節約はレジャー!

早歩きの本当の効果はダイエットではなく人間力アップ

早歩きの効果

駅構内を歩く人当たり前のことですが、普段より早く歩くと疲れるので消費カロリーが増えます。当然ダイエット効果があります。

また早歩きで時間の短縮になるのも間違いありません。目的地に早く到着するのでこれも当然です。

参考時間の節約のポイント

一般的に言われている早歩きのこれらの効果は間違いありませんが、実は早歩きには本当に素晴らしい効果がその後に控えています。

それらの効果を頭に入れて置くだけで、その後の人生が豊かになるかも知れません。

【スポンサーリンク】

1 シェイプアップ効果

早歩きのシェイプアップ効果とは、脂肪を減らすダイエットとは別に、体型を引き締める効果があるということです。

早歩きは通常の歩き方に比べて上半身の筋肉を多く(正しく)使います。特に身体の中心部、体幹の筋肉を刺激することになります。

たとえばスマホなどを見ながらダラダラと歩くと、下半身しか動かないようなことです。

上半身の筋肉を使う早歩きは、下半身を中心とした歩き方より消費カロリーが増えるだけではなく、上半身をスマートに引き締める効果があります。

2 歩き姿改善

早歩きをする女性意識的に早歩きを行うと、誰もが「正しい歩き方」に近づいてくれます。

普通の歩き方は無意識に行っているので、なるべく省エネになるような歩き方になっています。要するに疲れない歩き方になっています。

一方で早歩きを意識的に行うと筋肉に負荷がかかるので、脳が疲れないように効率の良い歩き方を模索するようになります。

内股やがに股では力が真っ直ぐ地面に伝わりません。地面をとらえる時に膝が曲がっていると力が伝わりません。引きずるような歩き方だと適切に力が伝わりません。

早歩きを意識的に行うことで、これらの悪い歩き方が自然と補正されていきます。

普通の歩き方を意識して身につけた方はあまりいません。多くの方が自分なりの適当な歩き方をしているものですが、それが正しい歩き方とは限りません。

周りの方の歩き方を観察してみてください。意識して見てみると意外なほどクセがあるものです。またがに股だったり、内股だったり、肩をすぼめて重心が前のめりになっていたり、重心が後ろでのけぞっていたりするものです。

意識して早歩きをすることで、自然と正しい歩き方に補正されていきます。

3 長寿、健康

早歩きは通常の歩き方に比べて、全身の血流量を飛躍的にアップさせることが出来ます。

息が切れるほどの運動は健康や長寿にとってマイナスに働くことがありますが、早歩きにはそのようなリスクがありません。

日常的に歩く時間が少ない方やデスクワークが多い方ほど、早歩きによる健康効果が期待出来ます。

また70歳の女性を対象として海外の調査結果では、歩く速度に比例して健康だという結果が出ています。早歩きは健康にとっても効果が期待できます。

効果的な早歩きの方法

基本的に早歩きといっても歩く速度を少し上げるだけでいいのですが、無理なく続けるにはいくつかのポイントがあります。

始めの頃は大股にする必要はありません。今までと同じ歩幅で構わないので足の回転が速くなるように意識してください。

無理に大股にしようとすると不自然な歩き方になってしまいます。また足の回転をあげていくうちに自然と歩幅はベストな広さになるので、始めは気にしなくても大丈夫です。

歩幅は体型や筋肉の量によっても違うので、まずは回転を上げることを意識してください。

ウォーキングの姿勢またウォーキングなどに見られる「腕を振る動作」も必要ありません。肘を直角に曲げて拳を目線の近くまで上げる方がいますが、これは早歩きとは関係ありません。むしろ遅くなる可能性があります。

消費カロリーという意味では腕を積極的に振っても良いのですが、これでは日常生活の歩く速度を上げることにはなりません。非日常のウォーキングの為だけの動作です。

自然な歩き姿では腕を上げる必要は全くありません。むしろ美しい歩き姿の為には腕を上げるのではなく「後ろに引くこと」がポイントです。

身体の前に出る腕は惰性で十分です。その腕が身体の後ろに流れる時に少しだけ肘を後ろに引くようにしてください。腕を積極的に前に振るのではなく、後ろの少しだけ引いてください。

猫背の女性のイラストこの歩き方だと腕を引く度に肩甲骨が左右に開くことになります。これは姿勢が良くなるだけではなく、肩こり解消にも効果的です。そして自然と胸を張った美しい歩き姿になります。

また足の付け根の位置(のイメージ)を上げることも効果的です。股から足が出るのではなく、おへそや胸から足を前に出すようにイメージしてください。

たったこれだけで歩く時の上半身の筋肉の使い方が劇的に上手になります。自然と腹筋や背筋を使うことになり歩幅も広くなります。この歩き方で少しだけ早歩きが理想です。

逆のことを考えるとわかりやすいのですが、大きなダンボールを両手で抱えて歩くのは難しいと思います。腰から下しか使えないので歩幅が狭くなります。

一方で胸の下から足の付け根があるとイメージすると自然と歩幅が広くなります。無理に歩幅を広げようとすると不自然な動作になるのですが、胸の下から足が生えているとイメージすると自然と大きな歩幅になります。

上手に上半身を使った歩き方は美しいものです。消費カロリーがアップするだけではなく、見た目の魅力もアップします。美しい歩き姿になるということは、魅力が上がるということです。

