節約はレジャー!

肌荒れは食べ物が原因!?食べる前に確認するべきこと

肌荒れが良くなる食べ物?

黄色いサプリメントよく肌荒れに効くと言われている食べ物や栄養素があります。様々なビタミンやタンパク質などが不足すると「肌荒れする」と言われています。

多くの方が肌が荒れる原因を栄養不足だと考えるわけですが、本当に栄養が不足したから肌が荒れたのでしょうか?

よほど偏った食生活(特定のお菓子だけなど)をしていたのであれば、確かに特定の栄養が不足するのかも知れませんが、多くの日本人はそんなことないと思います。

あくびをする男性また肌荒れの原因はストレスや睡眠なども影響するので、必ずしも栄養不足が原因とも言えません。

栄養が不足していないのにも関わず、肌荒れに良いと言われている食品やサプリメントを追加してしまうと、内臓に余計な負担がかかることになります。

現代の病気の大半は食べ過ぎが原因です。よほどストイックな食生活や偏った食生活でもない限り、栄養が不足することは稀です。

身体に不足している栄養素が含まれている食べ物は、確かに肌荒れが良くなるかも知れませんが、本当に栄養が不足しているのか、改めて考えてみてほしいと思います。

【スポンサーリンク】

肌荒れしない生物

そもそも自然界の動物は肌荒れなどしません。

肌に悪いと言われている紫外線を浴びても肌荒れはしません。シミや老化によるシワは刻まれますが、吹き出物が出ることはありません。

ガリガリのハイエナジャングルで何日間も獲物を捕まえられていないライオンの親子は肌荒れはしません。ガリガリのハイエナの毛並みは綺麗なものです。

多少栄養が不足していても肌は荒れません。これが自然の摂理です。

また食べ物に困っている貧しい国の方々の肌も荒れていません。日焼け止めなど当然塗っていません。

独特の食生活の部族なども同様です。特定の穀物しか食べていなくても、筋肉隆々で肌荒れしていません。

そして忘れてはいけないのが、昔の日本人の食生活です。昔の日本人の肌も荒れていません。白黒写真の学生さんの肌が荒れていることなどありません。

栄養が不足しているから肌が荒れるというのは、必ずしも真実ではありません。

むしろ過剰に栄養を摂取している現代人、食生活が豊かな先進国の人々ほど、肌荒れをしている傾向があります。

ここを忘れないでください。肌荒れは栄養素が足りないというのは真実ではありません。

簡単な肌荒れ対策

お医者さんで肌荒れの薬を処方してもらっても、肌荒れの原因が改善したわけではありません。それらは一時的な効果しか期待出来ません。

肩を揉む人、揉まれる人肩こりでマッサージをしてもらっても、肩がこる原因(悪い姿勢など)がそのままでは、肩こりが完治することはありません。

参考姿勢をよくするメリットが凄すぎ

肌荒れの治療や肌荒れが良くなる食べ物を摂取するのは構いませんが、それは根本的な解決にはなりません。

あくまでも肌荒れの原因を排除する必要があります。そこで簡単な肌荒れ対策を紹介します。

それは食生活の見直しです。

特定の肌が良くなる栄養を取るという発想ではなく、肌荒れの原因になっているかも知れない食品を避ける、減らすということがポイントになります。

毎日同じメニューの食事をしている方は少ないと思いますが、慢性的な肌荒れに悩んでいる方は、よく好んで食べる食品やお菓子の量を減らしてみてください。

肌荒れを改善させる栄養素を取るのではなく、肌荒れの原因となっている栄養素を避けるということです。

PBのポテチ肌荒れの原因が、お菓子の酸化した油なのか、塩分なのか、様々な添加物なのか、肌荒れの原因を特定することは難しいのですが、好んで食べている食品の量を減らすと、効果を実感しやすくなります。

そして単純に食べる量が減ると、消化吸収を担当する内臓の負担が軽くなります。

内臓が働く時間が短くなると、消化吸収以外にもエネルギーを使いやすくなります。すると肌荒れを改善する免疫力の機能も高まります。

食べ過ぎると消化の為にエネルギーをたくさん使うので、血液が他に向かないようなことだとイメージしてください。

眠っている犬犬は調子が悪くなると、何も食べずに数日間じっとしています。

何か食べてしまうと消化にエネルギーが必要になるので、回復が遅くなることを本能でわかっています。

食生活を改めることなく、ただ肌荒れに良いと言われている食品を追加してしまうと、より内臓に負担をかけることになります。

栄養バランスが優れている食品を取ることが悪いわけではありませんが、今までの食生活を改善する方が効果的です。それは節約にもなります。

ベットで寝る犬簡単な肌荒れ対策というのは、犬のように免疫力を高める工夫(断食、小食)をすることです。

ちなみに私は週に一度断食の日をもうけているのですが、肌や髪質が向上するのを実感しています。

生命力が漲るような、身体が生きるモードになったような感じになります。

断食は誰にでもすすめられることではありませんが、食事の量を減らすことは誰でも簡単に行えることなので、慢性的な肌荒れに悩んでいる方は実践してみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ 足すより減らす

