節約はレジャー!

若い頃は節約や貯金はしない方が良い!は真に受け手はいけない

若い頃の経験はプライスレス?

しばしば成功者の本やネットニュースなどで、

「若い頃は貯金や節約をしないで、バンバンお金つかって色々な経験をするべき!」

といった意見がありますが、このような意見を真に受けるのは危険です。

少し考えてみれば分かる事ですが、若い頃からバンバンお金を使っていた人達が全員成功しているわけでも、お金持ちになっているわけでもありません。

また時代背景も大きく違います。現代は高度経済成長期のように給料がどんどん上がっていく時代でもありません。

給料の上昇に合わせて生活レベルを引き上げていくと、お金はいつまで経っても溜まっていきませんし、結婚して子供ができて出費が増えたり、転職して給料が下がると、一気に生活が苦しくなってしまいます。

若い頃に様々な経験をするのは素晴らしい事ですが、必ずしもお金を掛けなければならないものでもありません。

「飲み会などに積極的に参加して人間関係を広げろ!」

といった意見も同様です。お酒が好きな人であれば良いのかも知れませんが、そうではない人がわざわざ積極的に参加しなければならないものでもありません。

「お酒の席だからこそ知る事ができる情報がある」

といった考え方もありますが、有能な人ほど酒におぼれて大事な情報をさらけ出すような事はしませんし、ちょっと酔っただけでペラペラと話してしまうような人は信用されていないので、有益な情報は集まってこないものです。

大抵はお酒の席でしか役に立たないようなゲスな話だったり、愚痴を聞かされるだけのバカバカしい時間になります。

もちろん尊敬している先輩や憧れている人との席であれば、お酒に興味が無くても参加する価値があるとは思いますが、そうではない人との飲み会など、無理に参加する必要はありません。

そのような席に参加して「バカバカしい事なんだな」と学んで、その後の人生に役立てるのであれば、それも良い経験ですが、バカバカしいと感じている事を経験し続けるのは全くもって無駄な事です。

「最近の若い人はお金を使わないからダメなんだ」

といった意見は真に受ける必要はありません。時代が違う世代の事など気にする必要はありません。

お金を掛けなくても出来る事

スマホやネットが普及した現代では、昔はそれなりにお金が必要だったことでも、無料で手に入るようになりました。おそらく計算機を所有している若者はいないのではないでしょうか。

昔の若者の遊びというのは、車やファッションやお酒やタバコといったものが中心で、現代と比べて選択肢が圧倒的にありませんでした。

20年以上前の私が中学生の頃に同級生の家に遊びに行くと、その子のお兄さん(20代中頃)がアニメグッズをたくさん所有していて驚いた事があります。

アニメの声優のCDが何十枚もあり、そのようなモノがある事すら知らなかった私は心底驚きました。

現代であればオタク文化も随分と浸透しましたが、当時はほとんど世間に浸透していなかったので、それらを集めるのは相当大変な事だったと想像できます。

地元の小さな本屋やCDショップにはアニメ専用のものなど売られていませんでしたし、おもちゃ屋に行っても美少女フィギアなど見た事がありませんでした。

田舎に住んでいた事もありますが、おそらくアニメ雑誌を送料を負担しながら定期購読し、その中から必死になって好みの情報を集めては購入していたのだと思います。

一方で現代であれば簡単に検索できてしまいます。秋葉原の近くに住んでいなくてもそれらの文化に触れる事はできますし、オークションサイトなどから格安でグッズを手に入れる事もできます。

20年ぐらい前の田舎の若者であれば、車にお金をかけて週末には飲みに行くといった遊びが一般的であり、中学生だった私にもそれがカッコ良いものだという認識がありました。

なのでそのお兄さんの事を、心底気持ち悪い(失礼)と感じていました。

気持ち悪いと思いながらも、発売間もない「ときめくメモリアル」という美少女育成ゲームをやらせてくれて、今までのゲームの概念とあまりにも違い、何とも言えないドキドキとワクワクを感じて楽しかった事を覚えています。