【スポンサーリンク】

まとめ 本当の早歩きの効果

ビデオカメラで録画する女性多くの方が無意識に行っている歩き方というのは、あえて意識にあげないと変えられません。

芸能人やモデルのようにカメラで録画してチェックでもしない限り、客観的に自分の歩き方を意識する機会は訪れません。

だからこそ日常の歩く速度を少し上げて、自然と正しい歩き姿になるように心がけてほしいと思います。

都会の人と田舎の人をイメージしてみるとわかりやすいと思います。早歩きの都会の人ほど颯爽とカッコよく歩いているのではないでしょうか。

のんびりとした田舎が悪いわけではありませんが、颯爽と歩く方が健康の為にも、様々な効率の為にも、そして見た目の魅力の為にもメリットが多いと思います。

うつむいて猫背では早歩きは出来ません。偉そうにのけぞっても早歩きは出来ません。スリッパを引きずるような歩き方では早歩きは出来ません。

ダラダラ歩く女性多かれ少なかれ歩き方にはクセがあるものですが、少し早歩きを取り入れるだけで自然と改善されていきます。

まずは普段よりも少しだけ足の回転を速くすることを心がけてください。これだけで様々な効果を実感すると思います。

無理に大股にする必要はありませんが、正しく歩けるようになると自然と歩幅は広がっていくものです。

正しく歩かないと一部の筋肉や関節に負担がかかります。痩せているのに太ももだけが太いという方は、歩き方にクセがある可能性が高いです。

また膝や股の関節にも偏って力が加わると痛みが発生してしまいます。正しく歩くということはとても大切なことです。

早歩きの一番の効果は、この「正しい歩き方」に近づくということです。早歩きで時間短縮や消費カロリーアップは間違いありませんが、それよりもずっと大切な健康を取り戻す効果が期待できます。

足の筋肉だけに頼って歩くと太ももが太くなりますが、全身をバランスよくつかって歩くと身体全体が引き締まります。当然全身の血流が良くなり健康になります。

極端なことを言えば、すでに正しい姿勢で歩いている方に早歩きは必要ありません。

ですが正しい姿勢で歩いている方は、周りの人に比べて歩く速度が早い傾向があります。全身の筋肉を上手に使って無理なく歩いているので、自然と効率の良い歩き方をしているものです。

周囲の人と比べて歩く速度が遅い方、姿勢が悪い方、靴底の擦り減りに偏りのある方は、早歩きを意識してみてください。

そして周囲の人の歩き方を意識して観察してみてください。靴底を「ザッザッ」と引きずっていたり、足音が左右で違ったり、身体を横に揺らしながら歩いていたり、内股でよろよろしていたり、がに股でのけぞっていたりするものです。

足あとが残る雪上雪国の方は足あとにも注目してみてください。見事ながに股や内股、左右で歩幅が違う方など様々だと思います。

中にはケガや病気で仕方がない方もいるでしょうが、逆に言えばそのような歩き方だからこそケガや炎症を起こしたのかも知れません。

たかが歩き方ですが、身体に与える影響はすごく大きいです。歩くという動作はたまにしか行わない運動よりも日常的に行うことなので当然だと思います。

僅かなマイナスでも積み重なっていきます。今後の長い人生の為にも正しい歩き方をマスターしてください。

早歩きを意識するということは、無意識に行っている歩き方を意識に上げるということです。歩き方を意識する機会は芸能人やモデルでもない限りあまり訪れません。

今日ここで早歩きの効果を知ったあなたはチャンスです。

歩き方が変わるだけで周囲の評価も変わります。

姿勢が良くなれば身長が伸びます(大きくみえる)。肩甲骨周りがほぐれて正しい位置に整えば胸を張った堂々とした印象になります。普段から全身の筋肉を使って健康的な身体になります。これで魅力がアップしないわけありません。

別のところで紹介したのですが、元気そうな姿勢は見た目の印象が良くなるだけでなく、実際に行動や情動を促す様々なホルモンに影響を与えます。

参考パワーポーズの効果が凄すぎる!

コロンブスの卵ではないですが、健康だから元気そうに見えるだけではなく、元気そうに見えるから健康だということでもあります。姿勢が身体に与える影響は少なくありません。

もちろん健康だけではなく、颯爽と歩く姿というのも魅力的なものです。仕事が出来るサラリーマンが自信なさげにヨロヨロと歩くことはありません。

早歩きを意識するということは、今までの人生で無意識に行っていた歩くという動作を見直すことです。きっと今後の人生に大きな影響を与えてくれると思います。

今日から胸の下から足がはえていると思って歩いてください。そして少しだけ早歩きを意識してください。

追記

きちんとした早歩きをする為には、靴も重要です。

つっかけるだけのスリッパで正しく歩けないように、サイズが合っていない靴では正しく歩くことが出来ません。

靴は洋服のSMLのような大雑把なサイズ展開ではなく、5mm刻みのサイズがあります。それだけサイズ合わせが重要だということでもあります。

日本は靴を脱ぐ文化があるので、大き目の靴を選んでいる方が多い傾向があります。靴紐を緩めたままでは正しく歩くことはできません。

きちんとサイズを合わせた靴というのは、靴べらを使わないと履きにくいものです。

正しく歩く為にも、きちんとした靴を履くことも忘れないでください。これは靴の値段の話ではありません。サイズ合わせや靴紐を結び直す習慣がとても大切だと言うことです。

たまに運動をするのもいいですが、必ず毎日行う歩くという動作を意識に上げましょう。

最後まで読んでくれたあなたは、様々な早歩きのメリットを理解してくれたので、意識に上げるだけでOKです。知っているかどうかで歩き姿は劇的に変化します。

お金もかからないので節約とも相性が抜群ですよ!


コメント

  • 確かに歩くのが早い人は姿勢が良い気がする・・・

    by 匿名 €

down

コメントする