節約はレジャー!

現代人も「宵越しの銭は持たない」に洗脳されている?

「宵越しの銭は持たない」とは?

江戸の町人宵越しの銭は持たない」という言葉の意味を調べると、

その日に得た収入はその日のうちに使い果たす
金銭に執着しない江戸っ子の気性をいった言葉

とありました。一方で別の解釈をする反対派の意見として、

きっぷの良さではなく、貧乏人のやせ我慢

ともありました。

どちらの意見も正しいように感じますが、この「宵越しの銭は持たない」を別の角度から見ると新たな発見があるものです。

雇う側の都合

それは雇用主、気性の短い江戸っ子を雇う側の都合です。

江戸時代の雇用体系の多くは、現代でいう日雇い労働のようなことです。しっかりとした契約があるわけではありません。

通帳のイラストまた月々の支払いというのは家賃ぐらいなものです。銀行もないので天引きされるものがありません。

多くの日雇い労働者はお金に余裕がある内は働く必要がありません。あくまでもお金に困ってから働きます。

これだと雇う側は計画的に物事をすすめることが出来ません。毎日働いてもらう為には、毎日お金が必要になってもらわないと上手く仕事が回らないわけです。

そこで雇う側が主体となって賭博が生まれました。

日雇い労働者のお金を巻き上げる為です。しかも賭博で勝った人は遊郭で散財するように仕掛けます。どちらに転んでもお金を使い果たすことになるので、次の日も働いてくれるわけです。

この流れを浸透させるために「宵越しの銭は持たない」ことは、粋なことなのだと浸透させた可能性があります(あくまでも仮設です)。

労働者と歓楽街

この考えはその後も形を変えて残っていきます。

畑仕事をする農民たとえば北海道の開拓期には多くの方が北海道の外からやってきました。現在でいう季節労働者や期間雇用といったところでしょうか。

彼らには故郷があるので正月やお盆になると帰省します。現代ほど交通機関が発達していなかったので、かなり長期的な休みになってしまいます。

また目的の金額を稼ぐと、大抵は故郷に戻ります。

これでは安定的な雇用は維持できません。開拓が進まないわけです。

 

そこで歓楽街が生まれました。いわゆる札幌の「すすきの」です。

 

真面目に働いて目標の金額を稼いで故郷に帰ろうとしていると、雇い主は「今までよく頑張ってくれたな」と飲み屋に誘います。そして遊郭へと流れます。

真面目に働いていた人ほど、この時にショックを受けるわけです。夢のような華やかな世界に魅せられ、この快感が忘れられずに故郷へ帰らなくなる人が一定数のこることになります。

そして彼らは足しげく遊郭に通うようになります。当然お金が底をつくのでバリバリ仕事をするようになり、雇い主にとって都合の良い安定した労働者が生まれることになります。

当初は生活をしていく為、家族を養う為に働いていたはずが、目的がすり変わってしまいました。

現代でも地方からの出稼ぎが多い都会や工業地帯に、風俗店が多く存在しています。現在でも脈々とこの手法が取り入れられています。

 

そしてその風俗店に勤めている風俗嬢にも、これが当てはまります。

 

風俗嬢になる女性の多くは何かしらの事情があるわけです。よほどの好き者であれば別ですが、多くの女性は仕方がなく借金を返済する為に風俗嬢になるわけです。

そして多くの女性は、借金返済の目途がたてば辞めようと考えています。

これだと雇う側は安定した営業を続けることは出来ません。人気のある女性ほどさっさと稼いで辞めてしまいます。

ホストにハマる女性そこで雇う側は今まで頑張ってくれたご褒美として、目標の金額が近づいてきた頃にホストクラブへ招待します(大抵は面接時に稼ぎたい金額を聞きだしています)。

借金の返済の為に頑張っていた女性は、日常生活でもカツカツで暮らしているので、きらびやかな世界に一気に魅了されていきます。

そして身体目当ての男性ばかりを相手にしていたので、直接身体を求めてこないホストにときめきやすいわけです。

これは実際に風俗を経営されていた方の本に書いてあったことです。

雇い主からホストクラブの店主へ耳打ちされ、いつも以上にサービスをして虜にするそうです。

このように安定的な労働者を確保するために、雇う側にとって都合の良い様々な誘惑が仕掛けられていることがあります。

まずは、このことを頭に入れておいてください。特別な人にだけ当てはまることではありません。

現代の誘惑

ここまではわかりやすい極端な例を紹介してきましたが、実は世の中の多くの消費活動も形を変えて同じように存在しています。

住宅ローンなどは典型的です。払い終えた頃には資産としての価値はなくなっているのにも関わらず(土地は別)、30年、35年と安定した労働に縛り付けることができます。

安定した労働は安定した税収を生み出します。政府が持ち家を所有させたがる理由です。

 

