節約はレジャー!

ストレス発散にお金をかけるより減らすことに投資しよう

ストレスを発散したくなる理由

ストレスが貯まる原因は人それぞれですが、そのストレスを埋め合わせするかのように、娯楽にお金を投じてしまうとお金はなかなか貯まりません。

ストレスを発散するために飲みにいく人と、純粋にお酒が好きで楽しむ人では、同じ金額のお金を使っても満足度は大きく違うものです

ストレスを発散する為に飲みにいっても、マイナスになっていた状態をゼロに近づけることはできるかもしれませんが、プラスになるわけではありません。

同じお金を使うのであれば、ストレスそのものを減らす方法に投資した方がプラスに転じやすくなります。心身共にパフォーマンスが向上すれば無駄使いも減り、収入もアップしやすくなります。

ストレス発散にお金を使うのではなく、ストレスそのものを減らすことにお金を使うという視点をもつようにしましょう!

ストレスを減らす工夫

ストレスを減らす為には、ストレスになっている原因をよく突き止めることです。ここが曖昧なままだと、どうしてよいかわからずに手っ取り早くストレスを発散する方向を選んでしまいます。

もし職場の人間関係が悪いのであれば、上司に相談して配置を変えてもらうようにお願いしたり、転職をするということです。

家族や恋人のことで悩んでいるのであれば、しっかりと話し合うか、別れるということです。

「そんなこと簡単にできるか!」

と言われそうですが、その選択肢も視野に入れることが大切です

その選択をした後の状況を想像することで、今のストレス状態とその後のストレス状態を天秤にかけることができます

転職の場合、大抵は収入が減ることになりますが、それによってストレス発散する必要がなくなるのであれば、結果的にお金が貯まりやすくなる可能性があります。

これは通勤時間が長い方にも当てはまります。家の近くの職場に転職をして収入が減ることになったとしても、通勤時間が劇的に短縮されるのであれば、多少の残業をしても疲れは減るものです。

通勤費が節約できるだけではなく、副業に取り組む時間ができるかもしれません。逆に職場の近くに引っ越すという選択肢もあります。

参考職場の近くに引っ越して節約!?

家賃が上がったとしても通勤時間の半分の残業で補えるかもしれません。また家事にストレスを感じている方であれば、特に苦手な家事をするモノに投資するのも良いかと思います。

以前、食洗機をおすすめした記事を紹介したことがあるのですが、

参考食洗機は時間短縮だけではない!?

これは単純に食器を洗う時間を短縮できるだけではなく、ストレスの原因を減らすメリットが最も大きいということです。

これは掃除などにも当てはまります。高機能な掃除機(軽さやメンテナンスのしやすさなど)を購入することだったり、汚れにくい環境を意識することで、掃除のストレスを劇的に減らすことができます。

これらのようにストレスの原因をよく見極めることで、何かしらの対策が見つかるものです。ここをなんとなく曖昧なままにしておくと、手っ取り早くストレスを発散する方法にお金を使ってしまいます。

転職した私の事例

ちなみに私は過去に転職を繰り返していた時期があるのですが、どの仕事場でも人間関係に悩まされました。

特に他の人がサボっている状況にストレスを感じることが多く、「なぜ自分ばかりが頑張らなければならないのか!」とストレスを勝手にため込んでいました。

その職場で出世して環境を変えるという選択肢もあったのですが、それまでストレスを抱え続けるより、成果報酬タイプの職場に転職することを選びました。

すると、そのようなストレスから見事に無縁になりました。同僚がサボっていても全く気になりません。

余計なストレスを感じなくなると、ストレスを発散するために飲みに行くことがなくなりました。また付き合いだけの酒の席も断れるようになりました。

純粋に楽しいお酒の席(好きな人、尊敬できる人がいる場)にだけ参加するといったライフスタイルを手に入れることが出来ました。

ストレスを発散するために無理やりお酒を飲むようなこともなく、周囲の人の飲み方に合わせる必要もありません。自分のタイミングで参加して帰ることもできます。

ストレスそのものが減ったことで、わざわざお金を使ってまでストレス発散をすることが見事になくなりました。

他にも自宅の中でストレスを感じていたのが、食料品の管理です。私は節約家ということもあり、食品を無駄にすることに強くストレスを感じるので、なるべく賞味期限内に食べきるように管理していたのですが、これも行き過ぎると、食べたくもないタイミングで食べなければならないというケースが出てきてしまいます。

