節約はレジャー!

洋服代を節約するポイントはオシャレと分けること!

洋服代を節約するポイント!

洋服代を上手に節約するポイントは、いわゆるオシャレの為の洋服選びと目的ありきの洋服選びを分けることです。

オシャレが趣味の人にとっては、高額な洋服代は全く無駄にはなっていません。しっかりと目的(オシャレ)を達成しているので元は十分に取れています。

洋服代を節約する為には、それぞれの目的に合わせて洋服選びを分けることがポイントになります。

洋服を着る目的

洋服選びをする時は、目的から逆算すると分かりやすくなります。

たとえば快適な睡眠を得るためにパジャマを選ぶのであれば、オシャレの要素はそれほど重要ではありません。

パジャマの生地の肌触りだったり、吸水性だったり、保温性だったり、締め付け具合だったりと、それぞれの人が睡眠にとって重要だと感じるポイントがあるとか思います。

それらの求めている目的を達成することが重要であり、そのほかの要素はそれほど重要ではありません。

もちろん目的を達成した上で自分の好きな色やデザインを選ぶことが出来ますが、先に好きな色やデザインから選んでしまうと、目的が達成できず(パジャマなら良質な睡眠が得られない)に後悔することになってしまいます

これが洋服を選ぶポイントです。目的から逆算して考えると勝手から後悔することがなくなります。

節約家あるある

節約家によくあることなのですが、この目的が価格に引っ張られる傾向があります

本当はもっと肌触りの良いパジャマを求めていたのにも関わらず、ついセール品を選んでしまうようなことです。

すると本来の目的が達成できないので満足することができなくなり、結局は長く愛用することもなくなります。

このような洋服の選び方だと、どんなに価格が安くても無駄になってしまいます。

寝心地の悪いパジャマでは良質な睡眠をとることが出来ませんし、福袋に入っていたカラフルなシャツも着ていくところがなければ意味がありません。

これらのように洋服選びが目的ではなく、価格に引っ張られてしまうと、不必要な洋服を手にすることになってしまいます。全く洋服代の節約になっていません。

一方で洋服に対してオシャレや質を重視しない方であれば、セール品を選ぶことは間違っていません。しっかりと節約になっています。

自宅の中で着るだけのルームウェアであれば何でもいいという方なら、そのような選び方で問題ありません。

オシャレ好きの場合

逆にオシャレが大好きな方は、洋服の質よりもデザインやカラーや流行を重視する傾向があります。耐久性の低い洋服でも「今シーズンさえもてば満足」といった洋服の選び方もあります。

これはこれでしっかりと目的を達成しているので、無駄にはなっていません。

大好きなオシャレをすることで気分が高揚するのであれば、十分に役割を果たしています。

ただオシャレ好きの方の多くが、仕事で着る洋服やパジャマにまでオシャレを優先してしまう傾向があります

仕事で着る洋服の目的は、その仕事に適していることが重要なので、オシャレをすることでマイナスに働いてしまうケースがあります。

もちろん美容師さんや洋服の販売員のように、オシャレがプラスに働く職場もありますが、多くの仕事で着る洋服というのは、オシャレとは違った基準(仕事がしやすい洋服)があるものです。

これらのように洋服を着る目的は、それぞれのシーンや考え方によって違いがあります。

オシャレをすることが悪いのではなく、それぞれの目的に合わせた洋服を選ぶことがポイントです。結果的に無駄な洋服が減って、大幅に洋服代を節約することにつながります。

参考節約上手はオシャレ上手!?

洋服の購入代金を節約

あくまでも目的に合わせた洋服を選ぶことが前提ですが、目的と合致した洋服を安く購入することは上手な節約です。

セール価格に惑わされて目的から逸れてしまった洋服を選ぶのではなく、目的に合っている洋服を安く購入することが上手な節約です。

たとえばユニクロのAという洋服が目的と合致しているのであれば、ユニクロのセールに合わせることで節約することが可能です。

他にもクレジットカードで支払いをしてポイントを貯めるのも上手な節約です。

また特定のメーカーの洋服がお気に入りの場合だと、ネットで最安値を探すのも上手な節約です。

私の場合だと下着はグンゼ一択なので、基本的にネットのセールで購入しています。

グンゼだけが素晴らしいとは言いませんが、過去に様々なメーカーの下着を着用していた時、圧倒的にグンゼの下着や肌着の着心地がよく、しかも長持ちしていたのでお気に入りになりました。

そのグンゼを下着を購入するときは、楽天スーパーセールなどに合わせてポイントを多くもらえるように購入します。

参考楽天のスーパーセールを調べる方法

楽天に限らずネット通販ならグンゼの下着よりも安い下着が、いくらでも見つかりますが、安易にそれらを選んでしまうと下着の質が下がってしまうので目的(快適な着心地)を達成できません。

下着に質を求めない方であれば問題ありませんが、私は下着の締め付け具合やムレが気になる方なので質を重視しています。

このように特定の洋服が既に決まっている場合は、最安値を探すことが節約になります

ここを間違えないでください。目的に合致した洋服を安く購入することは上手な洋服代の節約ですが、目的からずれている安い洋服を購入することは、全くダメな節約です。

多くの節約家が価格を基準に洋服を選んでしまいます。すると直ぐにゴムが伸びてしまったり、ほつれてしまうような低品質の洋服を購入することになり、安物買いの銭失いになってしまうものです。

