節約はレジャー!

節約が出来ない、苦手な人に貯金箱をすすめる3つの理由

節約が出来ない、苦手な人

計算機を利用する女性節約をしたい気持ちがあっても「節約が出来ない」または「苦手」だと感じる人には特徴があります。

それは成功体験の欠如です。

お金が貯まった感覚、快感を知らないと長続きはしません、実体験がないと頭の中だけ整理出来ないので、お金が貯まっていく過程をリアルに感じ取ることが難しいわけです。

この感覚を知らずに家計簿を付けはじめても管理など出来ません、実体験が伴わないと快楽と結びついてくれません。

このお金が貯まっていく感覚、快感を知るのに向いているのが「貯金箱」です。

そこで今回は節約が苦手な人に「貯金箱をすすめる3つの理由」を説明させていただきます。

【スポンサーリンク】

貯金箱をすすめる3つの理由

1 中身が見えない

大きな瓶の貯金箱貯金箱の凄さは中身が見えないことです。

通帳は正確に金額を知ることが出来ますが、貯まった快感を知らない人にとっては貯まったお金ではなく「使えるお金」として考えてしまいます。

「いくら貯まった」ではなく「これだけ使える・・・」となってしまうわけです。

中身が見えない貯金箱は具体的な数字がわからないのがメリットです、コンビニなどにある中身が透けてあるタイプは避けましょう。

2 重さを感じる

そして貯金箱は貯まるにつれて重さが増していきます。

これがまさに成功体験、貯まっていく感覚です、子供が嬉しそうに貯金箱を振って重さを感じ取っているのは、まさにこの感覚です。

人間には収集をするという本能があります、飢餓に備えて食糧を備蓄していた長い歴史があります。

衣食住が満たされた現代では収集する対象の多くがモノです、全てをコンプリートしたくなったり、希少性が高いと所有欲が高まります。

貯金箱はこの収集したい欲求を上手に利用することが出来ます、徐々に重たくなっていく過程、ゴールに近づいていく過程、音が変化する過程、全てに快感が伴います。

子供の頃に貯金箱でお金を貯める経験は非常に多くのことを学べます。

節約が出来ない、苦手な大人でも同じように、この収集する快感を得ることが出来ます。

3 財布の中身を知る

財布の中身節約が出来ない人というのは、自分の財布の中身を正確に判断していない方が非常に多いです。

「いつのまにかお金がなくなっている・・・」

といった感じで、何にお金を使ったか理解出来ていません。

貯金箱でお金を貯めていると財布の中の小銭の整理が習慣になります。

全ての小銭を貯金箱に入れる方もいますが、多くの方は支払いしやすいように多少の小銭は財布に残します。

これが非常に大きな学びになります。

支払い時に小銭の端数を気にする習慣が身につきます、今までお金の使い方を意識したことがなかった人が、お金を意識するきっかけになります。

支払い時しか財布を開かない人は、開く度にお金が減っていくので中身を理解出来ないわけです。

貯金箱は財布の小銭は減りますが、いくら財布に残すかをコントロール出来ます、そしてお札の枚数も意識するきっかけになります。

貯金箱が習慣になると「お金の使い方が上手になる」ということです。

【スポンサーリンク】

まとめ

貯金箱を眺める女性節約思考が当たり前になると貯金箱は必要ありません。

貯金箱のようにお金がリアルに貯まっていく過程がなくても、通帳の数字でも同じように実感することが出来ます。

細かいことを言うと、貯金箱を購入する金額分が節約にならないのですが、お金が貯まっていく感覚、快感を得るには貯金箱は非常に優れています。

節約が出来ない人、苦手な人は貯金箱から始めてみてください、リアルにお金が貯まっていく感覚を体験してください。

おすすめの貯金箱は特定のコインが一杯になると10万円というタイプではなく、昔ながらの貯金箱をおすすめします。

特定のコインだけだと財布の中の小銭をコントロールしにくいです、あえて500円玉を集める為にお札を乱発する方もいますが、それも一つのお金のコントロールですが本質から外れてしまいます。

貯金箱は子供だけのモノではありません、お金の使い方、コントロールの仕方を学べる立派な教科書です。

節約が出来ない、苦手な人に貯金箱をおすすめする理由でした。

参考楽天 おもしろ貯金箱

参考amazon おもしろ貯金箱

東急ハンズやドンキホーテもおすすめです、お金を貯めることが楽しくなるような貯金箱を手に入れてください!


down

コメントする