節約はレジャー!

節約は貧乏への道!といった意見を真に受けるな!

節約は貧乏への道?

しばしばネットニュースなどで、「節約は貧乏への道です。節約をするよりも投資をして稼ぐ力を身につけましょう!」と言った意見を目にします。

「節約をしても月収が変わらなければ、どんなに節約をしたところで使えるお金はそれほど変わらない」など、それっぽい意見を目にするものですが、私はこれらの意見に賛同しかねます。

月収30万円の人が投資や副業をして毎月5万円の収入が増えたとしても、自由に使える時間が少なくなると、外食や移動に余計な費用が発生するかも知れません。

仕事を終えた後に深夜のコンビニでアルバイトをしていると、電車ではなくタクシーで移動することになるかも知れませんし、どんどん疲労も蓄積していきます。それに本業に支障をきたすかも知れません。

副業をすると確定申告などの手間も増えますし、忙しいばかりでお金が残るとは限りません。

そもそも有り金を全て使ってしまうような人であれば、少し収入が増えたところで使うお金が増えるだけです

一方で節約の習慣を身につけられるようになると、月収が増えなくても毎月貯金をすることが出来るようになります。

ローンの支払いの為に無駄に残業をするようなこともなくなり、自由な時間も増えるかも知れません。

むしろ節約は金持ちへの道!

そもそも金持ちや貧乏を正確に定義できるものではありませんが、以前に紹介した「苫米地英人の金持ち脳」にそって考えると、収入額で金持ちと決めることはできません。

参考苫米地英人の金持ち脳は節約家におすすめ!

収入の範囲内で上手く支出をコントロールできている人は金持ち脳の持ち主であり、収入を超えた支払い(ローンなど)をしている人が貧乏脳の持ち主です。

この貧乏脳のまま収入が増えたところで、金持ちになることは出来ません。

節約と向き合うことで無駄な支出を減らすことこそが、金持ち脳の持ち主になる道です。

金持ち脳を簡単にいうと、お金への不安がない状態のことです。

どんな支出が無駄なのかは人それぞれ違いますが、世間の常識(みんなが持っている)や見得などで必要もないモノばかりを購入していると、どんなに収入が増えたところで金持ち脳の持ち主にはなれません。

一方で収入の範囲内で上手に支出をコントロールできている金持ち脳の持ち主であれば、毎月貯金が増えていきますし、その余裕のある貯金から本当に必要なモノへ投資することができます

ここでの投資は、いわゆる金融商品のようなものではなく、家事を軽減してくれる家電製品だったり、職場の近くに引っ越す費用など、自分の生活を豊かにする為に支払うものです。

ロボット掃除機を購入するのでも、みんなが持っているから、流行っているからと購入しても役立つとは限りません。モノだらけのゴミ屋敷では機能しませんし、部屋ごとに段差があったり、厚手の絨毯があると一部の掃除しかできません。

一方で節約と向き合いながら余計なモノを所有しなくなったり、段差のない家に引っ越した方であれば、とても有益な投資になるかも知れません。

ロボット掃除機そのものに正解も不正解もありませんが、それぞれの人の環境にとっては向き不向きがあります。

これはあらゆるモノに当てはまります。子供が離れたのにも関わらず、大きな家に住んでいたり、大きなワンボックスカーに乗っていたり、大きな冷蔵庫を所有していても、あまり意味がありません。

同じ家賃でも、より便利なところ(職場や買い物や病院など)に引っ越すと、移動費や移動時間を節約できるかも知れません。

夫婦二人が十分に乗れる車であれば、燃費も税金も安くなります。洗車だって楽になるかも知れません。

参考洗車代を節約するポイント!

少しコンパクトな冷蔵庫の方が使い勝手が良かったり、電気代が安かったり、掃除がしやすかったり、冷蔵庫の上のスペースも有効活用できるかも知れません。

日頃から節約を心掛けている人というのは、このような無駄に気がつきやすくなります。

自分の周りの環境も変化していきますし、年齢によっても向き不向きは変わっていきます。これらの変化に的確に合わせられるので、結果的に無駄な支出が減り、自然とお金が貯まりやすくなります。

上手い投資話に騙されるな!

世の中には様々な投資話があるものです。最近だと仮想通貨でしょうか。

少し前はFXが話題になっていましたが、これらの投資話を真に受けてはいけません。

リスクの高い手法で短期的に莫大な利益を出すことがないとは言いませんが、それを継続することは不可能です

財閥のようなところが投資を託すプロのトレーダーでも、年間の投資利回りが15%もあれば超一流と呼ばれます。そのような超一流でも毎年確実に15%もの利回りを達成することは出来ません。

20年以上勝ち続けていた伝説のトレーダーと呼ばれたような人が、世界中の誰もが知っているような資産家に雇われても一年でクビになったりするような世界です。

10万円預けて素晴らしい結果でも、11万5千円にしかなりません。実際には税金や手数料が引かれますが。

アパート経営などの不動産投資でも、確実に安定した収益を上げられるわけがありません。

そもそも確実ならわざわざ一般の人からお金を集めなくても、銀行から無担保で融資してもらえます。というか銀行が自ら経営に乗り出すでしょう。大手銀行がサラ金やカードローンに手を出しているのが良い例です。