まとめ 目的から逆算しよう

中古や古着でも目的に合致していれば問題はありませんが、目的からずれてしまった洋服を選んでしまうと、どんなにお得なセール価格でも節約にはなりません。

洋服の福袋やワゴンセールの洋服を購入しては、後悔したことがある方は多いのではないでしょうか。

あくまでも洋服選びは目的ありきです。

もちろんオシャレが大好きな方であれば、大いにオシャレを楽しんでください。

どんなに着心地が良いパジャマでも、大嫌いな色やデザインだと気分が落ち込んで良質な睡眠が得られなくなるものです。

参考パジャマは意味がない?意外なメリット6選

洋服の購入代金を節約するというと、お得な価格で購入するテクニックばかりが紹介されていますが、目的から反れてしまえば全く節約になりません。

洋服選びのポイントは、何の為に着ていく洋服なのか、どこに着ていく洋服なのかを、目的から逆算して考えることです。

たとえセール除外品だったり割高だったとしても、目的に合致している洋服であれば全く損はしていません。

どこそこのブランドだから良いといった基準ではなく、あくまでもあなた自身の目的にフォーカスしてください。

結果的に無駄な洋服を購入することがなくなるので、洋服代を節約することにつながるものです。

また同じような見た目の洋服でも品質には差があるものです。ちょっとしたポケットだったり、生地の質や縫製の違いで着心地や寿命は大きく変わります。

参考洋服の寿命を延ばして節約する方法

私が以前ユニクロで冬物のジャケットを探していた時のことです。ユニクロの男物のジャケットの平均的な価格は6980円でした。

店内を見ているとあるコーナーに、期間限定セールで3980円の素敵なジャケットが展示してありました。

「これは見た目もカッコよくてお得だ!」

と嬉しくなって試着をしてみたのですが、そのジャケットには内ポケットがありませんでした。

私は長財布を使用しているので、ジャケットの内ポケットは必須です。

参考「稼ぐ人は長財布を使う」レビュー

内ポケットだけなら、頑張れば自分で付けられないこともないのですが、よくよくそのジャケットを見てみると裏地やベント(裾の切れ込み)がありませんでした。

ベントは座った時の着心地に影響があるので、立ったまま洋服を着る試着室では違いがわかりにくいものです。

そのジャケットの見た目と価格は理想的ではありましたが、私はそのジャケットを諦めました。

一方で6980円のジャケットを試着してみると、しっかりと裏地や内ポケットやベントがありました。結局はそちらのセールではない定価のジャケットを購入しました。

おそらく3980円のジャケットを購入していたら、ほとんど着る機会はなかったと思います。

クローゼットの肥やしになる洋服を購入しないことこそが、洋服代を節約する一番のポイントです。しっかりと目的から逆算して洋服を選んでほしいと思います。

もちろん目的に合わせた上で選択肢があるのであれば、お気に入りのデザインを選んで楽しんでも良いと思います。ただデザインや価格ありきで洋服を選んでしまうと、目的から逸れてしまうので気をつけてください。

追記

ここまで偉そうに洋服の選び方について語ってきましたが、私も過去に何度も洋服選びで失敗しています。

以前にネットの特別セール価格で購入してしまったセーターがあるのですが、手元に届くと驚愕しました。

なんと素敵なデザインの柄が、セーターの表側にしかありませんでした。

しっかりと安いなりに手抜きされていたということです。

これも理解した上で購入したのであれば失敗ではありません。

ジャケットの内側に着るセーターであれば、裏側のデザインは関係ありませんし、むしろ着ぶくれしなくて良いのかも知れません。

ただ私はジャストフィットのジャケットを好んでいるので、セーターを合わせる隙間はありません。このセーターはアウターとして利用するつもりでした。

私がこのセーターを購入したショップの販売ページには、裏側のデザインについての情報はいっさいありませんでした。

ネットで洋服を購入することには、このようなリスクがあります。

私が購入しているグンゼの下着のように、既に手元にある洋服を買い足すようなケースであれば、通販でも失敗はしませんが、スタイル抜群のモデルさんが着用している洋服を安易に購入してしまうと、

「思っていたのと全然違う!!」

ということになってしまう可能性があるので気をつけてください。

ネット通販だと返品可能なケースもありますが、このセーターは激安だったので返品の送料の事を考えるとバカバカしくなり、結局はルームウェアとして着ることにしました。

単純にルームウェアを選ぶという目的であれば、それこそもっと安い洋服がいくらでも見つかりますし、セーターのように洗濯に気をつかう必要もなかったはずです。

洋服代を節約しようと価格ばかりを優先してしまうと、このように目的から反れて失敗してしまうので気をつけてください。

しっかりと目的から逆算して洋服を選んでほしいと思います。特に高額な洋服の場合は試着が出来るお店で選んでください。

多少価格が高くてもクローゼットの肥やしになる心配がないので、長期的に考えれば節約になるものです。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]