節約はレジャー!

身体に悪いパンを避けよう!食事替わりにすると危険です

パン食は危険?

毎朝パンを食べている方も多いですし、パンが大好きだという方も多いと思います。

当サイトでも少し前にフライパンで焼くフランパンの作り方を紹介したことがあるのですが、

参考フライパンでフランスパンを作ってみた

材料が余っていたので何度かフランスパンを作っていたのですが、流石に飽きてきたので他のパンを作ろうとレシピを調べていると、改めてパンの危険性について考えることになりました。

私はパン屋でアルバイトをしていたことがあるので、パン生地の原材料を理解していたのですが、改めて調べて見ることでリスクの高さを再認識しました。

パンの主な成分である小麦粉の取り過ぎが身体に悪いという説もあるのですが、今回はそこはスルーした上で身体に悪いパンの基準を紹介します。

身体に悪いパンとは

世の中には様々なパンがありますが、最も身体に悪いと考えられるパンは「揚げパン」です。特にパン粉をまぶして揚げてあるパンです。代表的なのはカレーパンでしょうか。

カレーパンの何が身体に悪いのかというと、単純にたくさんの油を摂取することになるからです。

砂糖をまぶしてある揚げパンだとパン粉をつけずに揚げるのですが、パン粉をつけたカレーパンのようなものは、たっぷりと油を吸い込んでしまいます。

特にパンを揚げる油によく使われるショートニングが危険です。マーガリンやショートニングはトランス脂肪酸という最悪の油であり、国によっては禁止されているほど害の多い油です。

こだわりのあるパン屋さんであれば、菜種油やゴマ油などでパンを揚げているので、「当店の揚げパンはゴマ油を使用しています」のようなアピールがされているものです。そうしないと高い価格に納得してもらえません。

なので、これといったアピールがないパン屋の安いカレーパンの多くが、ショートニングを使用している可能性が高くなります。

批判の的になりやすい大手パンメーカーのカレーパンであれば、価格が安くてもショートニングを使用していないことがあるのですが、パン工場でカレーパンを揚げてからスーパーの店頭に並ぶまでに、かなりの時間が経っているので油の酸化という別のリスクが高くなります。

こだわりのあるパン屋さんで揚げたてのカレーパンを食べるのであれば、それほど身体に悪いわけではないのですが、そうではない場合は避けた方が無難のパンです。

カレーパンだけでなく、揚げパンの食べ過ぎにはならないように気をつけてください。同様の理由でドーナッツなどもリスクが高いので控えましょう。

普通のパンも微妙・・・

油で揚げずに焼いている普通のパンであれば、少なくとも酸化した油をたっぷりと摂取することにはならないのですが、パン生地の中にマーガリンが使用されているケースがあります。

マーガリンはバターよりも安いので、価格の安いパンほど使われているものです。

コンビニやスーパーで売られている大手メーカーのパンであれば、原材料名を見れば確認できるのですが、一般的なパン屋さんだと分からないことが多いのでリスクがあります。

特に菓子パンのような生地が甘いものは要注意です。マーガリンのような油分だけでなく、糖分もたっぷりと含まれています。

食パンでもホテルパンのような甘いものほど、油分や糖分がたっぷりと含まれているので気をつけてください。

むしろ味気ないパンの生地ほど、これらの成分が少ないものです。

これは実際にパンを作ってみると実感しやすいのですが、一人前ぐらいのパンを作るときに使用する砂糖の量というのは、かなりのものです

もちろんレシピによって違うのですが、パン生地だけでも甘いパンというのは、一人前のパンでも15~20gぐらいの砂糖が含まれています。

これはホットケーキやクッキーの砂糖の分量とそれほど変わりません。パンはふんわりと膨らんでいるだけです。

さらにそこに菓子パンのように甘いものを組み合わせてしまうと、相当な量の糖分を摂取することになってしまいます。メロンパンの表面の甘い部分なんてクッキーそのものです。

菓子パンという名前の通り、お菓子やスイーツとしてたまに食べるぐらいであれば、それほど身体に悪いわけではないのですが、食事にしてしまうのは避けてください。極端なことを言うと、毎朝おはぎを食べるようなことです。

身体に良いパンとは?

一方で身体に良いパン(悪くはないパン)というのは、味気のない食パンやフランスパンです。

特にフランパンは小麦粉と水とイーストと少量の塩で作られるので、糖分や油分が含まれていません

それだけに劣化が早く焼きたてでないと美味しくないのですが、これは白いご飯で考えると分かりやすいと思います。炊き立てのご飯はそのままでも美味しいですが、時間が経ったご飯は味が落ちてしまいます。

これは食品の本来の姿です。時間の経過と共に味が落ちるのが当たりまえのことです。

参考マックのハンバーガーが不味くなって感心した

ですが、大手メーカーで売られているパンの多くは賞味期限が五日ぐらい持つのが当たり前になっており、期限ぎりぎりでもそれなりに美味しく食べられるものです。

パン工場の衛生管理やパッケージの工夫もありますが、多くは添加物や砂糖や油分がたっぷりと含まれているからです。

お土産物で甘いものが多いのは、糖分によって賞味期限を長く出来るからです。

節約という意味では大手メーカーの格安パンが有効ではあるのですが、あまり食べ過ぎにならないように気をつけてほしいと思います。

なるべくなら街のパン屋さんで焼きたてを購入するようにしてください。その時でもなるべく揚げパンや菓子パンを避け、フランパンのような甘くないパンを選ぶようにしましょう。

焼きたてのフランスパンであれば小麦の甘みが感じられるので、そのままでも美味しいものですよ。

まとめ 甘いパンはほどほどに

甘いパンはケーキやお菓子のように、たまに少し食べるぐらいにした方が良いかと思います。食事替わりにしてしまうと身体に悪いので気をつけてください。

パン屋さんの焼きたてのフランスパンが良いとは言いましたが、小麦粉そのものが身体に良いというわけでもないので、あくまでも食べ過ぎにならないように意識してほしいと思います。

ちなみにフランスパンには糖分が含まれていないので、他のパンと比べて発酵に時間が掛かります。なので一部のパン屋では発酵を促すイーストフードと呼ばれる添加物を入れているケースがあります。

このイーストフードも身体に良くないと言われています。

私がアルバイトをしていたパン屋では、朝一番(4時出勤でした)にフランスパンの仕込みを始め、一番最後(12時頃)に出来上がるのもフランパンでした。

朝の9時からお店を開けているのに、他のパンと並んでフランパンが売られていると、イーストフードのようなものに頼っている可能性が高いです。

前日に生地を仕込んで冷蔵庫でゆっくりと生地を発酵させた可能性もありますが、普通に発酵させた生地と差が出てしまうので、あまり現実的ではありません。

このような事を考えると、どんなパンにでもリスクがあるのですが、糖分や油分がたっぷりと含まれているパンを食事替わりにしないことが大切です。

パンが大好きな方も多いと思いますが、菓子パンのようなものはケーキのようにたまに食べるぐらいにして、毎日たべるパンは甘さ控えめのものを選んでみてください。

そもそもパンが主食の国で食べられているパンは砂糖で甘くしません。そのような国の出身の方が日本のパン屋に行くと大変驚くようです。

日本人が外国でとんでもない鮨を見るような感じで、甘いパンの数々が奇異に映るそうです。

日本でも甘い饅頭やおはぎが食事ではないように、甘いパンは特別な日に食べるぐらいが、ちょうどよいのではないでしょうか。

パンが大好きで毎日のように食べている方こそ、糖分や油分が多い身体に悪いパンを避けてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。