これらのように現在の若者と、元若者のおじさんでは時代背景が全く違います。

昔は通用した成功法則でも現代では全く通用しない事もありますし、お酒の席で仲良くならないと仕事が上手く回らないといった時代でもありません。

昔は仕事の内容よりも、このような人間関係を構築できる人ほど仕事が上手く回ったのかも知れませんが、現在のように簡単にネットで最安値が見つかる時代に、ゴマすりだけで成り立つものではありません。

ラットレースに巻き込まれるリスク

様々な経験をする事に越した事はありませんが、必ずしもお金を掛ける必要はないですし、お金を掛けずとも出来る事が劇的に増えているので、有り金を全て使ってしまうような事は愚かな事です。

一部のお金持ちのように汗水たらして働かなくても、権利収入で安定したお金が入ってくる人であれば、どんどんお金を使っても生活に困るような事はないのかも知れませんが、労働の対価で賃金を得ている多くの一般人が、同じようなお金の使い方をしてしまうと、身体の調子が悪くなっただけで維持できなくなってしまいます。

ベストセラーになっている「金持ち父さん貧乏父さん」という成功哲学の本の中に、この常に働き続けなければならない労働者の状態の事を「ラットレース」と表現していたのですが、ラットだって食べ物の蓄えがあれば、常に獲物を求めて走り続けなければならないわけではありません

疲れたらペースを落とす事もできますし、風邪をひいたら休む事もできます。

給料を全て使うような生活をし、さらにローンなどを組んでいると、このラットレースの状態から抜け出す事はできませんが、ラットでもやりようによってはペースをコントロールする事は可能です。

それが節約や貯蓄といったものであり、心に平穏をもたらしてくれます。

必死に走り続けた先に成功者への道があるのかも知れませんが、自分のペースで節約や貯蓄を励んでいた人に、同じような道がないかといえば、そんな事はありません。

有益な情報を求めてお酒の席に足繫く通い、何とか見つける事が出来たしても、まとまったお金がないとチャレンジできないかも知れません。

そこで借金をして挑戦して成功した人は、それを自慢げに語るものですが、そのような人の何百倍もの人達が、失敗して谷底に落ちてしまっています

単純にそのような人達の意見が世間に出回らないだけであり、成功者の後ろには夢破れた人達がうごめいています。

人はお金を掛けるとそれ相応の対価を求めてしまうので、お金を掛ければ掛けるほど、引くに引けなくなって冷静な判断が出来なくなってしまいます。

怪しげな儲け話に手を出してしまう可能性が高まり、再起不能なほどの大火傷を負ってしまうかも知れません。

一方で日頃から節約に励み、それなりに貯蓄があれば、心が平穏なので冷静に対処する事ができます。

どれぐらいまでの金額なら生活レベルを維持できるかといった事が明確なので、例え失敗したとしても軽い火傷程度で済みます。体力(お金)が残っていれば、再び挑戦するチャンスが訪れるかも知れません。

現在のように様々な情報を簡単に手に入れられる時代にも関わらず、怪しげな儲け話に引っかかってしまう人が絶えないのは、この冷静さが欠けているからです。

知らない電話番号から着信があると、その番号を検索するだけで様々な情報が見つかるものです。実際に私も「090-0000-0000は詐欺」といった情報を見つけた事が何度もあります。

心当たりのある会社の電話番号であれば折り返し連絡をすれば良いですし、ちょっとした心がけで自衛出来る事は少なくありません。

参考個人情報を守る意外なポイント!

常に様々な儲け話に頭を突っ込んでいると、このような人達に簡単に騙されてしまいます。

お金を掛ければ掛けるほど、それ相応の対価を求めてしまうのが人間なので、若いうちからバンバンお金を使っていると、常にラットレースに巻き込まれる事になってしまいます。

ラットレースを抜け出して金持ち側に移行するのが理想ではありますが、そこには様々な罠が仕掛けられているので、誰もが簡単に移行できるわけではありません。

現在はネットで簡単に調べられるだけに、そのような罠の情報に触れる機会も増えているので気をつけてください。

お金を掛けずとも出来ることを調べていくうちに、それらの情報を見極める基準が身につき、本物を見つけやすくなるものですよ。

まとめ 成功者の意見はほどほどに

当ブログでは以前に、「お金持ちは節約しない?」といった内容のものを紹介した事があるのですが、

参考お金持ちは節約しないって本当?

