節約はレジャー!

洋服代を節約するポイントはオシャレと分けること!

洋服代を節約するポイント!

洋服代を節約する方法というと、セールを上手く活用する方法が一般的だとは思いますが、それは多くの人が意識している事だと思うので、今回は別の視点から考察していきます。

私が意識している洋服代を節約するポイントというのは、いわゆるオシャレの為の洋服選びと目的ありきの洋服選びをしっかりと分けて考えることです。

オシャレが大好きな人にとっては、ハイブランドの高額な洋服を購入する事は無駄ではありません。しっかりと目的(オシャレ)を達成しているので元は十分に取れています。

お気に入りの洋服を安く購入する事は上手な節約ですが、セール価格に惑わされて目的がズレてしまうと、例え安く購入できたとしても活躍する場が少なくなって無駄になってしまいます。

洋服を着る目的

洋服選びをする時は、目的から逆算すると分かりやすくなります。

たとえば快適な睡眠を得るためにパジャマを選ぶのであれば、オシャレな要素が最重要科目になるわけではありません。

パジャマの生地の肌触りだったり、吸水性だったり、保温性だったり、締め付け具合だったりと、それぞれの人が睡眠にとって重要だと感じるポイントがあるとか思います。

それらの求めている目的を得る事が重要であり、そのほかの要素はそれほど重要ではありません。

もちろん目的を達成した上で自分の好きな色やデザインを選ぶことは出来ますが、先に好きな色やデザインや価格から選んでしまうと、求めていた目的(パジャマなら良質な睡眠)が得られずに後悔してしまいます

パジャマなんて何でも良いといった考え方の人であれば、適当に安いパジャマを購入する事で節約できますが、求めている役割がある洋服なのにセール価格に引っ張られてしまうと、どんなに安く購入できてもお得ではありません。

節約家あるある

私も含めて節約家によくあることなのですが、この目的が価格に引っ張られる傾向があります

本当はもっと肌触りの良いパジャマを求めていたのにも関わらず、ついつい割引されているセール品を選んでしまうようなことです。

すると本来の目的が達成できないので満足することができなくなり、結局は長く愛用することが出来なくなります。

寝心地の悪いパジャマでは良質な睡眠を得ることが出来ませんし、他に使い道もないので不要な物になってしまいます。

福袋に入っていた奇抜なシャツやフィット感が微妙な洋服も同じです。定価が3万円の洋服を半額で手に入れられたとしても、目的に沿っていないと意味がありません。逆に定価が3000円で割引されていない洋服でも、しっかりと目的と合致していると最大限に活用する事ができるので、無駄になりません。

これらのように洋服選びが価格に引っ張られて目的から逸れてしまうと、クローゼットのスペースを圧迫するだけの不要な代物になってしまいます。新しいだけに処分もしにくく、扱いの困る洋服になってしまいます。これでは全く洋服代の節約になっていません。

オシャレな人ほど洋服の購入時にはしっかりと試着をしてフィット感や着心地を確かめるものですが、まさにこれが目的と合致しているかどうかの確認作業です。

一方でオシャレに興味がない人(特に男性)ほど、試着を怠って適当に選んでしまいます。

自宅の中で着るだけのルームウェアであれば、そのような基準で選んでも問題にはなりませんが、外出着となると似合う要素や清潔感といった要素を意識する必要があるので、適当に選んでしまうと目的を達成できなくなってしまいます。

サイズが合っていても生地によっては皺が目立つものがありますし、生地のカラーによっても汚れの目立ちやすさに違いがあります。メンテナンス(洗濯やクリーニング費用)のしやすさも違うので、セール品で安かったからと安易に選んでしまうと、大抵は後悔してしまうものです。

オシャレ好きの場合

逆にオシャレが大好きな人だと、好みのデザインやカラーや流行を重視する傾向があります。

これはこれで間違っていません。耐久性の低い生地の洋服でも「今シーズンさえもてば満足」といった洋服の選び方もあります。

高価な天然素材の洋服ほどメンテナンスが大変になりますが、オシャレが好きな人だとクリーニングや防虫剤といった費用も苦になりません。

大好きな洋服を着て気分が高揚するのであれば、十分に役割を果たしています。

ただオシャレ好きの人の多くが、仕事で着る洋服やパジャマのような洋服にまでオシャレ要素を取り入れてしてしまう傾向があります

仕事で着る洋服の目的は、その仕事に適していることが重要なので、オシャレをすることでマイナスに働いてしまうケースがあります。

誠実さが求められる銀行員や保険の外交員がオシャレ過ぎると軽薄な印象になってしまい、仕事の邪魔をしてしまうわけです。

もちろん美容師や洋服屋の販売員のように、オシャレがプラスに働く職場もありますが、多くの仕事で着る洋服というのは、オシャレとは違った基準(仕事がしやすい洋服)があるものです。