他にもあらゆるものに当てはまります。

 

スマホで時間を確認する女性時間を知る為には携帯電話だけで十分ですし、スーパーで売られている1000円の腕時計でも機能的には全く問題ありません。100円ショップにすら売られています。

それにも関わらず、精密なゼンマイ式の高級機械式腕時計が売られています。

賭博への誘導、遊郭、ホストへの誘導と同じように、様々な誘惑が仕掛けられています。

持ち家を持つことが正しい、資産価値がある、老後が安心、税金を安く出来る、など様々な誘惑(営業)が行われるわけです。

主に政府御用達の経済雑誌や新聞、テレビがこれを煽ってきます。

これが腕時計だと有名人や成功者に身につけさせます。高級腕時計を身につけたから成功したわけでもないのに、さも高級腕時計を身につけたから成功したかのようにアピールしてきます。

「出来る男は○○を持っている」ようなことです。「違いの分かる男」「今時女子は○○」などのキャッチコピーが溢れています。

これらは本質的に雇う側、買わせる側の都合です。満足している人に対して様々なアピール(流行など)をし、それでは不満足なのだと洗脳してきます。

本来、流行とは不特定多数の人が高評価を与えることで、あとから振り返って流行だったと認定されるはずです。あくまでも流行とは結果論です

なのに現在では「今年の流行はコレ!」という状況が当たり前になっています。流行する前に認定してしまっているわけです。これこそがまさに誘導、洗脳ということです。

特に女性向けのファッション雑誌などは酷いものです。「この春、流行するのは○○カラー」と決めつけてしまいます。そして実際にそのカラーの商品が溢れることになります。

その○○カラーが良く似合う似合う女性であればいいですが、そうではない女性まで流行のカラーだからと取り入れてしまいます。しかも次の年には流行後れのカラーになってしまい、また新しい洋服を購入しなければなりません。

完全に売る側の都合で仕掛けられています。

それに乗っかっていないと不安を感じる女性が、とても多いように感じます。要するに自分の基準で判断していないということです。

形を変えながら「宵越しの銭は持たない」は現在でも脈々と受け継がれています。

動物は正直

これが動物だと本能に忠実なので簡単には洗脳されません。

あくびをするオスライオンお腹がいっぱいのライオンは目の前に獲物が通っても襲いません。既に満たされているからです。

本来人間も同じはずです。生活に必要なお金さえ稼げれば満足のはずです。それ以上やりたくもない仕事をする理由などありません。

それだと雇う側の都合が悪いので、あらゆる誘惑をして働かせようとします。

これがライオンで例えると「さっきの獲物だけでは栄養が足りませんよ、次はあの獲物も食べないと血液がドロドロになりますよ、このあとに獲物がいなくなるかもしれませんよ」と不安を与え、お腹いっぱいにも関わらず狩りをさせるようなことです。

幸い動物にはそのような不安を与える存在(メディア)がいないので、お腹いっぱいの幸せを感じながら幸せに休んでいます。

自然界のライオンと同じように、人間も満たされていることに気づくことが大切です。本当に必要なモノの為に頑張ることは素晴らしいですが、本当は必要でもないモノの為に頑張らされていないか、よくよく考えてみてください。

誘惑と選択の違い

日本で仕事をしていれば、基本的に生活に必要な金額は既に稼げているはずです。

度々最低賃金が問題になりますが、贅沢をしなければ、その金額でも暮らしていけるはずです。

この生活をする上で必要な金額と、贅沢をする金額を分けて考えることが重要です。

生活をする上で必要な金額(家賃や光熱費や食費など)の中に、贅沢を混ぜてしまうと生活に不満が溢れてしまいます。

生活費が10万円、自由に使えるお金が10万円の場合、自由に10万円使うのは構いませんが、ここで生活費を15万円を上げてしまうと不満が増えてしまうということです。

契約書にサインする男性家賃を上げたり、ローンを組んだり、毎月支払いが発生する契約をたくさん結ぶと、自由に使えるお金が減ってしまいます。

自由に10万円使えていた頃よりも生活の水準(良い家、車など)は上がっているのかも知れませんが、一方で選択する自由(10万→5万)が目減りするので不満は増えてしまいます。