ここでも紹介しているように、自分の力でお金持ちになった人と、生まれながらのセレブの人では、全く意見が違うものです。

自分の力でお金持ちになった人というのは、わざわざその情報を大々的に公開するものではありませんし、誰にでも簡単に再現できるような情報があるわけがありません。

飲食店の秘伝のレシピは従業員にすら教えないものです。「しっかりと灰汁を取るのがポイント」ぐらいの曖昧な情報しか公開しません。

お金持ちに気に入れられる為に、バンバンお金を使ってゴマすりをすれば、もしかしたら秘伝のレシピを教えてもらえるかも知れませんが、そうまでして手に入れた情報が、現在では通用しないかも知れません。

お金持ちになれる具体的な方法などありませんし、時代によっても大きく変化していきます。

若い頃にバンバンお金を使って様々な経験をした人が、その経験を元に新たな着眼点から成功を収めたというケースがないとは言いませんが、中にはたまたま運が良かっただけの人もいるものです。

これで分かりやすいのは、若かりし頃の武勇伝のような事です。

政治家の中にも若い頃のヤンチャを自慢げに語る残念なおじさんがいるものですが、ヤンチャをしていたから成功したのではなく、ヤンチャを辞めたから成功できたのであり、この辺をごっちゃにしてヤンチャ時代を肯定してしまう人がいます。

数年前に元ヤンの先生が話題になった事がありますが、元ヤンでなくても素晴らしい先生はたくさんいますし、むしろ確率は圧倒的に高いです。

元ヤンだからこそ現ヤンキーの役に立てるといった要素がないとは言いませんが、全ての人に有益な教育方法だとも限りません。

「若い頃はバンバンお金を使え!」も同じです。バンバンお金を使って成功を掴んだ一部の人達の意見であり、堅実な方法でお金持ちになった人の方が圧倒的に多いはずです。

背伸びして高価なスポーツカーなどを買ってしまうと、購入代金だけではなく維持費が跳ね上がってしまいます。数年後にはとんでもない金額の差になってしまいます。

スポーツカーが好きな人が買うのであれば、それはそれで満足できると思いますが、そうでもない人が無駄にお金を掛けてしまうと、デメリットばかりになってしまいます。

小さな頃から人生をささげてスポーツの練習に励み、一流アスリートに成りあがった人の意見は称賛されますが、その人と同じぐらい練習したからといって同じような結果が出るとは限りません。

その人以上に練習をしてもダメだった人もいますし、生まれ持った才能といったものも関係してきます。

毎日6時間もの練習をしている高校野球の名門校でも、プロになれるのは数年に1人ぐらいです。逆に文武両道の高校からでもプロになれる逸材が出てくる事があります。

一流のアスリートが良いコーチになるとは限らないように、若い頃にバンバンお金を使って成功した人の意見が参考になるとは限りません。

ましてや時代が違う人達の意見など、ズレていて当たり前です。

最近の若い人達はあまりお金を使わないといった事を嘆く人がいますが、そのような人の意見など真に受ける必要はありません。

参考にするのは構いませんが、そっくりそのまま鵜吞みにするのではなく、しっかりと自分のフィルターを通して考えてください

バンバンお金を使っているギャンブラー達が成功しているわけでもありませんし、負けた時に誰かれ構わず八つ当たりをするような人に、その後の成功が待っているとは思えません。

パチンコ屋や競馬場に行くとよく分かるのですが、明らかに一般の人よりも清潔感がなく、気が荒い人達で溢れています。ゴミも平気でその辺にぶちまけます。

そのような人がふらっと飲食店にやってきても、お店の人がサービスをするような事はないですし、周りの迷惑になるような恰好や態度の人が成功に近いわけがありません。

「人は見た目じゃない」といった意見もありますが、内面が優れている人が周りの迷惑になるような身なりをするはずがありません。戦後の物がない時代であれば別ですが、現在のように安く洋服が手に入る時代に、そこを意識出来ない人の内面が優れているとは思えません。

年代が違う人のアドバイスには、このような時代錯誤のものも含まれています。携帯電話が無かったころであれば、待ち合わせに遅れると大変な事になるので、しっかりと事前準備をして時間に余裕を持った行動が必須でしたが、現在はスマホで簡単に調べられますし、遅れるといった連絡もできます。