それらの目的を達成した上でオシャレ要素を取り入れるのであれば良いのですが、何でもオシャレありきで選んでしまうと目的から逸れてしまう事があります。

ナース服や調理師の服に白が多いのは、汚れが目立ちやすい色だからこそ清潔感を保ちやすいメリットがあるからであり、それがお客さんの安心感にもつながります。

最近はナース服でもカラフルなものが増えてきましたが、それでも大抵は薄いピンクやブルーといったカラーで、汚れがない状態をアピールできるようになっています。

知り合いの看護師さんから聞いた話なのですが、ナース服が白しかなかった頃は下着が透けやすかったので、下着の色選びにも気をつかっていたそうです。靴や髪留めといったものにも様々な基準があり、安全や清潔感を損ねない範囲で選択する必要があります。

これらのような目的がある洋服に、中途半端に個性的なオシャレ(カラフルな下着など)を持ち込んでしまうと、仕事面でマイナスに働いてしまう可能性があります。

これらのように洋服を着る目的は、それぞれのシーンや考え方によって大きな違いがあります。

参考節約上手はオシャレ上手!?

洋服の購入代金を節約

あくまでも目的に合わせた洋服を選ぶことが前提ですが、目的と合致した洋服を安く購入することは上手な節約です。

セール価格に惑わされて目的から逸れてしまっている洋服を選ぶのではなく、目的に合っている洋服を安く購入することが上手な節約です。

たとえばユニクロのAという洋服が目的と合致しているのであれば、ユニクロのセールに合わせることで節約することが可能です。

他にもクレジットカードで支払いをしてポイントを貯めるのも上手な節約です。

また特定のメーカーの洋服がお気に入りの場合だと、ネットで最安値を探すのも上手な節約です。

私の場合だと下着はグンゼ一択なので、基本的にネットのセールを狙って購入しています。

グンゼだけが素晴らしいとは言いませんが、過去に様々なメーカーの下着を着用していた時、圧倒的にグンゼの下着や肌着の着心地がよく、しかも長持ちしてくれたのでお気に入りになりました。

そのグンゼを下着を購入するときは、楽天スーパーセールなどに合わせてポイントを多くもらえるように購入します。

参考楽天のスーパーセールを調べる方法

楽天に限らずネット通販ならグンゼの下着よりも安い下着が、いくらでも見つかりますが、安易にそれらを選んでしまうと下着の質が下がってしまうので目的(快適な着心地)を達成できません。

下着に質を求めない人であれば問題ありませんが、私は下着の締め付け具合やムレが気になる方なので質を重視しています。

このように特定の洋服が既に決まっている場合は、最安値を探すことが節約になります

ここを間違えないでください。目的に合致した洋服を安く購入することは上手な洋服代の節約ですが、目的からずれている安い洋服を購入することは、全くダメな節約です。

多くの節約家が価格を基準に洋服を選んでしまいます。すると直ぐにゴムが伸びてしまったり、ほつれてしまうような低品質の洋服を購入することになり、安物買いの銭失いになってしまいます。

まとめ 目的から逆算しよう

中古や古着でも目的に合致していれば問題はありませんが、目的からずれてしまった洋服を選んでしまうと、どんなにお得なセール価格でも節約にはなりません。

洋服の福袋やワゴンセールの洋服を購入してから後悔したことがある人は多いのではないでしょうか。

あくまでも洋服選びは目的ありきです。その目的を明確にする事こそが、洋服代を節約するポイントになります。

もちろんオシャレが大好きな人であれば、大いにオシャレを楽しんでください。そこを否定しているわけではありません。

どんなに着心地が良いパジャマでも、大嫌いな色やデザインだと気分が落ち込んで良質な睡眠が得られなくなるかも知れません。

参考パジャマは意味がない?意外なメリット6選

洋服の購入代金を節約するというと、お得な価格で購入するテクニックばかりが紹介されていますが、目的から反れてしまえば全く節約になりません。

洋服選びのポイントは何の為に着ていく洋服なのか、どこに着ていく洋服なのかを、目的から逆算して考えてみてください。

「洋服なんて清潔感があれば十分!」

といった考え方の人も多いですが、しっかりと清潔感と向き合う事で皺になりにくい生地や汚れが目立たないカラーや体臭を抑える生地といった基準が、見えてくるようになるはずです。襟元が直ぐにダルダルになってしまうようなTシャツを選んでしまうと、清潔感など保つ事は出来ません。

