節約はレジャー!

買い置きしない勇気!不安の正体と向き合おう

買い置きをする理由

たくさん買い置きしてしまった缶詰節約家に限ったことではありませんが、多くの方が様々なモノを買い置きする傾向があります。

その理由は色々考えられますが、「安い時に購入しておけば節約になるから」と、つい買い置きをしている方も多いと思います。

ですが、本当の理由が節約とは限りません。

多くの方が漠然とした不安を抱えて買い置きしています。特に食料品は当てはまります。

また防災という意味でも買い置きをされる方がいるかも知れません。

参考胆振東部地震を体験して・・・

これらの買い置きが必ずしも悪いこととは言いませんが、中には本来の目的から逸れてしまっているケースがあります。

そこで今回はこの漠然とした不安の正体と向き合うことで、買い置きを減らして節約につなげる方法を紹介します。安い時に買い置きしたからといって、必ずしも節約になるとは限りませんし、災害時の役に立つとも限りません。

漠然とした不安とは

何となく不安だからと食料品を買い置きしている状態というのは、そもそも必要な食料品の量が明確ではない可能性が高いです。

どれぐらい買い置きしておけば安心なのか理解していないので、そもそも正解がありません。

ここが曖昧なままだと、いつまで買い置きしても不安がなくなることはありません。

竜巻(自然災害)が発生しそうな不安な空模様また漠然とした不安の正体が、漠然とした災害(天災、人災)ということもあり、これまたはっきりと正解を決めることが出来ません。

自分なりのルールで「一週間分の食料を買い置きしておく」、などと決めているのであればコントロールは可能ですが、そのような方は少数派です。

だからこそ、不安の正体と向き合う必要があります。

戦時中は食べる物が少なくて大変だったと言いますが、現在の日本でその状態を想定するのは現実的ではありません。

可能性があるとすれば、広い地域に大きな地震があった場合です。

テレビのリモコンそれでも近年の災害で餓死者が出たというニュースは見たことがありません。

稀に山で遭難した方が救助されることがありますが、彼らは一週間ぐらい何も食べずに歩き回っていたりします。

そもそも身体についている脂肪は、緊急事態(食べられない状態)に備えて蓄えられているので、よほどガリガリの方でもない限り、一週間ぐらい食べなくても平気だということです。

災害時用の飲料水もちろん水分は必要です。ある程度の水は確保しておいた方が良いとは思います。

ですが、食糧は災害時用にたっぷりと買い置きしておく必要は、必ずしもあるとは言えないのではないでしょうか。

そもそも私は冷蔵庫を手放しているのですが、そんな私のような生活でも多少の乾麺やお米はあるわけです。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイル

これは特別買い置きをしているのではなく、日ごろの食事の為に用意してあるものだけです。

シンプルな卓上カレンダーそれらだけでも一週間ぐらいは平気で持つ計算になります。よく考えればわかることですが、わざわざ買い置きしておかなくても、一週間ぐらい持つのが普通ではないでしょうか。

震災直後にもスーパーやコンビニのパンなどがなくなりましたが、食料を選ばなければクッキーやせんべいを食べたって同じような栄養を取ることができます。

家族の多い家庭でも特別枠として食料品を買い置きしておかなくても、普段食べる量が普通にあれば、一週間ぐらいは持つのではないでしょうか。

漠然とした不安の正体は、実はそれほど恐れるものではありません。食べられなくて死ぬかも知れないという不安は間違いです。

自分の身体に脂肪という買い置きが、たくさん蓄えられていることを忘れないでください。

買い置きが節約にならない理由

節約家の貯金箱また買い置きを控えると節約につながります。

まとめ買いや特大サイズを購入すると節約になるイメージがありますが、実はたくさんストックがあると使用量が増えてしまう傾向があります

ついつい食べ過ぎてしまったり、洗剤を大胆に使ってしまったりするものです。

また食料品や調味料だと、賞味期限が切れるリスクだけでなく、劣化の問題も生まれてしまいます。

参考調味料の節約のポイント

良質な調味料がセールだったからと買い置きしてしまうと、どんどん劣化して価格の安い新鮮な調味料の質と逆転するかも知れません。

考えながら節約している女性もちろん家族構成や使用環境によって違いますが、買い置きが少ないと残りの量を考えながら慎重に使うようになるので、多くのモノが節約につながる傾向があります。

実際に私も経験しているのですが、結婚していた頃にボックスティッシュをダンボールで買い置きしました。うる覚えですが5個でワンセットのボックスティッシュが12セットありました。

一軒家に住んでいたので収納スペースには困りませんでしたが、結婚前の一人暮らしをしていた頃のティッシュの使用量と比べると、大胆に使ってしまいました。

逆に現在は五個パックの残り一つにならないと購入しないので、慎重に使うようになりました。

タバコやお酒を買い置きしてしまうと、際限なく消費してしまう方がいますが、その日の分だけ購入している方であれば、使い過ぎにならないものです。

買い置きしない勇気

セール情報が載っているチラシ買い置きをしない為には、まず初めに勇気が必要です。

目の前のセール品を見逃すとストレスを感じるかも知れません。

ですが、セールは必ずまたやってきます

逆にもう二度と仕入れることがない現品限りのセール品というのは、それだけ見向きもされずに売れなかった二流の商品ということです。

流行しているジェルボールの洗剤本当に良い商品は何度となく生産されます。また類似品がライバル会社から発売されるものです。そちらの方が価格が安くて質も良いということが珍しくありません。

