節約はレジャー!

節約の観点から防犯対策を考察!お金をかけずに出来ること

防犯の費用

泥棒のイラスト治安が良いといわれている日本でも、やはり防犯意識は大切です。

街のあちこちに防犯カメラが設置されるようになりましたが、以前として犯罪は減っていません。

警察は重大な事件でもなければ、まず動いてくれません、やはり自己防衛は必要だと思います。

と言っても防犯対策はタダではありません。

防犯対策専門のセコムやアルソックを導入すれば、毎月固定費が発生してしまいます。

そこで今回は節約の観点から防犯できることを紹介します。

【スポンサーリンク】

1 在宅

家のイラスト泥棒は基本的に空き巣です、誰かいる家を狙うことはありません。

外出中でも誰かいると思わせることが出来れば、ターゲットにならずに済みます。

一般的に言われている外出時の防犯対策は、

  • 照明をつけておく
  • テレビをつけておく
  • 換気扇を回す
  • 新聞を止める

などがあります。

照明はわかりやすいと思います、テレビは物音をたてるということです、換気扇は長期間家を空ける際に、メーターを動かしておくためです、泥棒はメーターが動くスピードで判断できるそうです。

これらの防犯対策は電気代が少なからずかかります。

換気扇は照明やテレビをつけるのであれば必要ありません。また照明は省エネのLEDにしたり、テレビをラジオにすれば、電気代の節約ということにはなります。

これらは改めて何か購入するわけではないので、一時的な防犯対策として有効だと思います、数時間家を空けるときなどと相性の良い防犯対策です。

2 防犯グッズ

防犯グッズの代表は防犯カメラだと思います。

最近では防犯カメラのフェイク商品も売られているので、そのようなモノであれば電気代は必要ありません、当然いざという時に映像は残りませんが、泥棒への抑止力にはなります。

またおすすめの防犯グッズは窓の二重鍵です、通常の窓につけ足すタイプが有効だと言われています。

これは実際の防犯対策の効果だけではなく、泥棒に対して防犯対策の意識が高いとアピールする目的があります、なので窓の上側などの目立たないところに設置するのではなく、一目でわかる位置に設置した方が防犯の効果が高くなると言われています。

目立つところに防犯グッズがあれば、他にも様々な防犯対策がされていることを連想させることができるので、空き巣のターゲットから外されやすくなります。

3 近所づきあい

引っ越しの挨拶をする男性近所づきあいも防犯対策として非常に有効です、これは誰もができることではないですが、可能であれば長期間家を空けるときは、ご近所さんに声をかけておきましょう。

また近所に信頼のおける家族がいれば、郵便ポストに貯まったモノの整理を頼むのも防犯対策として有効です。

新聞を止めておくことはできますが、様々なチラシが挟まっている状態はよくありません。

ご近所さんに合鍵を渡せるほど関係であれば、カーテンの開け閉めなどもお願いしてもよいと思います。

4 貴重品

ダイヤの指輪のイラスト仮に空き巣に入られても、そもそも自宅に貴重品がなければ被害は少なくなります。

自宅に現金を置いておく方は少ないとは思いますが、高価なモノを自宅に置いておかないことも一つの防犯対策になります。

モノが少なければ盗まれることもありません、極端なことを言えば、本を全て電子書籍にしてしまえば盗まれることがありません。

参考楽天koboの節約効果が凄すぎる!

そもそも自宅に高級品を置いておく必要があるのかどうか、今一度考えてみることが大切です。

最近ではパソコンすら必要ない方もいるのではないでしょうか、モノを調べるだけならスマホだけでも事足ります、持ち運びできるタブレットとキーボードを組み合わせれば、数年前のパソコンよりも高性能です。

通帳とハンコのイラストそしてお金がかからない防犯対策としておすすめなのが、偽物の防犯カメラのように、偽物の貴重品を用意しておくことです。

これは不良にかつあげされた時用に、別の財布を用意するようなことです、大した現金が入っていない通帳を引き出しに入れておき、近くにハンコも置いておきます。

女性であれば安い指輪やアクセサリーを入れた、ジュエリーボックスがあってもよいと思います、さっさと目当てのモノ(フェイク)を盗んでもらい、他の本当に価値のあるモノが盗まれる可能性を下げることができます。

5 安物

黒いRV車のイラスト海外で人気のある車は盗まれる可能性が高いと言われています、特に日本のSUV車は人気のようです。

一方で海外で乗っても税制優遇などのメリットがない軽自動車は盗まれません、小型車も確率は低くなります。

泥棒はお金になるから盗みます、逆に言えばお金にならなければ盗まれる可能性も低くなります

インターネットオークションが普及したおかげで、様々な小物までもが窃盗の対象になっているのですが、やはり希少価値のあるモノがターゲットにされます。

軽自動車は盗まれにくいですが、高級なホイールを履いていると盗まれることもあります、また高級なカーナビやオーディオセットも同様です。

一方で安いホイールの軽自動車は盗まれません、鉄ちんホイールと呼ばれる通常のホイールの方が、防犯対策としては安心です。

安物は盗まれる可能性が低いという特徴があります、それほどこだわりのないモノであれば、あえて安物を選ぶということも防犯対策の一つでもあるということです、仮に盗まれたとしても金銭的な被害は少なくて済みます。

【スポンサーリンク】

まとめ モノより思い出

握手をするイスラム人と神父世界中で迫害を受けてきたユダヤ人は、教育こそが最大の財産だと考えるそうです。

お金や土地は支配者や国が変われば没収されてしまいますが、頭の中の知識だけは盗まれることはありません。

知識さえあれば、どこでも生きていくことができます。

また長年治安が悪いイスラム圏の方は、金(ゴールド)を身につけていることが多いそうです、自宅や土地は移動させることが出来ませんが、金はどこの国に行っても価値があるからです。

日本ではこのようなことはないと思いますが、金(ゴールド)ではなく銀行の口座にお金があれば、同様の効果があるのではないでしょうか。

価値のあるモノを所有するということは、様々なリスクを抱えるということでもあります、そもそもモノを減らすことが出来れば、維持管理費だけではなく防犯対策にもなります、この発想は節約思考の方と相性が良いと思います。

よほどのお金持ちであれば、様々なモノを収集して管理するのもいいとは思いますが、一般の方はモノを所有することにこだわらない方が何かと有利に働きます。

そもそもモノが少なければ大きな家に住む必要はありません、モノの購入代金だけではなく固定費も節約することができます、浮いたお金でより良い立地を選べば時間の節約も可能です。

参考職場の近くに引っ越すという選択

絵画を鑑賞する女性有名な絵画を所有するには大変なお金がかかるのでしょうが、美術館に行けば入館料だけでたくさんの絵画を鑑賞することができます、防犯対策する必要もありませんし、維持管理費もかかりません。

これはあらゆることに当てはまります、たまにしか着ない洋服であればレンタル衣装という選択肢があります、車も使用頻度が低ければレンタカーの方が節約できます。

「火事場の馬鹿力」というものがありますが、貴重な物がなければ何も担がずに避難する方が安全に決まっています、仮に通帳が燃えてしまっても、きちんと手続きをすれば戻ってきます。

背負うものが少ないとフットワークが軽くなります、フットワークが軽ければ被害にあっても回復が早くなります、これは防犯対策だけではなく、自然災害時に置いても同様なのではないでしょうか。

本当に大切な物(家族やお金)以外は、あえてこだわらない、あまり所有しないという選択肢も頭に入れておいてほしいと思います、これも立派な防犯対策の一つだと思います。


down

コメントする