たとえセール除外品だったり割高だったとしても、目的に合致している洋服であれば全く損はしていません。

どこそこのブランドだから良いといった基準ではなく、あくまでも自分が洋服に求めている役割をしっかりと意識してから選ぶようにしてみてください。

結果的に無駄な洋服を購入することがなくなり、大幅に洋服代を節約することにつながるものです。

同じような見た目の洋服でも品質には差があるものです。ちょっとしたポケットだったり、生地の質や縫製の違いで着心地や寿命は大きく変わります。

参考洋服の寿命を延ばして節約する方法

私が以前ユニクロで冬物のジャケットを探していた時のことです。ユニクロの男物のジャケットの平均的な価格は6980円でした。

店内を見ているとあるコーナーに、期間限定セールで3980円の素敵なジャケットが展示してありました。

「これは見た目もカッコよくてお得だ!」

と嬉しくなって試着をしてみたのですが、そのジャケットには内ポケットがありませんでした。

私は長財布を使用しているので、ジャケットの内ポケットは必須です。

参考「稼ぐ人は長財布を使う」レビュー

内ポケットだけなら後から自分で付けられないこともないので悩んでいたのですが、よくよくそのジャケットを見てみると裏地やベント(裾の切れ込み)がありませんでした。

夏用のジャケットだと裏地がない方が涼しくて良い事もあるのですが、冬用のジャケットだと防寒機能が失われてしまいます。

ベントの有無は座った時の着心地に影響があるので、立ったまま洋服を着る試着室では違いがわかりにくいものです。

そのジャケットの見た目と価格は理想的ではありましたが、私はそのジャケットを諦めました。

一方で6980円のジャケットを試着してみると、しっかりと裏地や内ポケットやベントがありました。結局はそちらのセールではない定価のジャケットを購入しました。

おそらく3980円のジャケットを購入していたら、ほとんど着る機会はなかったと思います。

6980円のジャケットがセールで3980円になっていたのであれば嬉しいのですが、セール品の中には予めセール用に安く作られているものも多いので、安易に選んでしまうと目的を達成できなくなってしまいます。

クローゼットの肥やしになる洋服を購入しないことこそが、洋服代を節約する一番のポイントです

不要な洋服があると大切な洋服の収納や管理にも影響が出てしまいますし、ろくに着る機会もないので傷みにくく、なかなか捨てる決断も出来ません。

着ていなくてもデメリットがあるので、それらのような目的に合わない洋服を所有しない事も、洋服代の節約につながります。

追記

ここまで偉そうに洋服の選び方について語ってきましたが、私も過去に何度も洋服選びで失敗しています。

以前にネットの特別セール価格で購入してしまったセーターがあるのですが、手元に届くと驚愕しました。

なんと素敵なデザインの柄が、セーターの表側にしかありませんでした。

しっかりと安いなりに手抜きされていたということです。

これも理解した上で購入したのであれば失敗ではありません。

ジャケットの内側に着るセーターであれば、裏側のデザインは関係ありませんし、むしろ着ぶくれしなくて良いのかも知れません。

ただ私はジャストフィットのジャケットを好んでいるので、セーターを合わせる隙間はありません。このセーターはアウターとして利用するつもりでした。

私がこのセーターを購入したショップの販売ページには、裏側のデザインについての情報はいっさいありませんでした。

ネットで洋服を購入することには、このようなリスクがあります。

私が購入しているグンゼの下着のように、既に手元にある洋服を買い足すようなケースであれば、通販でも失敗はしませんが、スタイル抜群のモデルさんが着用している洋服を安易に購入してしまうと、

「思っていたのと全然違う!!」

ということになってしまう可能性があるので気をつけてください。

ネット通販だと返品可能なケースもありますが、このセーターは激安だったので返品の送料の事を考えるとバカバカしくなり、結局はルームウェアとして着ることにしました。

単純にルームウェアを選ぶという目的であれば、それこそもっと安い洋服がいくらでも見つかりますし、セーターのように洗濯に気をつかう必要もなかったはずです。

洋服代を節約しようと価格ばかりを優先してしまうと、このように目的から反れて失敗してしまうので気をつけてください。

しっかりと目的から逆算して洋服を選んでほしいと思います。特に高額な洋服ほどしっかりと試着が出来るお店で選んでください。

多少価格が高くてもクローゼットの肥やしになる心配がないので、長期的に考えれば節約になるはずです。

コメント

  • あるあるですね。セール品でも掘り出し物がないとは思いませんが、売れ残って安売りされる洋服には、それなりの理由がありますよね。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]