基本的に今しか手に入れられないモノなどありません。それは売り手の都合のいい言葉だということです。

いつでも手に入れられるモノを、わざわざ自宅のスペースを埋めてまで所有する必要はありません。必要な時に必要な分だけ購入すればいいことです。

買い置きしなくても倉庫代わりになるスーパーたとえ購入のタイミングでセールが行われていなくても、お店が倉庫代わり保存しておいてくれたのだと思えば、ありがたいものです。

特に食料品であればスーパーは常に新鮮なモノを提供してくれる魔法の倉庫です。どんなに立派で大きな冷蔵庫を所有している金持ちでも、常に新鮮な状態をキープできるわけではありません。

スーパーでセールのお肉を購入して冷蔵庫に収納し、そして三日前に購入して古くなったお肉から調理に使っている人が、どれだけ多いことでしょうか。何もお得ではありません。

また洋服であれば流行遅れになることもありません。その時に流行している洋服をその時に選んで着られるわけです。わざわざクローゼットの中で風化(劣化)させて流行遅れにする必要はありません。

参考節約上手はオシャレな人が多い!?

結果的に買い置きをしない方が、その時々でベストなものを手に入れやすくなります。最安値で購入できない可能性はありますが、ベストではないものを安く購入することは、節約ではありません。

買い置きのリスク

買い置きをすることで不安が解消されていると思っている方が多いのですが、実は買い置きそのものがリスクになることがあります。

かなり昔のことですが、実家に住んでいた頃に台風の影響で12時間もの停電を経験したことがあります。

冷凍されていた食品母親は冷蔵庫の中身を調べ、溶けかかっていた冷凍していた食材から調理してくれ、事なきを得ました。

一方でお隣さんはお金持ちで、大きな冷蔵庫の他にコンビニのアイスでも入っていそうな冷凍庫も別に所有していました。

その中に満載だった冷凍された食品の多くが溶けてしまい、ほとんど捨ててしまったそうです。

高級アイスクリームそして一部が我が家にやってきました。イタリアンジェラードという名の高級アイスを初めて食べたことを覚えています。

ただかなり溶けていたので、それほど美味しくは感じませんでしたが。

買い置きをすることにもリスクがあります。モノが多いとそれだけ部屋のスペースも取ります。

大きなタンスや食器棚などがなければ、地震の二次被害も少なくなります。

参考節約の観点から災害の考察

風邪をひいている様子を表現しているぬいぐるみ風邪でもひいて寝込んで買い物に行けないときの不安があるなら、いくつか出前可能なお店のチラシや電話番号をチェックしておくことで、不安を少なくすることもできます。

一応、私も近所のラーメン屋と蕎麦屋とチラシがよく入るピザ屋の電話番号をひかえていますが、今まで一度も頼んだことはありません。

地域によってはスーパーやコンビニの宅配も可能だと思います。それに街のいたるところに自動販売機だってあるものです。

参考ポカリスエットは飲む点滴!?

大昔の物々交換の時代は食糧を保存することが出来ませんでした。だからこそ交換可能な貨幣が素晴らしい機能を果たすようになったわけです。

保存の機能のある貨幣お金に賞味期限はありません。腐ることもありません。

ある程度のお金の蓄えさえあれば、いつでもモノと交換することができます。腐敗するモノ、風化するモノ、流行のモノを抱える必要などありません。

必要な時に必要な分だけ交換すればいいだけです。

まとめ 買い置きしない勇気をもとう!

買い置きしているお米大抵の家庭にはそれなりに食料があるものです。それらをやりくりすれば一週間ぐらい持つのが普通ではないでしょうか。

健康な人であれば、お米と塩や醤油などがあれば一週間で栄養失調になることはありません。

災害時や緊急時に暖かいご飯を三食たべなければならない理由もありませんし、必要以上に買い置きして蓄えることはリスクにしかなりません。

国家レベルで緊張状態が高まり、戦争のリスクが高まったりすれば別かも知れませんが、普段の生活で買い置きしなければならないリスクなどありません。

買い置きしたことで部屋のスペースが圧迫されたり、必要以上に消費してしまったり、賞味期限にせまられて食べたくもないタイミングで食べることになったりしてしまうものです。

本当はお肉を食べたいタイミングなのに、買い置きしていた食品の賞味期限が切れそうだからと仕方がなく食べていると、美味しく感じられないどころか、身体が求めている栄養素も補給できなくなってしまいます。

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

買い置きした瞬間はそれなりに満足しているかも知れませんが、その買い置きしたものを消費するタイミングで後悔することが意外なほど多いので、気をつけてほしいと思います。

よほど田舎に住んでいるとか、離島に住んでいるのであれば、買い置きすることで節約につながるケースも考えられますが、そうでなければ節約どころかリスクばかりを抱えることになるので、買い置きしない勇気を持ちましょう!

つい買い置きしてしまう不安の正体の多くが、いわれもない漠然とした不安ばかりです。モノを売りたい側は、その漠然とした不安を煽ってきますが、冷静に考えると大した不安ではないということに気がつけると思います。

コメント

  • 何かを購入するという行為は、
    不安を解消したいからなのかも知れませんね。

    ミニマリストの方が幸せそうな理由がわかって気がします。
    勉強になりました。

    by 緑 €

  • 私も買い置きを止めてから自由になりました その時々に好きなものを選択できるのでストレスがたまりません

    by 匿名 €

  • セールで買い置きした後にもっといいセールがあると悲しくなる・・・ほどほどがいいよね

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]