問をもちました。

テレビなどでも大食いの人が凄い人物のように取り上げられていますが、私には凄い人には思えません。必要以上に食べて生き物の命を粗末にしている事の、どこが凄い事なのでしょうか。

さらに大食漢の彼のように吐いてまで食べ続けるなど言語道断です。そんな彼の体調を整える胃薬にすら悪意を感じてしまいました(笑)。

結局彼は終盤には「気持ち悪い~」とうなだれて、たくさんの食べ物や飲み物を残してしまいました。

割り勘だからと彼のように好き勝手に注文した方が損をしないと考えてしまう人もいるかも知れませんが、それで自らの体調を悪化させるのはバカバカしいものです。

そのような場に参加しない事が一番なのですが、仕事の付き合いなので気持ちの方も割り切って一次会だけ参加して帰りました。

彼は部下に介抱されながら二次会の会場に向かっていったのですが、そこでも周囲の人に迷惑を掛け続けることは容易に想像ができます。

一杯のビールと残り物を少し食べただけで4500円は高いのですが、彼と張り合って食べ過ぎて苦しくなる方がバカバカしいですし、注文が増えて割り勘の費用が5000円になってしまうと、私と同じような人にも迷惑を掛けてしまいます。

いい年をして周囲の人に平気で迷惑を掛けている彼を助けたり、同調する理由はありません。それで彼の今後の仕事に悪影響が出てしまったとしても当然の報いです。

安易に人助けをして何事もなかったかのように納めてしまうより、翌日に後悔するぐらいの失敗があった方が、今後の彼の人生にとって良い事なのかも知れません

これはお酒との付き合いにも当てはまります。

お酒とのバランス

お酒が入ると気が大きくなって周囲の人に迷惑を掛けてしまう人がいますが、私は彼らを助けようとは思いません。

昔は助けた事もあるのですが、相手はその事を覚えていませんし、同じ過ちを平気で繰り返してしまいます。

偉そうな事を言って申し訳ないのですが、私自身も若い頃に仲間に迷惑を掛けてしまった事があります。

前日の事をほとんど覚えておらず、強烈な二日酔いで苦しむ中で、昨日の出来事を友人に聞かされて反省しました。

それからは節度をもってお酒と付き合うようになり、自宅では全く飲みませんし、付き合い程度で楽しむようになりました。

お酒との付き合い方が分かっていない若い世代であれば、多少は暖かい目で見守るようにしていますが、ある程度の年齢になってもお酒でハメを外してしまう人とは、距離を保つようにしています。

過去に酔っぱらった人を助ける為に、ケンカの仲裁をしたりタクシー代を貸した事もありますが、そのような事をしても彼らは同じ事を平気で繰り返してしまいます。

むしろケンカで痛みやキズが残った方が翌日以降でも反省材料になりますし、タクシーに乗らずに何時間もかけて歩いて帰った方が、その日のうちに酔いが覚めて学びがあったのかも知れません。

大切な仲間によほどショックな出来事が訪れて、励ます為の飲み会といったものであれば最後まで面倒を見てあげますが、仕事関係の飲み会でハメを外してしまうような人は、いち早く気がついた方がその人の為です。

中途半端な人助けをしない方が良いケースというのは、意外と身近にあるのではないでしょうか。

指摘は余計なお世話?

ある時に車を駐車場に停めた後に、ちょうど目の前の駐車場に停めた別の車のブレーキランプが切れているのを見かけ、

「すいません、左側のブレーキランプが切れていましたよ」

と声をかけると、

「あ?うるせーよ!」

と怒鳴られた事があります。もし私が同じ事を指摘されると「教えていただき、ありがとうございます」と感謝をすると思うのですが、人によっては余計なお世話になるのだと勉強になりました。

体臭が酷い人に「臭いですよ」と指摘するのは失礼なのでしませんが、家族や仲の良い人であれば、伝えてあげた方がその人の為になります。だからといって「お前、くせーよ!」と指摘するのではなく、やんわりと言葉を濁しながら伝えた方が良いものです。

