節約はレジャー!

100円ショップ(ダイソー)の耳栓との相性が良くて驚いた!

コスパ抜群の睡眠グッズ

世の中には様々な睡眠の質を向上させることを目的としたグッズがあります。

良質なベットやマット、枕や布団はもちろん、ヒーリング音楽や遮光カーテン、照明器具なども含まれると思います。人によっては「ぬいぐるみ」だって当てはまります。

以前に当サイトではアイマスクについて紹介したことがあるのですが、

参考アイマスクの効果が侮れない!

睡眠の質を向上させるには、様々な要因が考えられます。

これらに必ずしも正解があるものではなく、あくまでも相性の問題ではあるのですが、今回は睡眠時の雑音をカットする耳栓について紹介します。

【スポンサーリンク】

耳栓をする意味

大きな音が睡眠に影響を与えるのは誰もがイメージできると思いますが、実は小さな音も少なからず影響を与えることがわかっています。

集合住宅であれば周辺の部屋からの音、幹線道路や線路沿いであれば車や電車の音、さらに冷蔵庫やエアコンなどの音もあると思います。

たとえこれらの音で目が覚めないとしても、睡眠時の脳はちゃんと聞き取っていると言われています。意識に上がらないだけで無意識は感じ取っています。

生後間もない赤ちゃんが小さな声で鳴けば、母親にとっては凄く重要な情報なので、すぐに目が覚めるものです。

逆に線路沿いのように頻繁に雑音に慣れていると、それらの音で目が覚めることは少なくなります。

だからいってそれらの音の影響が全くないとは言えません。少なからず睡眠の質に影響を与えます。それらの音が重要かどうかで身体の反応(目覚めるか目覚めないか)が変わるだけです。

なので睡眠時の雑音を減らせる耳栓には、睡眠の質を向上させる効果が期待できます。

これらのことは様々な睡眠の本で学んだことなのですが、私自身は耳栓との相性がどうもよくなかったらしく疎遠になっていました。

耳栓との相性

耳の形が人それぞれなように耳栓にも相性があります。

耳栓をしたことがない方はイメージしにくいと思うのですが、スマホなどに付属している最近のイヤホンのゴムをイメージするとわかりやすいと思います。いくつかのサイズに分かれています。

私自身も様々な耳栓を試してみたのですが、なかなかこれといったモノに出会えませんでした。

始めは某100円ショップの耳栓を試したのですが、数十分で痛みが出てしまいました。

健康に関わることなので、あまり安物ではいけないような気がし、それからホームセンターやドラッグストアで売られている数百円程度の耳栓をいくつか試してみましたが、どれも痛みを感じてしまいました。

