節約はレジャー!

洗濯機は一人暮らしに本当に必要なのか?色々検討してみた

洗濯機を手放した達人

少し前にあるミニマリストの方の本を読んでいると、「一人暮らしに洗濯機はいらない!」と紹介されていました。

その方の洗濯方法というのが、いわゆる昔ながらの桶と洗濯板を使った方法で、お風呂に入るタイミングでその日に着ていた洋服をサッと洗っているとのこと。

このローテーションを守れば、基本的に二着で洋服を回せるのだそうです。

洋服に染み付く皮脂汚れというのは、放置される時間が長いほど頑固になるので、確かに理にかなっているなと感心しました。

ただ素晴らしい方法だとは思いますが、いざそれを自分で実践できるかというと、やはり厳しいかなと思いました。

洗濯する時間が余計にかかりますし、大きめの衣類となると脱水(手で絞る)も大変かなとも感じます。乾燥する時間も延びるかも知れません。

参考洗濯物を早く乾かす裏技!

私はそれなりに節約に取り組んでおり、極力必要のないモノは手放すようにしているのですが、やはり洗濯機を手放すことは難しいように感じます。

世の中には上には上があるのだなと思いました。

そこで改めて男一人暮らしである自分の洗濯パターンを振り返ってみると、様々な気づきがありました。

流石に「洗濯機はいらない!」という結論が出たわけではないのですが、洗濯機そのものには選択肢があるように感じました。

直ぐにでも洗濯機を手放せとは言いませんが、一度頭の中で検討してみることで様々な気づきがあるものです。

小型洗濯機という代物

そのミニマリストの方の本を読んで間もない頃に、ホームセンターで車のタイヤ交換を行っている間の待ち時間に店内をウロウロとしていると、

参考車のタイヤを安く買う方法を調べてみた

かなり気になるものがありました。

それがこの小型二層式洗濯機の「別洗いしま専科2」です。価格は12800円でした。

一人でも簡単に持ち運べそうな大きさで、目が釘付けになってしまいました。

普通の洗濯機の三分の一ぐらいの大きさです。箱を持ってみると一人でも簡単に持ち上げられました(重量9キロ)。

しかも洗濯容量が「3.6キロ」とあるのにも驚きでした。

私が現在使用している洗濯機は、一般的に販売されている洗濯機の中では小型な方なのですが、容量は「5キロ」です。

その洗濯機でも容量一杯にして洗濯することは滅多になく、基本的には半分ぐらいの水量のコースで2~3日の一度ぐらい洗濯しています。

ということは、この「3.6キロ」でも十分だと考えられます。

一人暮らしで洗濯物を貯め込まなければ問題ないはずです。「別洗いしま専科2」の販売ページにも

小型二槽式洗濯機 別洗いしま専科2

1日にでる1人分の洗濯物の量は、およそ1.5kgとされています。

とあったので、二日分ぐらいの洋服であれば問題なさそうです。

二層式なので脱水時に一手間かかりますが、少ないだけに大した手間ではありません。

ちなみに私は昔ガソリンスタンドでアルバイトをしていたことがあり、窓を拭くタオルを二層式洗濯機で洗っていました。

参考洗車代を節約するならガソリンスタンドがベスト!

その時に感じたのが、二層式は自分で洗濯時間を設定できるので、全自動洗濯機よりも早く終わることが多かったことです。

汚れ具合にもよるのですが、簡単な汚れだと洗濯時間は3分ぐらいで済みます。これは二層式洗濯機の構造によるのか、洗濯槽のサイズによるものなのか分かりませんが、洗濯そのものがパワフルだったことが印象的でした。

そして排水をし、すすぎをし、脱水層にタオルを移して2分ぐらい回して終わっていました。トータルで10分もあれば洗濯が完了していた気がします。

私が現在使用している洗濯機にもスピードコースがありますが、流石に10分では終わりません。一番少ない水量でも15分ぐらいです。

このような経験から二層式洗濯機に悪いイメージがなく、かなり魅力的な洗濯機だと感じました。

今ある洗濯機を手放してまで直ぐに買い替えようとは思いませんが、買い替える段階になれば選択肢の一つとして覚えておこうと思いました。

まとめ 自分の洗濯パターンを考えよう!