人助けにもこの辺のバランス感覚が必要なのだと思います。お年寄りに席を譲るにしても、人によっては「私は年寄りじゃない!!」と怒り出すケースだってあるわけです。

いかにも立っているのが苦しそうなお年寄りであれば、声を掛けながら譲った方が他の人に割り込まれるリスクを減らせますが、微妙なラインだと何も言わずに立った方が良いような事です。

職場の後輩を育てる為に、あえて指摘しないで失敗を経験させた方が良いケースがあるように、何から何まで助けることが良いとは限りません。

良かれと思って人助けをしても、必ずしも相手に喜ばれるとは限りませんし、相手の為にもならないケースがあるので、上手くバランスを取る必要があるのではないでしょうか。

まとめ 助け方にも気を配ろう

困っている人を助ける事は素晴らしい事ではありますが、その助け方にも気をつける必要があります。

財布を落として帰れないという人に交通費を渡してあげるより、切符を購入してから渡してあげた方が確実です。

「魚(食べ物)を与えるより、魚の取り方を教えてあげよう」といった表現があるように、相手にとって本当に為になる助け方を意識する必要があります

安易にお金や食べ物を与えてしまうと、味をしめて物乞いばかりが上手くなってしまうかも知れません。

「甘やかす」という言葉の意味を調べると、

 子供などをきびしくしつけないでわがままな行動を許すこと

とありました。甘やかす事が相手の為にならない事はイメージできると思います。たくさんのお小遣いを与えた孫が、おじいちゃん子やおばあちゃん子に育つ事はありません。

「人助け」をしているつもりでも、実際には「甘やかしている」ケースがあるので気をつけたいものです。

介護職についている知人が印象深い話をしてくれたのですが、ある新人女性がとても優しくてしかも可愛らしく、おじいちゃん達に大人気になってしまい、その他の人が担当すると愚痴ばかりになって暴力事件にまで発展してしまいました。

新人女性の介護(容姿も)が素晴らしいだけに、比較されてしまう同僚との関係がギスギスしてしまいました。さらに優しいだけに介護の仕事以上の事を求められる事も多く、セクハラも頻発して結局辞めてしまったそうです。

そして彼女が来る前よりもずっと重苦しい現場になってしまったと、嘆いていました。

優しくて可愛らしい事が悪い事ではありませんが、結果的に必要以上の優しさが男性老人を甘やかす事になってしまい、誰も得をしない結果となってしまいました。

一般的な介護でも自分で出来ることまでやってあげると、益々できなくなってしまうように、人助けをするにしても加減を調節する必要があります。

人助けをされることに慣れて図に乗ってしまう人を増やさない為にも、あえて人助けをしない方が良いケースもあるという事を理解してほしいと思います

節約を頑張っている人に、安易にお金を貸したり、儲け話を持ち掛けてしまうと、今まで積み上げてきた物がガラガラと崩れて落ちてしまうかも知れません。

節約を頑張った結果、僅かに目標額に届かなかった金額を貸してあげるぐらいであれば良いかとは思いますが、頑張る前から貸してあげると学びがありません。

その人が知らない節約情報を教えてあげるのは素敵な人助けですが、お金を与えて助けてしまうのは甘やかしです。本当にその人の為になる助け方を上手く選択できるようになりましょう。

そして自分が出来る以上の事をしないのも大切です。身体が強くない人がケンカの仲裁に入っても一発でやられてしまうだけかも知れません。「おまわりさーん」と叫ぶ事がベストかも知れませんし、110番の通報をするのがベストかも知れません。証拠の画像や動画を残しておくといった選択肢もあると思います。

自分を犠牲にしてまで人助けをする事は凄い事ではありますが、自分が借金してまで人にお金を貸してしまうような事は避けるべきです。公的機関への相談を促した方が、その人の為になるかも知れません。

人助けをしたつもりで「ミイラ取りがミイラになる」かも知れませんし、事を大きくしてしまう事もあります。人を助けるのは素晴らしい事ですが、自分を助けることも忘れないでほしいと思います

自分が困ってしまうと、出来る人助けも出来なくなってしまいます。偉人が達成した大きな人助けも素晴らしいですが、自分が出来る範囲での小さな人助けを継続する事も、素晴らしい事ではないでしょうか。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]