誘惑する側は安定した収入を得たいので、ローンや長期契約を望んできますが、それに振り回されると自分で選択する範囲が狭まります。

生活が満たされており、残ったお金で何を買おうと自由なはずなのに、どんどん不自由になっていきます。

自由に使えるお金が少ないと、何か提案があった時に「買えない」という選択に支配されます。当然不満が増えていきます。

一方で自由に使えるお金が十分にあると、何か提案があった時に冷静に判断できます。「買えない」のではなく「必要ないから買わない」という選択が出来ます。ここには不満は発生しません。

同じ「買わない」という選択にも関わらす、不満の量は明らかに違います

不満を抱えたままの人は、ローンやセールが提案されれば必要かどうかを判断せずに飛びついてしまうかも知れません。

不満が発生すると脳のIQが下がります。冷静に判断がつかなくなるので誘惑されやすくなります。

だから誘惑する側はIQが下がるように仕掛けてきます。典型的なのが色仕掛けや脅し(恐怖を与える)です。そこにアルコールが加われば、相手は簡単に主導権を握ることができます。

「宵越しの銭は持たない」もこれらと同じようなものです。

「粋だね~」と思わせるように仕掛けた人を見極められるようになりましょう。

まとめ 選択させられるな!

比較する女性今回の話は少しわかりにくいかも知れませんが、簡単に言うと「本当に心から欲しいモノを見極めてください」ということです。

また生活に必要な金額というのは各家庭で違うものですが、そこに見得や世間の常識や誘惑が混じっていないかをよく見極めてください。

この見極めが上手くいくと、不満が大きく減ります。

特に毎月支払っているモノを改めて見極めてください。家賃や水道光熱費の他にも、

  • 保険
  • 新聞
  • 牛乳配達
  • 防犯契約
  • 通信費

など家庭によって色々あると思います。これらの中には必要のないモノがあるかも知れません。

好きなモノを購入することが悪いわけではありません。心から欲しいモノであれば積極的に手に入れた方が良いと思います。

誰でも何かしらのモノを購入してから後悔をしたことがあると思いますが、まさにそれが洗脳された結果です。心から自分で欲したモノであれば、決して後悔しないはずです。

何かモノを購入する時は一度冷静になってください。

  • 本当に必要なモノなのか
  • 代替え出来るモノはないか
  • 収納スペースはあるか
  • 妥当な金額なのか
  • 生活費を圧迫しないか

これらを意識する習慣を身につけてほしいと思います。

そして、

この習慣が当たり前になると、

無意識に一瞬でモノを判断出来るようになります。

悩むことがなくなります。本当に必要なモノだと一瞬で「これだ!」と判断出来ます。

この状態で購入したモノは非常に満足度が高いモノになります。愛用品になるわけです。

購入してから後悔するようなこともありません。誰かに選ばされると不満が増えますが、自分で選ぶと満足するものです。

洗剤のCMで綺麗な女優さんが「いい香り♪」と言っていても、あなたが「いい香り」と感じるとは限りません。それよりも実際にドラッグストアで香りを比較して判断してください。

日本人は周りの意見を取り入れすぎる傾向があります。自分では「いい香り」だと思わなくても周りの人が「いい香り」と言えば、それが「いい香り」なんだと思いこむ傾向があります。

周りの人から「いい香り」と思われたいのであれば、そのような基準で選択することが間違いではないのですが、自分の本音に蓋をしてしまわぬように気をつけてください。

ダウニー柔軟剤のダウニーが流行していた頃は、洋服の香りが強い人が街に溢れていましたが、現在は洗脳が解けたのか大分減りました。

ダウニーも体臭のきつい欧米人には合うのかも知れませんが、満員電車のように他人と近づくことが多い日本人に合っているようには思えません。

冷静に自分で判断する習慣を身につけてください。もちろんダウニーの香りが心から好きなら構いません(入れすぎは注意ですが)。

「買えない」と「買わない」は中身が全く違います。外からは同じような行動に見えても満足度に大きな差が出ます。

楽しく節約を続けていくには、とても重要なことです。「買えない」と「買わない」を混同しないようにしましょう。

今でも「宵越しの銭は持たない」という言葉を粋だと感じている方は、特に注意が必要です。誰かに仕掛けられた誘惑にどっぷりと浸かっているかも知れません。


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]