節約はレジャー!

エナジードリンクの効果を上手に引き出す方法!?

エナジードリンクとは?

数年前からエナジードリンクと呼ばれるものが随分と増えてきました。

自動販売機やコンビニで気軽に購入できることもあり、若者を中心にエナジードリンクを飲む方が増えています。

昔から栄養ドリンクと呼ばれるものはありましたが、基本的にはエナジードリンクも同じようなものです。

ただエナジードリンクという言葉の通り、海外から輸入された概念なので、ちょっとオシャレなイメージがあるのかも知れません。

昔からある栄養ドリンクの多くは光を通さない茶色のビンに入っていますが、エナジードリンクは缶やペットボトルが中心です。

エナジードリンクや栄養ドリンク共に言えることなのですが、これらの飲料の効果を上手に引き出すには、飲むタイミングや頻度が重要になってきます。

これらを意識せずに何となくエナジードリンクを飲んでいても、効果を引き出せないばかりか、エネルギー不足になってしまうので気をつけてほしいと思います。

エナジードリンクの効果

エナジードリンクや栄養ドリンクといっても様々なメーカーのものがあり、それぞれ売り文句があるのですが、共通しているのがカフェインによる覚醒効果です。

エナジードリンクに含まれている様々な栄養成分で、不足しがちなビタミンやミネラルを補給できるのもメリットではありますが、これらの栄養素が余程不足している状態でもない限り、エナジードリンクで摂取したからといって、即効性があるものではありません。

エナジードリンクを飲むと力が漲ってくる感じというのは、あくまでもカフェインによる効果です。

強い炭酸や刺激的な味や香りなどによって爽快感が得られることはありますが、エナジードリンクを飲んで間もなく訪れる身体の変化は、「カフェインによる覚醒効果」です。

カフェインには身体の疲労を回復させる効果はありません。あくまでも眠気覚ましや覚醒作用があるだけです。

エナジードリンクを飲むことで感じるエネルギーというのは、単純にエネルギーの前借りです。午前中にエナジードリンクを飲むと、夕方から使われるはずだったエネルギーを前借りして使うようなことです。

エナジードリンクを飲んだからといって、新たなエネルギーを吸収できたのではありません。これをしっかりと理解することがポイントです。

単純にエネルギーを前借りしただけなので、後からそのつけを払わなければなりません

身体の疲労は休息や睡眠でしか癒されないので、覚醒していつもよりもたくさんエネルギーを使ってしまうと、その分の休息や睡眠が必要になります。

そこで素直に睡眠時間を増やすことができれば、エネルギーの前借りを清算することが出来ますが、いつもと同じ睡眠時間のままだと、身体の疲れが残ってしまうことになります。

翌日に疲れが残っているからと、再びエナジードリンクを飲むことになれば、益々疲労が蓄積していくことになります。

これは間違ったエナジードリンクを飲み方です。習慣的にエナジードリンクは飲むべきではありません。

毎日のようにエナジードリンクを飲んでエネルギーの前借りをしていると、休日に寝だめをするような生活になってしまいます。

本当に眠たい時に寝だめをすることが悪いわけではありませんが、毎日しっかりとエネルギーをフル回復させた方が、日頃のパフォーマンスが良くなるのはイメージ出来るのではないでしょうか。

エネルギー前借りのリスク

休日明けの月曜に100%のパフォーマンスを発揮出来ているのにも関わらず、エナジードリンクでエネルギーの前借りをして110%ものパフォーマンスを発揮してしまうと、翌日にはマックスで90%のパフォーマンスしか発揮できなくなります。

毎日エナジードリンクを飲んでエネルギーの前借りをしていると、土曜には50%のパフォーマンスしか発揮できなくなります。

この数値はあくまでも私が勝手に想像した目安ですが、

しっかりと睡眠を取りながら一週間を通して100%のパフォーマンスを発揮できたとすると、月曜から日曜で700%発揮することになります。

一方で毎日エナジードリンクを飲んでエネルギーの前借りをしていると、

  • 月曜110%(100→110)
  • 火曜100%(90→100)
  • 水曜90% (80→90)
  • 木曜80%(70→80)
  • 金曜70%(60→70)
  • 土曜60%(50→60)

