節約はレジャー!

生活レベルを下げるのが難しいなら現状維持を目指そう!

生活レベルの選択

昇進して給料が上がったり、ボーナスが増えたり、結婚したりといった節目で生活レベルを上げる人が多いと思いますが、生活レベルの変化、上昇というのは、これらのような自分の選択だけで変わるものでもありません。

しばしばミニマリストや節約家が、生活レベルを下げるような工夫を紹介しているものですが、一度でも上がった生活レベルを下げると、人はストレスを感じてしまうものです。

例えば家電製品の選択です。自分の意思で生活レベルを上げるのであれば、今まで使っていた冷蔵庫よりも高機能で大きな冷蔵庫を選んだり、スマホなら高価なハイエンドモデルを選ぶような事です。

これらを使用していた人が一般的なモデルに買い替えるとなると、生活レベルが下がったと感じてしまいます。

先に考え方の大きな変化があった上で必要十分な物を選ぶといった流れであれば、それほどストレスにはならないものですが、ちょっとかじっただけのミニマリストや節約家のテクニックを安易に真似してしまうと、大きなストレスとなって後悔してしまいます。

生活レベルを下げる方法というのは、簡単なことではありません。無理して生活レベルを下げようとすると、強いストレスを感じてリバウンドしてしまうかも知れません。

一方で世の中には、自分の意思とは関係なく勝手に上がっていく生活レベルというものがあります。これを味方にできると、無理にお金をかけずとも生活レベルが上がっていくサイクルに入ることができ、生活レベルが下がるストレスからも解放されます。

勝手に上がるレベル

勝手に上がる生活レベルというのは、家電製品の進化で考えると分かりやすいかも知れません。

携帯電話の進化は凄まじいものがありますが、私はだいたい3~5年置きに買い替えています。電池の持ちが悪くなってきたり、調子が悪くなってきたタイミングで買い替えています。

最新機種が発売されたとか、新しい機能が搭載されたからといった理由で買い替えたことはありません。携帯電話を持ち始めた20年ぐらい前から、その都度一番安いモデルを選んできました。数年前までは0円で買い替えられたものです。

安い携帯電話は大抵は前年に発売された一般的なモデルが多いので、最新の機能が搭載されているわけではないのすが、それでも買い替える度に進化に驚いてきました。進化を求めて選んでいないのに、大抵の物は勝手に進化していきます

テレビなども同様です。私は一人暮らしを始めた18歳の時に14型のブラウン管テレビを購入したのですが、10年ぐらい使用したタイミングで地デジ化することになり、助成金制度を活用して安く液晶テレビを購入することが出来たのですが、とんでもなく画質が良くなったのにも関わらず、電気代も安くて驚いたものです。

車で考えてみても分かりやすいかと思います。少し前までは高級車にしか搭載されていなかった機能でも、数年経つと一般的な車にも搭載されるようになります。

エアバッグやABSといった安全装備も昔は高級車だけでしたが、最近はほとんどの車に搭載されています。最近だと自動ブレーキが増えています。

最新の物を購入するのが悪いとは言いませんが、そのような最新機能を積極的に求めていなくても、勝手にレベルは上がっていくものです。

しかもこの勝手に上がったレベルというのは、下がることもありません。生活レベルが下がってストレスを感じるような余地がなく、上がっていく一方です。

高級品や最新の物を選んでしまうと、次の買い替えで下がるリスクがありますが、普及している一般の物を選んでいると下がるリスクがなくなります。

この勝手に生活レベルが上がっていくサイクルの方が、単純にお金が掛からないだけでなく、下がった時のストレスもありません。

上げない工夫

一度でも上げてしまった生活レベルを下げるとなると、強いストレスを感じてしまいますが、現状維持であればストレスにはなりません

例えば5年前に最新のテレビを購入した人であれば、次の買い替えでは今のテレビと同程度のレベルを選ぶようなことです。

5年前では最新のテレビにしか搭載されていなかった機能でも、現在なら一般的なモデルにも搭載されているかも知れません。

5年前に30万円で購入したテレビと同等の物が、現在なら10万円で手に入るようなことです。同等の物であれば進化に驚くことはないかも知れませんが、レベルが下がったストレスは感じません