そこで健康の為の投資だと割り切りネットで千円を超える耳栓も試してみたのですが、それでも相性がよくありませんでした。

中には傷みが出ない耳栓もありましたが、朝目が覚めると無くなっていました。単純にゆるかったのかも知れません。

また密閉率が高いせいか自分の脈拍を拾ってしまうものもあり、むしろうるさく感じてしまう耳栓までありました。

そんなこともあり私の耳には耳栓が合わないと決めつけていたのですが、あるカプセルホテルに泊まった時に、他人のいびきで眠れないということがありました。

そのカプセルホテルには二日泊まることになっていたので、「このままだとマズい」と感じ翌日に近くのダイソーで耳栓を購入しました。

すると驚くべきことに相性がピッタリでした。

ダイソーの耳栓

ちなみに私が初めて購入した100円ショップの耳栓は、大手のダイソーではありませんでした。その時の経験から安物ではダメだと決めつけていました。

カプセルホテルという環境で仕方がなく購入したダイソー製の耳栓でしたが、私の耳との相性が抜群でした。痛みが全く出ることもなく、無くなることもありませんでした。

見た目も大きさも同じような耳栓を使用したことがあったのですが、やはり各社微妙に質が違うようです(右の黄色い耳栓がダイソー)。

前日にほとんど眠れていなかったので、そのせいで深い睡眠が得られたとも考えられるのですが、自宅に戻ってから使用しても全く問題がありませんでした。

私の住んでいるアパートは幹線道路からは外れているのですが、信号の少ない抜け道でもあり夜中に轟音を響かせながら走る車が珍しくありません。

普通の車であれば問題ないのですが、改造車や重たいモノを積んだトラックが力強く走ると、「ゴゴゴゴゴゴ」と鳴り響いて目が覚めることが、しばしばありました。

また隣の部屋に住んでいるおばあちゃんが、毎朝6時ごろに仏壇をチーンと鳴らす音も聞こえていました。こちらも睡眠が浅い状態だと目が覚めることがありました。

ダイソーの耳栓のおかけで、それらの音が全く気にならなくなりました。

本当に感謝です。

100円ショップの王道中の王道であるダイソーの耳栓を、見逃していた自分が恥ずかしいです。

【スポンサーリンク】

まとめ コスパ抜群

睡眠の質を向上させる様々なグッズがありますが、耳栓ほどコストパフォーマンスが優れているモノも珍しいのではないでしょうか。

手頃な価格の寝具と相性が良ければいいですが、質を求めて続けると天井知らずに高価格になってしまいます。

それらが悪いわけではありませんが、相性の良い耳栓やアイマスクが見つかると、かなり睡眠の質の向上につながるものです。

これは節約家にとってもありがたいことではないでしょうか。

参考枕はいらない!?手放して感じたこと

一度も耳栓をしたことがない方は「目覚まし時計の音が聞こえなくて寝坊するのではないか」と思うかも知れませんが、多くの耳栓は大きな音は聞こえます。小さな雑音をカットするようなイメージです。

不安なら実際に耳栓をしながら目覚まし時計を鳴らして確認してみてください。スマホのアラームであれば音量調節もできると思います。

また私の耳にはダイソーの耳栓と相性が良かったのですが、これも人それぞれだと思います。

いきなり高額な耳栓を試すより、いくつか近所の100円ショップを巡って様々なタイプを試してみるのがいいのではないでしょうか。

相性を見極めるには睡眠時である必要もありません。読書をしながらでも数時間耳栓をしていれば、痛みが出るかどうか確認できます。

ちなみに耳栓を使用するときは必ず説明書に目を通してください。耳栓のタイプによって使用方法が違います(耳を上に引っ張り上げながら入れる等)。

あくまでも相性の問題があるので、これといった正解があるわけではありませんが、逆に言えば相性の良い耳栓に出会えると、これからの人生の毎晩の睡眠の質を高められることになります。

世の中には様々な健康法がありますが、睡眠の質を高めることは身体の回復に大きな影響を与えると思います。

一時的な効果しか期待できない栄養を取り入れるより、毎日の回復力が増す睡眠と向き合ってほしいと思います。耳栓に限らず、改めて睡眠の質を意識してみてください。

おまけ

ちなみに私がアイマスクと耳栓を取り入れたきっかけは、当サイトでも何度も紹介している苫米地英人さんの睡眠の本の影響です。

他にも様々な睡眠の本を読みましたが、最も理にかなっていると感じ、実際に実行しやすいテクニックが紹介されています。

苫米地英人さんを知らない方の為に簡単に説明すると、超天才脳機能学者なのですが、そんな方が睡眠の質の重要性について紹介しており、取り入れるようになりました。

睡眠は毎晩のことなのでたった1%でも質が向上すれば、それがその後の人生の毎晩に積み重なっていきます。一時的に10%回復する栄養ドリンクやサプリメントより、ずっと大切なことではないでしょうか。

ちなみに少し前にたまたま知ったことなのですが、あのダウンタウンの松本人志さんは、昔から眠る時にアイマスクと耳栓をしていたそうです。

どんなに天才でも疲れていればパフォーマンスは落ちるはずです。長年第一線で活躍できる方というのは、疲労を上手に回復するすべを知っているのかも知れません。


down

コメントする