となり、合計で510%のパフォーマンスしか発揮出来ないことになります。さらに日曜の午前中を睡眠に充てて回復する必要があるので、日曜も100%を発揮することが出来ません。単純に時間がないので元気でも70%ぐらいです。

一週間を合計すると580%のパフォーマンスしか発揮出来ない計算になります。

この数値はあくまでも目安ですが、エナジードリンクを飲んでエネルギーの前借りをしていると、つけを清算するまで疲労が蓄積し続けてしまいます。

休みなく働き詰めだと急に大きな病気になるものですが、本当は体から様々な悲鳴のサインが上がっていたはずです。

眠気やだるさや関節の痛みなど、様々なサインを出して身体を休めようと促していたはずです。

慢性的にエナジードリンクを飲んでいると、これらのサインを見逃すことになってしまいます。

エナジードリンクの上手な付き合い方

エナジードリンクや栄養ドリンクとの上手な付き合い方というのは、ここぞという時にだけ利用することです。

大事な会議や初めてのデートなど、ここぞという時にピンポイントで利用するのであれば、それほど問題にはなりません。

そしてしっかりとエネルギーの前借りをしたことを理解していれば、その日は早めに眠るなど対処できます。

一方で疲労を回復させるという目的でエナジードリンクを飲むのはおすすめできません

よほど偏った食生活でビタミンやミネラルが不足している状態の人であれば、多少は疲労回復効果もあるかも知れませんが、どんなに素晴らしい栄養素を取っても疲労が回復するのは基本的に睡眠中です。

なのでエナジードリンクも夜に飲むのはおすすめできません。貴重な睡眠を妨げる事になってしまいます。

まとめ 疲労回復しないエナジードリンク

エナジードリンクや栄養ドリンクで疲労は回復しません。これをしっかりと理解しておいてください。

一部の栄養ドリンクにはカフェインレスのものがあり、そのようなものであれば夜に飲んでも睡眠に影響を与えないのですが、そもそも栄養が不足していなければ意味はありません。

よほど偏った食生活でもしいない限り、日本人で栄養不足の人は少ないものです。大抵は栄養の取りすぎで病気になっています。

エナジードリンクも不足している栄養が補給されたから元気になるのではありません。カフェインによる効果と強い炭酸や香りなどの刺激で気分が高揚するだけです。

それらの効果でも一時的に回復したように感じるかも知れませんが、それはエネルギーを前借りしただけなので、必ずつけを払わなければなりません。

毎日のようにエナジードリンクを飲んでエネルギーの前借りをしていると、週末に寝だめをして無理やり回復するような生活になってしまいます。それだとせいぜい火曜日ぐらいまでしかベストなパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。

一週間通して考えると、大きなマイナスになることを理解してください。

疲労回復の為にエナジードリンクにお金をかけるぐらいなら、睡眠環境にお金をかけた方がよっぽど効果的です。

参考睡眠の質を上げるポイントを紹介

寝室の掃除をしたり、遮光カーテンを取り入れたり、耳栓をしたり、相性の良い寝具に替えた方が、ずっとコストパフォーマンスが高く、結果的に節約にもなるものです。

エナジードリンクに危険な成分が含まれていると言いたいのではなく、あくまでもエナジードリンクはエネルギーの前借りができる便利なアイテムなので、「ここぞという時にだけ」上手に取り入れてみてください。

どうしても仕事が忙しい時などに、短期的に取り入れる分には、それほど身体の負担にもならないと思います。

エナジードリンクに限らず、身体に良いと言われるサプリメントや食品も同様です。

それらに頼ることが悪いとは言いませんが、それらの成分が身体の修復に使われるのは睡眠中なので、しっかりと深い睡眠が得られるようにしてください。

追記

どうしてもエナジードリンクを飲まないと元気が出ないという方は、なるべくカフェイン量が少ないエナジードリンクを選ぶようにしてみてください。メーカーによって結構違うものです。

そしてなるべくなら朝方に飲むようにしてください。午後に飲んでしまうと睡眠の質を悪化させてしまう可能性が高いので気をつけてほしいと思います。

down

コメントする