気合いと根性さえあれば、洗濯機は必ずしも必要ではありません。

桶と洗濯板があれば何とかなります。

ただ、これはやはり現実的ではないように思います。誰もが出来る事ではありません。

今回紹介した小型二層式洗濯機も一人暮らしでなければ難しいですし、忙しくて週末にまとめて洗濯をするという方であれば容量不足です。

また厚手のシーツや毛布を洗濯することも厳しいでしょうし、それらをコインランドリーで洗濯するとなると、かえって高くつくかも知れません。もちろん近所にコインランドリーがない方も難しいです。

それでも実家が近くにあれば、大型の洗濯物だけ頼るということも出来るかも知れません。

自分の洗濯パターンを改めて観察してみてください。

必要以上に大容量の洗濯機だと単純に購入額が高いだけでなく、余計な電気代や水道代がかかるかも知れませんし、スペースも奪われてしまいます。

多機能なだけに使いもしない機能が故障して修理になるかも知れません。

参考最新家電好きが家電を育てる!?

私自身も結婚して間もない頃に、奥さんの希望で当時の最新の高級ドラム式洗濯機(19万)を購入したことがあるのですが、洗浄能力が悪くて驚いたことがあります。それまで使っていた5万円ぐらいで購入した縦型洗濯機の方が、ずっと綺麗になっていました。

その後に離婚して一人暮らしをはじめ、現在使用している3万円ぐらいの縦型の洗濯機を購入したところ、明らかにドラム式よりも洗浄能力が高くなりました。

当時はドラム式洗濯機はブームだったころもあり、洗濯風景を眺めている分には楽しかったのですが、高価だからといって求めている機能が満たされるとは限りません。フィルター掃除も面倒でした。

また子供が一人暮らしを始めて家族が少なくなったのにも関わらず、買い替えのタイミングで再び大きな冷蔵庫や洗濯機を選んでしまう方も少なくありません。

洗濯機に限ったことではありませんが、現在の自分の環境に適したものを選んでほしいと思います。

ネットサーフィンしかしない人に高機能パソコンは必要ありませんし、テレビにつなぐだけの小型パソコンや格安タブレットがベストな選択かも知れません。

フローリングの家庭であれば、一般的な掃除機よりもクイックルワイパーの方が簡単かも知れませんし、スッキリとした部屋であれば、お掃除ロボットがベストかも知れません。

参考掃除機が必要ない人のライフスタイルとは?

朝食に白いご飯を食べる家庭であればタイマー付きの炊飯器が便利ですが、たまにしかご飯を炊かない家庭であれば、収納できる鍋でご飯を炊くのがベストかも知れません。

どれが一番優れているのかではなく、どれが一番適しているか、が重要です。

時間に余裕がある方であれば、桶と洗濯板だけで何とかなるかも知れませんし、スペースに余裕がない方であれば小型二層式洗濯機が最適な選択かも知れません。

古いアパートや団地の中には玄関の外に洗濯機を設置している事もありますし、そのような環境の方にとっても検討する価値があるのではないでしょうか。

節約という意味では、一般的な洗濯機でも中古なら1万円ぐらいで売られていますし、必ずしも小型二層式洗濯機の方が節約になるとは言えませんが、洗濯時間や省スペースを求めている方にとっては、最適な洗濯機になる可能性があります。

どの洗濯方法が正しいというわけではなく、自分にとって最適な洗濯方法を選択してください。

集合住宅で深夜に洗濯しなければならない環境であれば、洗濯機に求める機能は洗浄力よりも静音かも知れません。

これといった正解などないということです。

一人暮らしの方でもそれぞれ環境が違うので、一概に「絶対に洗濯機が必要だ!」とも「洗濯機はいらない」とも言えませんが、しっかりと自分の洗濯パターンと向き合って、よくよく考えてみてほしいと思います。

コメント

  • 風呂なしワンルームでも使えるかな?洗濯機の排水用の穴がないけどキッチンに流せるならいけそう

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]