節約はレジャー!

節約と向き合う習慣が頭を良くするかも知れない!

節約で頭が良くなる理由

節約で頭が良くなるというと、とんでも理論のように感じるかも知れませんが、頭が良い人が無駄な買い物をしないのはイメージできるかと思います。

節約の反対語である浪費という言葉の意味を調べると、無駄な出費をすること、必要以上にお金や時間を費やすこととあり、頭の良い人が行わない行為と一致します。

頭が良い人を正確に定義することは出来ませんが、必要のない事にお金や時間を費やさないのはイメージできるのではないでしょうか。

誰もが何かしらの買い物をする時には必要だと判断しているわけですが、この判断力こそ頭の良さと考えられます

ある食品がセールでお得な価格だったとしても、自宅に十分なストックがあると気がつけば必要ないと判断できますが、「うわ!これは安い、お得だ!」といったその場の感情に流されてしまうと、冷静な判断が出来なくなってしまいます。

ストックだけでなく栄養バランスや賞味期限といったものも判断材料になりますし、この先の献立や家族の趣向というものも当てはまります。買い物上手な主婦ほど、当たり前のようにこれらの事を一瞬で判断しているものです。

旦那の稼ぎが良くて節約の事を気にしない主婦であれば、商品の価格に左右されないかも知れませんし、平気で賞味期限切れの商品を捨てることができるのかも知れませんが、そのような主婦だと判断材料が少ないので、栄養バランスや好みだけで判断します。

このような主婦が節約と向き合うようになると、価格や賞味期限といった新たな判断基準を意識するようになります。安かろう悪かろうの商品もあるので、単純に価格だけで選べるものではないので、頭の中でかなり複雑な思考をすることになります。

冷蔵庫の中身やこの先1週間の献立などを考えるようになると、相当な計算をしなければなりません。初めは冷蔵庫の中身を確認しながら、必要な物をメモしてから買い物に行くようになるかも知れません。

このような事を続けていくうちに、徐々に頭の中だけで行えるようになり、ベテラン主婦のように一瞬でこれらの複雑な計算ができるようになっていきます。

頭の使い方がその場の感情だけで選んでいた時と雲泥の差になり、頭が良くなっていくのもイメージできるのではないでしょうか。

品質と価格は必ずしも比例しない

基本的に多くの商品は品質と価格は比例関係になりますが、当てはまらないケースも珍しくありません。

本格的なケーキ屋さんのスイーツより、コンビニで売られているお手頃価格のスイーツの方が美味しいことは珍しくありませんし、価格だけでなく糖分やカロリーも抑えられていて、ベストな選択肢になるかも知れません。

子供の誕生日に用意するケーキであれば、見た目も綺麗なケーキ屋さんの方が適していますが、ダイエット中だけど甘いモノが止められないという人であれば、コンビニの低カロリースイーツの方が適しています。

その物に求めている品質や役割は人それぞれなので、高価なものだからといってベストな選択肢になるわけではありません。

スイーツのように比較的安くて購入する機会の多いものであれば、多くの人が当たり前のように自分に適した選択ができるものですが、たまにしか購入しないものとなると、この判断が曖昧になる傾向があります。

例えばアイワというオーディオ機器メーカーの製品は、低価格にも関わらず高音質だということで、一部の層では評価が高ったのですが、そのような判断基準を持ち合わせていない多くの層の人には選ばれず、莫大な広告費を投入している有名メーカーのオーディオに押されてしまい、無くなってしまいました(その後にaiwa名義で復活)。

一般の人はオーディオ機器を頻繁に購入することがありませんし、一人でいくつもオーディオ機器を所有して比較するようなことがないので、製品の良さを正確に判断することが難しいわけです。

それでもきちんと店頭で聞き比べみれば、音の良さに気がつけるかも知れませんが、自分で判断することがないと、ブランドイメージや他人の評価で判断してしまいます。

同じような例だと住宅や自動車なども当てはまります。何度も購入できない高額な商品ほど失敗したくないという気持ちが働き、ブランドイメージ(広告)に左右されて自分の判断基準が置き去りになってしまいます

親戚のおじさんがトヨタ一筋で、トヨタ以外の車を乗る人をバカにし、軽自動車を鼻で笑うような人だったのですが、ある時に私の軽自動車に乗ることになると、その広さに驚いており、走り出すと「今の軽はこんなにパワーがあるのか・・・」と驚いてくれました。

そのおじさんは軽自動車が360CCの頃に一度乗ったきりだったそうで、その進化に驚いていました。

自動車が好きな人ほどトヨタ好きが少ないものですが、それほど車に興味がない層にとっては、取りあえずトヨタを選んでおけば間違いない!といった思い込みがあるものです。

この思い込みを刷り込む為に広告といったものがあり、冷静に品質を判断されないように仕掛けられています。

この仕掛けにのせられてしまう人ほど、自分が求めている品質や役割といったものとのズレが生じるので、無駄な浪費になってしまいます

一方で頭が良い人ほど冷静にこれらを判断できるので、必要以上の品質や役割(大型車やスポーツカー等)といったものにお金や時間を費やすことがなくなり、結果的に節約になってお金も貯まっていきます。

これはスマホのキャリアで考えると分かりやすいかも知れません。スマホに詳しくない年配の方ほどNTTという名前が入っているドコモを選ぶようなことです。

自分で支払う必要がない学生だと、テレビCMで話題になるソフトバンクやauを選ぶのかも知れません。

一方で自分の支払う社会人だと、スマホに求める役割に合わせて選ぶことができます。インスタなどのSNSを駆使している人ならiPhoneかも知れませんし、LINEやメールだけなら格安スマホで十分と判断している人も多いです。