これらのような時代が違う人達との交流で得られる有益な情報というのは、そこでしか役に立たないようなものばかりであり、お酒の席で得られる情報というのも、同じような傾向があります。

お酒の席での立ち回りは上手くなるかも知れませんが、そもそもお酒が好きではない人にとっては、苦しい時間が続く事になってしまいます。

だったら自分の好きな空間で立ちまわる方法を学んだ方が良いですし、同じお金を掛けるにしても満足いく結果になるのではないでしょうか。

現代は仕事の内容よりも「飲みにケーション」で決まる時代ではなくなってきているので、お酒が好きではない若者が飲み会を断るのは間違っていません。

「若い頃は節約や貯金なんかしないでバンバンお金を使って様々な経験をした方が良い」といった意見は真に受けないでください。

昔よりも圧倒的に経験できる対象が増えているので、わざわざお金を使ってまで興味のないジャンルの経験をする必要はありません。

もちろん興味のないジャンルから新たな発見や気づきが得られる事もありますが、それもお金を掛けずとも得られるジャンルと大差はありません

お金を掛ける事が悪いのではありませんが、大切なお金を安易にバンバンと使ってしまう習慣をもってしまうと、本当に大切な対象にお金を使えなくなってしまいます。

維持費や固定費も膨らんでしまい、益々ラットレースに巻き込まれてしまいます。

私は高校の頃に筋トレの本を買った事があるのですが、下手なイラストで解説されており、ほとんど役に立ちませんでした。少ないお小遣いから購入したので、ものすごく損をしたと悲しかったものです。それが現在ならYouTubeで簡単に分かりやすい筋トレの情報が見つけられるわけです。

もちろんスポーツジムのトレーナーに直接指導してもらうほどの効率的なトレーニングができるとは言いませんが、高額な費用を支払わなくてもできる事は確実に増えています。

自分なりに調べて試行錯誤をした上で、より高みを目指す為にスポーツジムに通うのであれば、高額な費用を支払う価値があると思いますが、いきなり高額なスポーツジムに通ってしまうと、ベースとなる筋肉がほとんどないので大したトレーニングができず、厳しい食事制限によるダイエットばかりで、結局はリバウンドしやすい体質になってしまうかも知れません。

高額なお金を支払ってまで本末転倒になってしまうかも知れないので、なるべくお金の掛からない方法から試していき、日頃から節約や貯蓄をしておいた方が、適切なタイミングや納得できる価格を選びやすくなるのではないでしょうか。

10円の節約の為に遠くのスーパーまで行くのは時間の無駄といった意見も多いですが、当人がそれを楽しんでいるのであれば、それはもう趣味みたいなものです。

私もよく運動を兼ねて遠くのスーパーやドラッグストアまで歩いていきます。趣味でスポーツジムに通うような人だって、お金と時間を掛けていますが、節約の為に遠くのスーパーまで行くような事だって、当人が楽しんでいるのであれば全く問題ありません。

「スポーツジムに通うお金まで節約できた!」と考える事だって出来ます。

ビジネスの場では楽しさよりも効率を重視する必要がありますが、それぞれのプライベートな時間をどう過ごすかは自由なはずです。

昔よりもお金を使わなくなった若者は、それだけ現代に適応しているという事であり、お金を使って様々な経験をしたからといって、昔の人のように成功できる保証はありません。

イチローが小学生の頃にバッティングセンターに通っていたからといって、バッティングセンターに通っている小学生が、必ずしもイチローのようになれるわけではありません。

一部のお金持ちや成功者や天才の意見を鵜吞みにしないでください。若かりし頃のヤンキー自慢をしている中年のおじさんのように、あくまでも現在の状態が良いから過去が輝いて見えているだけであり、ヤンキーのまま転がり落ちて行った人達もたくさんいる事を忘れないでください

ちなみに「若者にバンバンお金を使え」とアピールしている人ほど、若者をターゲットにしている商品を扱っている傾向があるので、そのような意見を見かけたら、その人の背景を良く観察してみてください。真意がわかるかも知れませんよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]