節約はレジャー!

カラーボックスに一工夫!カビ防止の工夫と簡単対策

節約の味方!カラーボックス

シンプルなカラーボックス節約思考の方であれば、カラーボックスにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

カラーボックスは安価にも関わらず、非常に強固で使い勝手もよく、工夫次第では机やテレビ台としても利用することが出来ます。

そんな便利なカラーボックスですが、一つだけ欠点があります。

それは「裏側がカビやすい」ということです。

そこで今回はカラーボックスの裏側のカビ対策を紹介します、上手に対策を施して節約につなげてください。

【スポンサーリンク】

裏側がカビる原因

カラーボックスの裏側がカビてしまう原因は、湿度を吸収しやすいという特徴があるからです。

カラーボックスのざらざらな裏側カラーボックスは安価に作られているので、コストダウンのために裏側の加工がされていません。

木材(合板)がむき出しの状態なので湿度が高いと湿気の影響を受けてしまいます、また壁に近いと空気の流れが悪くなり、ホコリが貯まってカビやすくなります。

カラーボックスに限った話ではないですが、家具類は裏側の湿気やホコリが貯まらないように、壁から少し離した(10cm以上)方が通気性が良くなります。

押入れやクローゼットの中に、カラーボックスを入れている方は特に注意が必要です。

一方でカラーボックスの表側は加工処理されているので、よほどな事がない限りカビる心配はありません。

裏面を加工

そこでカラーボックスの裏側も、表側のように加工処理すればカビを防ぐことが出来ます。

加工処理と言っても難しく考える必要はありません、基本的にカラーボックスの裏側は見られることはないので、綺麗に加工する必要はないということです。

理想はカビ防止の塗料を塗ることですが、基本的に湿った空気が触れなければいいので、適当な塗料でも構いません。

白いペンキを塗る刷毛自宅に余っている塗料があれば代用できます、カラーボックスの裏側は見られることがないので、空気が触れないように隙間なく塗ればOKです、ただし匂いは注意してください。

また壁紙などが余っていれば裏側のボードに貼ってもOKです、また極端なことを言えば、あまり水分を吸わないツルツルした紙を貼っても同様の効果が期待できます。

要するに見た目を気にせずに、裏側の隙間を埋めて空気に触れさせない工夫をしてください。

なのでガムテープなどを貼ってもいいのですが、ガムテープはどうしても時間が経つにつれて粘着力が落ちて剥がれてくるので、重ねて貼ることができる布テープの方が良いと思います。

ここまで紹介してきた加工処理は、あくまでもカラーボックスの裏側がカビる前にするべきことです、新品のカラーボックスを組み立てる時に加工することがおすすめです。

ただし組み立てる前に背面のボードに壁紙やガムテープを貼ってしまうと、ボードの厚みが増して入らなくなることがあります、その場合は完成させてから貼ればOKです。

カビが出来てしまったら

一方でカラーボックスの裏側がカビてしまった場合は少々面倒です。

カビを殺菌する薬剤が売られていますが、これらは一時的な効果しかないと思ってください、カラーボックスの裏側がざらざらのままだと、いずれまたカビてしまいます。

また少し面倒な方法ですが、カビた部分をヤスリで削ると新品に近い状態に戻ります、加工処理をするのであれば薬剤より向いていると思います。

また簡単なカビ対策として、カラーボックスの背面のボードを取り外すという方法もあります。

オシャレな家具こちらはカラーボックスの使い方にもよるのですが、このような家具のような使い方であれば背面のボードがなくても問題ないわけです、むしろオシャレに仕上げることにもなります。

100円ショップなどで売られている、カラーボックス専用の収納カゴを利用している方も同様です、裏側のボードは必ずしも必要なわけではありません。

この方法だと裏側の空気の流れを考える必要もないので、壁のギリギリまで近づけることもできます、湿気のこもりやすい押入れとも相性が良い方法です。

また背面のボードをプラスチックなどに変える方法もありますが、そこに数百円かけるのであればカラーボックスごと買い替えた方が安いかもしれません。

たまたまプラスチックボードなどが余っている方は、検討してみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ カラーボックスの凄さ

カラーボックスは本当に良く出来ています、ちょっとしたアレンジを加えるとオシャレな家具に早変わりです。

最近では様々なカラーが増えていますし、三段だけではなく、二段もメジャーになってきました。

ホームセンターに行けば千円前後で購入出来ますし、通販でも手頃な価格で購入できるので、マンションなどで運ぶのが大変な方にはおすすめです。

【楽天】 カラーボックス

【amazon】 カラーボックス

またカラーボックスの裏側のカビ対策の加工処理は、新品の状態で行うのが望ましいので、古いカラーボックスの買い替えも検討してください。

カラーボックスの背面を外す方法カビてしまったカラーボックスは背面のボードを捨てて、倉庫などの棚として利用するのもおすすめです。

カラーボックスは非常に強固なので、倉庫の空間を無駄なく有効活用することができます。

ちなみに私は古いカラーボックスをリサイクルショップで買い取ってもらったことがあります。

引っ越し前に洗濯機の買い取りの為に、自宅に来てもらったときに、

「他に何か不要なモノはありますか?」

ということだったので、ダメもとで「カラーボックス」と言うと数十円で買い取ってくれました、中々の年期が入っていたのもかかわらず、です。

単品で持ち込んで買い取ってもらえるのかわかりませんが、近くのリサイクルショップにカラーボックスが売られていれば、おそらく買い取ってもらえる可能性があるのではないでしょうか。

ちなみに私はカラーボックスの他に、突っ張り棒、ドライヤー、アイロン、電気ストーブ、姿勢矯正椅子、古いギター、シンク下の収納棚を買い取ってもらいました、どれも安価な買い取り価格でしたが、有料ゴミに出すよりは節約できます。

自治体によってはカラーボックスを処分するのに粗大ゴミ扱いになると思いますが、おそらく分解してのこぎりで小さくすれば、燃えるゴミで大丈夫だと思います。

カビが生えてしまったカラーボックスは、根気がある方はヤスリで削ってから処理をしてください、そうではない方は買い替えも検討してみてください、そして新しいカラーボックスの裏側にはカビ対策をしておきましょう。


down

コメントする