節約はレジャー!

歯磨きをしながら行う運動は相性の見極めが重要!

歯磨きの時間

青い歯ブラシ誰でも歯磨きをしているとは思いますが、毎日の単調な歯磨きの時間を有効に活用することで、様々な時間を節約させることが出来ます。

ですが、ここで気をつけなければならないポイントがあります。

歯磨きをしながらテレビや新聞、スマホに集中してしまうと、肝心の歯磨きがおろそかになる可能性が高くなります

歯磨きは毎日の習慣なので無意識に出来ているようですが、実はそうとは限りません。歯磨き粉の泡立ちやスッキリ感で満足してしまっている方が多いものです。

テレビやスマホに意識を奪われてしまうと、歯磨きの時間をかけても同じ箇所ばかりを磨いて、磨き残しが多くなってしまいます。

あくまでもメインは歯磨きなので、何か他に気を取られるようなことをしてしまうのは、あまりおすすめできません。

時間節約の為に歯磨きがおろそかになると、歯の治療の為の時間やお金が必要になってしまうものです。

あくまでもメインは歯磨きということを忘れないでください。そこで今回は歯磨きの質を落とすことなく行うことが出来る相性のいいながら運動を紹介します。

【スポンサーリンク】

歯磨きとの相性

ボート歯磨きをする男性歯磨きは一定の動作やリズムで行うのですが、これがテレビなどに集中が奪われると忘れてしまったり、同じ個所だけの歯磨きになってしまいます。

そうならない為に歯磨きの動作、リズムに合わせて行える行動が相性が良いと考えられます。

具体的にはストレッチや軽い運動、筋トレなどです。

軽いスクワットを5回行いながら左下の奥歯を磨く、次は前歯、次は右奥歯、というように一定のリズムを刻める運動であれば、歯磨きとタイミングを一致させることが出来ます。

歯を磨きながら行えるトレーニングは色々ありますが、意識を奪われ過ぎないように気をつけてください。

スクワットの他に「もも上げ」や「踵の上げ下げ」も相性が良いと思います。上半身を動かすと歯磨きの質が落ちるので避けてください。

つま先立ち筋トレが苦手な方はアキレス健を伸ばすストレッチや屈伸運動などを取り入れてください。自分なりに歯を磨くポイントと運動やストレッチを組み合わせると良いかと思います。

「左の歯を磨く時は、左足のアキレス健を伸ばす」

のように「ながら運動」と歯を磨くポイントを連動させると覚えやすくなります。自分なりのルールを決めて習慣化してください。

今まで適当に歯を磨いていた方ほど「ながら運動」と組み合わせることで、メインの歯磨きの質を向上させることにもなります

またお腹をギューッと凹ますだけの「ドローイング」という腹筋のトレーニングであれば、歯磨きの質を落とすことなく上半身を鍛えることができます。

正しいドローイングは呼吸と合わせてお腹を凹ますのですが、歯を磨きながらの場合は呼吸は無視して構いません。それでもそれなりの効果は期待できます。

またドローイングは腸を刺激してお通じを良くする効果もあるので、朝の歯磨きとも相性が抜群なのでおすすめです。

他にもドローイングと同じようにお尻の筋肉をギュッと引き締めるのも効果的です。お尻のたるみが気になる方は取り入れてみてください。

参考お尻の筋肉を鍛える5つのメリット!

青竹踏みをする女性のイラストどうしても筋トレが苦手だという方は、歯を磨きながら「青竹踏み」や「足つぼマット」に挑戦するのも良いと思います。

参考足つぼマットの効果が凄い

歯を磨きながら足つぼを刺激して血行を良くしてください。青竹踏みや足つぼマットも単独で行うとなると面倒なのですが、何かしらと組み合わせることで習慣化されます。歯磨きとは相性が良いと思います。

この場合も回数などを決めて、歯磨きのポイントを変えていってください。あくまでも歯磨きがメインだということを忘れないでほしいと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 歯磨き中心の運動

ヨガの際どいポーズ歯を磨きながら行う運動のポイントは、あくまでも軽い筋トレやストレッチに抑えることです。歯磨きの質を落とさないことが最も大切なので、極端な運動は取り入れないでください。

だからこそ下半身を中心としたトレーニングがおすすめです。歯を磨くポイントとトレーニングを組み合わせることで磨き残しを防ぐことが出来ます。

  • 左上の歯=左太もも上げ
  • 左下の歯=左アキレス健伸ばし
  • 真ん中の上の歯=両足スクワット
  • 真ん中の下の歯=つま先立ち

のように組み合わせることで、バランスの取れたトレーニングと歯の磨き残しを防ぐことができます。

あくまでもメインの歯磨きが、おろそかにならないことを意識してください。

あるサイトでは手に重り(パワーリスト)をつけて歯を磨く方法が紹介されていたのですが、おそらくそれだと歯磨きの質が落ちてしまうのではないでしょうか。

また利き手の逆で歯を磨くトレーニングも同様です。脳トレや器用さのトレーニングにはなるのかも知れませんが、それで歯磨きがおろそかになって虫歯になってしまえば、元も子もありません。

歯医者さんのイス時間の節約どころか、歯医者へ通う時間とお金が必要になってしまいます。

参考虫歯予防に効果的なガムの噛み方

同様の理由で歯ブラシや歯磨き粉の品質も意識してほしいと思います。

当サイトでは様々な節約情報を紹介しているのですが、健康に直結する要素を極端に節約することはおすすめしていません。

質の高いお気に入りの歯ブラシや歯磨き粉を格安で購入するのは立派な節約ですが、質を下げて粗悪品を買うことは間違った節約です。結果的に高くついてしまっては節約になりません。

当サイトでは「歯磨きをしながら行う運動」の他にも、様々な「ながら運動」を紹介していますが、どれもメインの行動の質を下げないことがポイントです。

通勤電車の中で行うながら運動は通勤時間に影響を与えませんが、車の運転をしながらの運動は大事故を招く可能性があります。本質を見誤らないように気をつけてほしいと思います。

「ながら運動」はあくまでもおまけなので、おまけの質を求め過ぎないことが長く安全に続けるコツです。メインの行動に合わせて無理なく取り入れてほしいと思います。

また今まで適当に歯を磨いていた方は、規則的な「ながら運動」を組み合わせることで歯磨きの質を向上させることもできます。どうしても無意識だと同じ歯ばかりを磨いてしまうものです。

歯を磨くときは、上下、左右、表裏、角度など、しっかりと意識に上げて磨き残しがないようにすることがポイントです。無理のない範囲で自分なりの規則を組み合わせてみてはいかがでしょうか。

  • もも上げ(左右)
  • 踵の上げ下げ(左右)
  • アキレス健のストレッチ(左右)
  • スクワット
  • ドローイング
  • お尻の筋肉の引き締め

を紹介してきましたが、他にも様々なトレーニングと組み合わせることができると思います。

  • 片足立ち
  • つま先立ち
  • 空気イス
  • 膝立ち(骨盤が起き上がる)

など下半身を中心とした運動やストレッチや筋トレを組み合わせてみてください。ダラダラと歯を磨くのではなく、規則的な「ながら運動」を組み合わせて歯磨きの質も向上させてください。

健康的な歯は歯医者に通う時間やお金を節約するだけではなく、見た目の魅力も大きくアップしてくれます。また口内環境を整えることは消化吸収にとっても大切なことです。

歯の健康は長生きのコツでもあるので、しっかりと向き合ってほしいと思います。普段、無意識に行っている歯磨きだからこそ、規則的な軽い運動を組み合わせることで、向き合いやすくなるものです。


down

コメントする