本音ではさっぱりとした蕎麦を食べたいのに、賞味期限が近いからと油っこいラーメンを食べるようなことが度々ありました。

この対策として食料品を貯め込まないようにすると、冷蔵庫に中の物がどんどんなくなり、ちょっとした調味料や卵ぐらいになりました。この為だけに冷蔵庫の電気代が掛かるのがバカバカしくなり、卵について調べてみると賞味期限は常温保存の期限だということを知り、無理なく冷蔵庫を手放すことができました。

参考冷蔵庫が必要ないライフスタイルとは?

ストレスの原因だった食料品の管理が格段に楽になり、好きなタイミングで食べたいものを自由に選べるようになり、ストレスも溜まらなくなりました。

昔の私のように食べたくもないタイミングで無理して食べてしまうと、満足できずにその後にお菓子やデザートなどを食べてしまうものですが、そのような事も一切なくなりました。

これらのようにストレスが溜まる原因を減らすことで、わざわざ別にストレスを発散する必要がなくなるものです。

まとめ 目をそらさずに向き合おう

ストレスの原因は人それぞれですが、一度ストレスそのものを減らすという視点を意識してみてください。

ストレスを感じる状況を変えない限り、いくらストレスを発散しても根本的な解決にはなりません。

退屈な日常を忘れる為に旅行に行くのも一つの選択肢だとは思いますが、旅行が終われば退屈な日常が待っています。

それよりも退屈な日常を刺激的な日常に変えることにお金を使えば、退屈な日常ではなくなります。

ストレスを発散する為にお金を使ってもマイナスがゼロに近づくだけで、またすぐにマイナスに戻ってしまいます。

マイナスになる原因を減らすことができると心に余裕が生まれます。イライラすることも無くなるので、暴飲暴食や無駄使いが劇的に減ります。

これはダイエットにも似ているかも知れません。劇的に効果のあるダイエット食品を購入したとしても、普段の生活がそのままではダイエット食品を止めた途端に元に戻ってしまいます。

ダイエット効果のあるものに投資するより、太る原因そのものに投資をした方が効果は持続してくれます。

そしてマイナスをゼロに近づける為だけのストレス発散にお金を使わなくなると、プラスになること(趣味など)に、お金を使うことができるようになります

当たり前のことですが、楽しい時間を過ごすと心も体も活き活きとしてきます。どんどん好循環になっていくものです。

お金をかけないストレス発散方法もありますが、状況を変えない限りストレスはたまり続けます。たとえお金が残っても健康状態は悪化する一方です。

お金をかけてでもストレスそのものを減らした方が、心も体も健康になるのではないでしょうか。

活き活きと仕事に取り組むことができればパフォーマンスも上がるものです。結果的に収入も増えていく可能性があります。

全てのストレスの原因を解決できるとは言いませんが、そこに目を向けるだけで新しい選択肢が見えてくる可能性があるので、日ごろからよくストレスの原因と向き合ってほしいと思います。

今までストレス発散ばかりしていた方ほど、意外な解決方法が見えてくるかも知れません。

この辺のバランスは節約にも当てはまることが多いのですが、本棚から溢れている本を整理する為に安い本棚を購入してしまうと、再びその本がいっぱいになると同じ問題が発生してしまいます。

これは問題を解決したのではなく、先送りにしただけです。一方で不要な本を手放して整理したり、電子書籍にすることで本棚そのものが要らなくなるかも知れません。なんども読み返したくなる本など、そう多くはないはずです。

節約で貯めたお金の使い道は自由ですが、年に一度の海外旅行でストレスを発散するのに使うより、日ごろのストレスを減らす為に使った方が、年間を通して気分も身体も良い日が増えるのではないでしょうか。

生活に必要なお金を稼ぐためではなく、ストレス発散の為にイヤな仕事を頑張るというのは、本末転倒になっているということに気づいてください。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当ブログ「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。

二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。

当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。