誰もが知ることが出来る情報の中に、上手い投資話などありえません。

本当に確率の高い投資話は、真っ先にお金持ちの資産家に伝わりますし、銀行に持ち掛ければ融資してもらえます。

一般の人が知りうる上手い儲け話というのは、それらの人が鼻にもかけないようなリスクの低い(ギャンブル性の高い)ものばかりです。

誰がやっても本当に簡単に儲かるのであれば、わざわざ広告費をかけてみんなに知らせる必要はなく、自分たちで儲ければいいだけです。

超一流のプロでも15%の利回りを出すのが大変な投資の世界で、投資額が何倍にもなる美味しい話などありえません。

それらはただのギャンブルと同じです。たまに上手くいく人がいても、それは万馬券を当てたような稀なケースであり、万馬券を立て続けに当てられるわけがありません。

ちなみに競馬の神様と言われた故大川慶次郎さんは、生涯で三億円以上もの損をしていたそうです。

競馬の予想師や投資のアドバイザーというのは、競馬や投資で儲けているわけではありません。予想やアドバイスが仕事です。

たまに大きな利益が出ると盛大にアピールしますが、それで生活できるのであれば、わざわざライバルが増えるようなアドバイスなどするわけがありません。

自信のある万馬券を教えて他の人も買ってしまうと、どんどんオッズが下がって利益率が悪くなってしまいます。

アパート経営でも近くにショッピングモールなどの建設が始まっており、近々アパートの需要が増えることが目に見えているのであれば、わざわざ一般に売り出す必要がありません。彼に売り出されていても多くの会社を経由した高額な価格になっています。

もちろんショッピングモールの計画段階で、誰よりも早く建設されることに気がつくことが出来れば、空いている土地を確保したり、まだ気がついていないアパートのオーナーに話を持ち掛けることが出来るかも知れませんが、それこそ素人ができることではありません。

真っ先にそれらの情報を知り得るのは、内通者が話を持ち掛けた時に謝礼金が期待できる一部のお金持ちだけです。

広告費をかけてまで募集している投資話に、良いものなどあるわけがありません。

一般の人が投資に手を出すのは大変なリスクがあるので、よほどの覚悟と余裕資金がなければ上手くいくはずがありません。

たまたまギャンブル的な手法で、一時的に成功した事例に騙されないでください。

だからこそ節約と投資を天秤にかけた場合、圧倒的に節約の方がお金持ちへの道に近づくと思います。

まとめ 節約経由で自己投資

全ての投資話が悪いと言いたいわけではありませんが、副業感覚で安易に投資をするべきではありません。

有名大学の経済学部を卒業しているような人達が必死に戦っている舞台に、素人が参加してもカモにされるだけです。

全く節約を意識してこなかった人が、月に3万円の節約をするのは難しくありません。固定費を見直すだけで簡単に達成できるかも知れません。

たった一度の固定費の見直しだけでも、毎月3万円もの貯金ができるようになります。

一方で副業のアルバイトだと、毎月何十時間もの労働を継続しなければなりません。辞めた途端に元の生活に戻ってしまいます。

投資で毎月3万円もの利益を出すのであれば年間で36万円です。超一流のプロのように15%もの利回りを達成できたとしても、元手で240万円必要です(手数料は別)。

もちろん毎年安定して15%もの利回りを達成できるとは限りません。

投資には必ずリスクがありますが、節約には必ずしもリスクがあるとは限りません。

節約もなんでもかんでも自分でやってしまうと膨大な時間が失われてしまいますが、自分の得意な範囲と苦手な範囲を上手に分けて行うことで、時間喪失のリスクを下げられます

料理が得意な人であれば、パッパッと調理することで食費や時間も節約できますが、料理が苦手な人であれば外食やお弁当に頼っても構いません。

料理が苦手でも掃除が得意なのであれば、エアコン掃除などの費用を抑えられるかも知れません。

そもそも自分の得意な分野、好きな分野であれば、それは無駄な時間ではなく趣味のような楽しめる時間なので、無理に少なくする必要すらありません。

一方で苦手な分野であれば、上手にお金を使って時間を節約することができます。これを投資と呼ぶのであれば、投資は素晴らしい節約効果をもたらします

全く同じ1時間でも好きな事をやる1時間と、嫌いな事をやる1時間では全く質が違います。好きな事はストレス解消になりますが、嫌いな事はストレスや疲労がたまってしまいます。

節約をすることが貧乏への道になる人というのは、このなんでもかんでも自分でやってしまう節約にだけ当てはまります。このような節約と混同しないでください。

貧乏脳から抜け出したいのであれば、安易に投資話に乗るのではなく、まずは節約と向き合ってみてください。

生活の質を下げることなく固定費を削減してください。

それから本当に必要なモノ、不要なモノを見極めてください。

これだけで多くの方が不要なモノを購入しなくなり、自然とお金が貯まるようになります。

そしてお金に余裕が生まれてきたら、金融商品への投資ではなく、自分へ投資してください

本当に必要なモノの質を上げることや、苦手な分野を軽減できるモノ(食洗器など)に投資することで、時間に余裕が生まれてきます。

この段階に到達した人(金持ち脳の持ち主)だけが、次の段階(収入を増やす)へ進むことができます。

時間に余裕があるので、副業でアルバイトをすることもできますし、本業の収入を増やすための勉強や資格を取得したり、投資(ここでは金融商品)の勉強をすることもできます。

貧乏脳のまま収入を増やしても、お金がたまらないばかりか身体が疲弊してしまいますが、節約と向き合って無駄な支出をコントロールし、時間にも余裕がある金持ち脳になったのであれば、収入を増やすステップへ進むことができます。

これが私が思う「節約=金持ちへの道」です。節約すると貧乏になるという意見には賛同できません。

そもそも金持ち脳の持ち主であれば、お金に対する不安も少ないので、無理して収入を増やす必要すらないのですが・・・。

「節約=貧乏への道」といった情報を発信している人の背景をよく観察してみてください。大抵は金融商品を販売する側の意見です。単純に投資をしてもらうことで自分たちが儲かる為の情報ばかりですよ。

down

コメントする