節約はレジャー!

エコバッグが雑菌の温床に!?定期的にお掃除を!

エコバッグの盲点

エコバッグからはみ出たフランスパンスーパーで買い物している方を観察してみると、エコバックを使用している方が増えてきました。中にはマイカゴを持参している方もいます。

レジ袋が有料のスーパーも増えてきたので、節約という意味でもエコバッグは欠かせません。

ただしエコバッグやマイカゴを使用しているうちに、どうしても汚れが目立ってきます。

食品からこぼれた油汚れにホコリが付いてしまうと頑固な汚れになり、雑菌が発生してしまうことがあります。エコバッグの中の汚れが食中毒の原因になる可能性があるということです。

果物などは袋に入っていないこともあるので、直接エコバッグの内側に触れてしまうことがあるものです。リンゴの表面に蜜がにじみ出ていることは珍しくありません。

わかりやすい汚れが付いていなくても、目に見えない汚れがエコバッグの内側に蓄積していくものです。

そこで今回はエコバッグの簡単な掃除方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

エコバッグの掃除

エコバッグの掃除と言っても難しく考える必要はありません。

ドラム式洗濯機の様子多くのエコバッグがナイロン製やポリエステ製なので、水洗いをすることが可能です。

私が使用しているエコバッグのラベルには、

  • 漂白剤のご使用はおやめください。
  • お洗濯は絞らずに陰干ししてください。
  • 色落ちの可能性があるので、他の衣類などといっしょに洗わないでください。

とありました。また他のエコバッグを調べてみると手洗いを推進しているものもあります。

あまり難しく考える必要はないのですが、注意すべきは「洗濯機の脱水」です。ナイロンやポリエステに皺がついてしまうと元に戻らないので、通常の衣類のような脱水はしないでください。

大抵の洗濯機には「手洗いコース」や「ドライコース」などがあるので、そのような優しいコースで洗ってください。そしてエコバッグの汚れは内側の縫い目に貯まっているので、裏返しにして洗濯をすることがポイントです。

基本的にナイロンやポリエステルは水を吸わないので、脱水が始まったら直ぐに洗濯機を止めてください。

また漂白剤だけではなく柔軟剤の使用も控えてください。食品に匂いがうつる可能性があります。

エコバッグに洗濯洗剤を使用するのに抵抗がある方は、食器洗い用の洗剤を使用しても良いと思います。

エコバッグのお手入れ

エコバッグは日ごろの使い方を気をつけることで、汚れを防止することが出来ます。

それはエコバッグの中身を取り出した後、しっかりと内側を乾燥させることです。

冷たい飲み物や食品をエコバッグの中に入れると、どうしても結露してしまいます。エコバッグの中に水分が残っている状態でエコバッグを畳んでしまうと、内側が乾燥できずに雑菌が繁殖してしまいます。

使用後のエコバッグを裏返して、しっかりと内側を乾燥させて下さい。

また簡易的な包装のお惣菜などは、エコバッグに入れる前に透明な袋に入れてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

マイカゴのイラストマイカゴを使用している方も時々は絞ったタオルで水拭きしてください。

スーパーの買い物カゴも定期的に拭いています。マイカゴは自分専用だからと過信しないでください。

またエコバッグも洗濯が面倒な方は定期的に水拭きしてください。内側だけではなく持ち手も忘れずに拭いてください。そしてしっかりと乾燥させることがポイントです。

エコバッグはそれほど高いモノではないので、汚れが気になったら買い替えてもいいとは思いますが、あまり頻繁に買い替えているようだと節約やゴミの削減にはなりません。

日頃の使い方や掃除を意識するだけで、エコバッグの寿命が長くなるので気をつけてほしいと思います。

りんごを詰めたバッグまたエコバッグに限った話ではないのですが、通常のバッグも汚れや雑菌の温床になることがあります。

どうしても長年使用しているうちに手垢やホコリが蓄積してしまいます。通常のバッグも定期的に掃除してください。また掃除のしやすさでバッグを選ぶことも重要です。複雑な造形のバッグは掃除出来ないことも珍しくありません。

エコバッグを定期的に掃除をして、食品の安全性を高めてほしいと思います。


down

コメントする