節約というと、単純に安い物ばかりを選ぶイメージがあるかも知れませんが、それは節約の本質ではありません。必要十分なものを的確に選ぶことこそ上手な節約であり、その判断能力を磨く為にも、日頃から判断基準が増える節約と向き合うことが有効だと感じています。

節約と向き合うと頭が良くなるというのは、単純に数字の暗算能力が上がるだけではありません。

昨日の献立や冷蔵庫の中身(過去)を思い出し、さらに来週の献立(未来)まで想定しながら、栄養バランスやコスパも含めてベストな物を決める主婦のように、一瞬で複雑な計算ができるようになることで、頭も良くなっていくのではないでしょうか。

まとめ 想像以上に冷静さは保てない

スイーツのように試しやすい価格帯のものであれば、多く人が自分なりの基準で判断することが出来ますが、購入する機会が少ない高価な物ほど失敗することが多いものです。ただ失敗したことにすら気づいていないのかも知れません。

節約をするようになると、いかに過去の買い物で無駄遣いをしていたのか実感できるようになるものです。その体感がこれからの買い物に活かされていくので、どんどん浪費がなくなっていきます。

失敗に気がつないで人生を終えられるのであれば、それはそれで幸せなことではありますが、右肩上がりの収入が保証されている公務員でもない限り、難しいのではないでしょうか。

いち早く失敗に気がつく為にも、日頃から冷静さを保てるようになる為にも、過去や未来の事まで考える習慣を身につけられる節約と向き合う価値があると思います。お金が貯まるだけでなく、頭も良くなってくれますよ。

人は自分が思っている以上に冷静さを保つことが出来ていないものです。

ある高価な化粧水を販売しているメーカーが、その化粧水の愛好家に「一切の広告を止めてパッケージを簡素化し、中身はそのままで三割引きで販売すると購入しますか?」というアンケート調査を行ったところ、ほとんどの愛好家が「喜んで購入する」と好意的な調査結果となりました。

化粧水の原価など一割にも満たず、大半がブランドイメージを構築するための広告費用として投入されていたので、売れ行きが変わらなければ三割引でも大幅に利益が出る計算になります。

そして実際に試してみると

 

・・・

 

売れ行きが大幅に落ち込んでしまいました。

中身が変わっていないと表示されているのにも関わらず、多くの消費者が安っぽいデザインや低価格という理由で離れてしまいました。

冷静に判断できると消費者にとってお得なことですが、多くの人はそのような判断基準で選べていないということです。肌の綺麗な女優さんが愛用していたり、オシャレなパッケージや入れ物などのイメージに左右されており、化粧水の品質や役割で判断できていません

一方で冷静に判断できる人というのは、数百円の化粧水で満足しているのかも知れません。そもそも肌の上から浸透していく成分などないので、化粧水は肌の保湿程度の役割しかありませんし、それならワセリンだけで十分です。

Richard Guy教授によると、一般的な化粧品に使われている粒子は、人間の髪の毛の100分の1ほどの大きさだそう。そこで、20~200ナノメートルの大きさの ポスチレンビーズに蛍光タグをつけ、肌に浸み込むかどうかを共焦点レーザー顕微鏡を用いて観察したところ、これらのビーズは角質層と呼ばれる表皮の一番外側の層にさえも浸透することはできなかったという。https://toyokeizai.net/articles/-/47838

常温で保存しても腐らない化粧水には防腐剤が含まれていますし、良い香りの香料も含まれています。化粧水で肌がもっちりとするのは、肌に浸透しない成分が表面に張りついているだけであり、むしろ肌に悪いケースもあります。

冷静に自分の肌質をチェックできる人であれば、このような製品に騙されないのかも知れませんが、多く人はイメージだけで判断しているということです。

肌が綺麗な女優さんはその化粧水を使用したから綺麗になったのではなく、肌が綺麗だったから採用されただけです。

少し冷静になればわかるような事でも、自分に判断基準がないと簡単にイメージの影響を受けてしまいます。人は想像以上に冷静さを保つことが出来ていません。

だからこそ日頃からたくさんの基準を用いて、自分の判断基準を磨くことになる節約が有効だと感じています。そもそも考えるという行為が冷静さを保つことになるので、高ぶった感情(うわ、安い!)を抑えることに繋がります。

この冷静さを保つことが出来ない人ほど、安易にカードローンや消費者ローンのような高金利なものに手を出してしまいます。

本当にピンチで必要なお金なのであれば、一時的にそのようなところに頼るのも悪くありませんが、深く考えられないと遊ぶ金ほしさに手を出して泥沼にハマってしまいます。

クレジットカードのリボ払いをしている節約家は少ないと思いますが、世の中には当たり前のようにリボ払いの上限いっぱいまで使ってしまう人がいますし、自動車ローンを支払えたら即車を買い替えるような人がいるものです。

必要な物を必要な分だけ必要なタイミングで購入することは上手な節約ですが、必要もない物を必要もないタイミングで買えるからという理由で、わざわざ買ってしまう人がいるものです

誰しもが冷静に判断できるわけではありません。自分が思っている以上に様々なイメージや誘惑に影響されてしまうので、冷静さを保つ為にも日頃から節約と向き合ってほしいと思います。貯まっていくお金以上に価値があると思いますよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]