ハンバーガーセットを食べる女性肌荒れに限らず、多くの病気は過剰な栄養が原因で引き起こされます。

たくさん脂肪がつくと骨や関節や筋肉にまで負担がかかります。それはケガのリスクを上げることにもなります。

骨が折れる原因は必ずしもカルシウム不足ではありません。重たい体重が負担になったり、太って歩かなくなったことによる筋力の衰えで骨折することもあります。

先進国の中で最も牛乳を飲んでいる国の骨密度が、最も低かったというデーターもあります。牛乳の脂肪分が悪さをしていたのかも知れません。

黄色いサプリメント肌荒れに効くと言われているサプリメントがたくさんありますが、それらを取り入れる前に食生活を見直す方が先決です。

見直すポイントは好んでよく食べる食品です。それが原因になっている可能性が高いからです。

特定の肉ばかり食べている人は、その肉を減らしてください。これは健康に良いと言われている魚や野菜でも同じです。

身体を温める効果のある食材も、身体が冷えていない人には毒になることがあります。極端に偏らないように気を付けてください。

また世間で健康に良いと言われている食品でも、製造過程で様々な加工や添加物が加わっているかも知れません。スーパーによってはお肉やお刺身の発色を良くする為に、添加物をスプレーしていることもあります。

キャロットジュースだからこそ、特定の食品に偏らないことでリスクを分散させてください。

例え野菜ジュースでも様々な味やメーカーを試した方が、リスク分散になります。

また加工の度合いが少ない食品ほど、添加物は少なくなります。

ブロック肉→カットされた肉→ひき肉→ハンバーグ→メンチカツ

のように、同じお肉でも加工の度合いが増えるほど、様々な添加物が加わります。これを頭に入れて置いてください。

衣で中身が見えないメンチカツばかり食べていると、売れ残りの酸化している古い肉の可能性が高いです。加工される度に添加物(保存料)が加えられている可能性があります。

メンチカツが悪いわけではありませんが、あくまでも偏り過ぎないように気をつけてください。

ちなみに漢方に万能薬はありません。身体が冷えている人に対して身体を温める漢方は良薬ですが、同じ漢方薬でも体温が高い人には毒薬になります。

どんなに栄養バランスが優れた食品も、必要以上に食べ過ぎることは身体に負担をかけることになります。

炊きあがったお米生活が苦しくて、お米だけのような食生活であれば、特定の栄養素が不足することがあるかも知れませんが、現代の日本人でそのような方は稀だと思います。

消化が追い付かないほど食べたり、偏った食生活をしていると、内臓が悲鳴をあげてしまいます。

そうして消化を処理しきれずに血液に流れてしまいます。それが肌荒れとしてあらわれてしまうわけです。

肌荒れだけであれば、まだいいのですが、特定の内臓に影響があると生死の問題になるかも知れません。

たかが肌荒れだと無視するべきではありません、肌荒れは内蔵の悲鳴のサインです。

また食べ過ぎは睡眠の質も下げてしまいます。身体はリラックスしたいのに内臓がフル稼働していると睡眠が浅くなってしまいます。

参考睡眠の質を上げるポイント

慢性的な肌荒れで困っている方は、何か栄養のある食べ物に頼る前に、改めて食生活を見直してほしいと思います。

特定の食品に偏っていないか、食べ過ぎていないか、内臓の負担になるようなことをしていないか、よく自分自身を観察してください。

おかずが多い食卓そして身体に良い食べ物だからと、増やし過ぎていないか注意してください。

毎日バランスよく30品目も食べる必要などありません。

この指針を発表した厚生労働省は間違いを認めて、現在は削除されています。

一週間単位で栄養バランスが取れれば十分ではないでしょうか。毎日同じ食品ばかりを食べないことです。

多くの方が食べる量を減らすだけで肌荒れが改善していきます。消化に使っていたエネルギーが他に向かい、免疫力が高まるので当然です。

健康に良さそうな食事健康に良いと言われている食品、栄養バランスが優れている食品を取るのは構いませんが、あくまでも食事の量が増えないように気をつけてください。

健康的な食生活を意識し過ぎるあまり、食べ過ぎになっている年輩の方も多いです。

今まで「100」食べていた量を「50」に減らし、そこに栄養バランスの優れた食品を「30」足すのであれば、効果的だと思います。

今までの食生活を改めることなく、健康的な食材を足して「130」になるようなことはしないでください。

肌荒れが良くなる食品や特定の栄養素を意識する前に、肌が荒れる原因になっている食品や栄養を減らすように心がけてください。

節約という意味でも、肌荒れ対策に効果的なアプローチだと思います。


down

コメントする