この現状のレベルを維持していると、その内に標準的なテレビも進化していき、いずれ追い抜いていきます。すると普通に買い替える度に生活レベルが上がって感動することができます。

生活レベルを下げてストレスを感じるより、生活レベルを上げないで現状維持さえしていれば、いずれ時代が追い抜いていき、勝手に生活レベルが上がってくれるようになります。このサイクルの方がずっと簡単なのではないでしょうか。

まとめ 現状維持は簡単

節約の為に無理やり生活レベルを下げてしまうと、虚しさや辛さを感じてストレスになってしまうので、極端に生活レベルを落とすことはおすすめしません。

一方で生活レベルを上げずに現状を維持していると、勝手に時代が追い越していきます。この流れに乗ると普及品(一般的なモデル)を選んでも勝手に生活レベルが上がるようになり、しかも下がるリスクまでなくなります。

現在の生活レベルが高い人ほど時代が追い越すまでに時間が掛かりますが、現状を維持しているだけで勝手にコストが下がっていくので、無理に生活レベルを下げてストレスを感じるより簡単だと思います

都会の一等地のように家賃の相場が上がっていくような場所だと、現状維持をするのが難しいかも知れませんが、その他の場所であれば基本的に人口が減り続けているので、現在と同じような間取りの住宅でも、より家賃の安い住宅が見つかりやすくなります。

極端に家賃を下げて狭い住宅に引っ越してしまうと、強いストレスを感じてしまうかも知れませんが、現状レベルを維持する基準で選ぶのであれば、無理なくコストを下げることができるのではないでしょうか。

10年前に500万円で購入した高級車に乗っている人が、いきなり軽自動車やコンパクトカーに買い替えるとパワー不足や狭さにストレスを感じてしまいますが、最新の300万円の車であればそれほど大差がないかも知れません。さらに10年後であれば200万円の車の方がずっと高性能になっている可能性があります。30年前の高級車より現在のカローラの方が、ずっと高性能で安全で燃費も良いようなことです。

今から20年ぐらい前に、祖父母の家に当時の最先端の40型のブラウン管テレビ(確か50万ぐらい)が設置され、とても綺麗な画質だった事を覚えているのですが、かなり電気代が高かったらしく、普段は寝室の小さなテレビで見ていると言っていました。

そしてそれから数年後に地デジ化されると、むしろ画質の悪さが気になったものです。現在なら40型の液晶テレビが4万円ぐらいで売られていますし、電気代も段違いに安くなっています。

高級車や最新の家電を購入することが悪いとは言いませんが、時代の最先端を追わなくても勝手に進化して生活レベルは上がっていくので、無理してまで生活レベルを上げる必要はないのではないでしょうか。

また無理して生活レベルを下げる節約といったものも同様です。無理なく下げられるのであれば節約効果は抜群ですが、そのストレスで散財してしまっては元も子もありません。

現状維持さえしていれば、時代の進化で生活レベル全体が押し上げられていくので、勝手にコストが下がって節約につながっていきます。その内に時代に追い抜かれて安い普及品を選んでも、進化を感じられて生活レベルが上がっていくようになります。

昔の1000円のTシャツの品質は酷いものでしたが、現在の1000円のTシャツは生地も縫製もしっかりとしているものです。10年前に有名なケーキ屋で500円ぐらいで売られていたスイーツが、現在ならコンビニで200円ぐらいで売られています。しかも美味しくなっています。

価格が安いからといって質が低いとは限りませんし、価格が高いからといって優れているとも限りません。3Dテレビのような実用性に乏しい最新機能にお金を支払うような失敗も無くなります。

生活レベルを下げられなくて悩んでいる人ほど、より簡単な現状維持を心がけてみてください。その内に時代が追い越していき、現状維持すら出来なくなって勝手に生活レベルが上がっていきますよ

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]