節約はレジャー!

100円ショップ(ダイソー)の耳栓との相性が良くて驚いた!

耳栓はコスパ抜群の睡眠グッズ

世の中には様々な睡眠の質を向上させることを目的としたグッズがあります。

良質なベットやマット、枕や布団はもちろん、ヒーリング音楽や遮光カーテン、照明器具なども含まれると思います。

人によっては「ぬいぐるみ」や「抱き枕」だって当てはまると思います。

少し前から様々な書籍でも睡眠の重要性について取り上げられるようになり、大変に喜ばしいことだと感じています。

睡眠の質を向上させることは、下手な健康食品よりもずっと効果的です。

ダイソーのアイマスク当ブログでは以前に睡眠の質が向上するコスパの良いグッズとして、「アイマスク」を紹介したことがあるのですが、

参考アイマスクの効果が侮れない!

100均で売られているようなアイマスクでも、上手く活用すれば睡眠の質を劇的に上げることができるものです。

これらの方法に必ずしも正解があるものではなく、あくまでも相性の問題ではあるのですが、今回は睡眠時の雑音をカットするのに効果的な「耳栓」について紹介します。

睡眠中に聞こえる音で必ずしも目が覚めるものではありませんが、脳は危険を察知する為に全ての音を聞きとっていると言われています。

本当に危険な音であれば目が覚めることになるのですが、生活音などの些細な音まで感じ取ってしまうので、睡眠中の音というのは睡眠を妨げる原因と言われています。

だからこそ睡眠中に耳栓で生活音などの雑音をカットすることで、睡眠の質が劇的に向上すると言われています。

しかも耳栓は様々ある睡眠の質を上げるグッズの中でもコスパ抜群なので、節約という意味でもおすすめしたいグッズです。

耳栓との相性

耳の形が人それぞれなように、耳栓にも相性があります。

耳栓をしたことがない方はイメージしにくいと思うのですが、スマホなどに付属している最近のイヤホンのゴムをイメージすると相性の意味がわかりやすいと思います。

私自身も様々な耳栓を試してみたのですが、なかなかこれといったモノに出会えませんでした。

初めは某100円ショップの耳栓を試したのですが、数十分で耳に痛みが出てしまいました。

耳栓と言っても健康に関わることなので、あまり安物ではいけないような気がして、それからホームセンターやドラッグストアで売られている数百円の耳栓をいくつか試してみましたが、どれも痛みを感じてしまいました。

高価な耳栓そこで健康の為の投資だと割り切り、ネットで千円を超える高級耳栓も試してみたのですが、それでも相性がよくありませんでした。

中には痛みが出ない耳栓もありましたが、朝目が覚めると無くなっていました。単純にゆるかっただけなのかも知れません。

逆に耳の密閉率が高いせいか、自分の脈拍まで拾ってしまう耳栓もあり、むしろうるさく感じてしまうことまでありました

そんな経験もあり、私の耳には耳栓が合わないと決めつけていたのですが、あるカプセルホテルに泊まった時に、他人のいびきで眠れないということがありました。

参考カプセルホテルは節約家におすすめ

そのカプセルホテルには二日泊まることになっていたので、「このままだとマズい」と感じ、翌日に近くにあったダイソーで耳栓を購入しました。

すると驚くべきことに相性がピッタリでした。全く耳が痛くならず、うるさいはずのカプセルホテルでぐっすりと眠ることが出来ました。

ダイソーの耳栓

ちなみに私が初めて購入した100円ショップの耳栓は、大手のダイソーではありませんでした。その時の経験から安物の耳栓ではダメだと決めつけてしまいました。

カプセルホテルという環境で仕方がなく購入したダイソー製の耳栓でしたが、私の耳との相性が抜群でした。一晩装着していても耳に痛みが全く出ることがなく、取れることもありませんでした。

某100円ショップの耳栓とダイソーの耳栓見た目も大きさも同じような耳栓を使用したことがあったのですが、やはり各社微妙に質が違うようです(右の黄色い耳栓がダイソー)。

前日にほとんど眠れていなかったので、そのせいで深い睡眠が得られたとも考えられるのですが、自宅に戻ってからもダイソーの耳栓をつかっても、全く問題がありません。

私の住んでいるアパートは幹線道路からは外れているのですが、地元の人にとっては信号の少ない抜け道でもあり、夜中に轟音を響かせながら走る車が珍しくありません。

普通の車であれば気にならないのですが、改造車や重たいモノを積んだトラックが力強く走ると、「ゴゴゴゴゴゴ」と鳴り響いて目が覚めることが、しばしばありました。

また隣の部屋に住んでいるおばあちゃんが、毎朝6時ごろに仏壇をチーンと鳴らす音も聞こえていました。こちらも睡眠が浅い状態だと目が覚めることがありました。

ダイソーの耳栓のおかけで、それらの音が全く気にならなくなりました。本当に感謝です。

100円ショップの王道であるダイソーの耳栓を見逃していた自分が恥ずかしいです。

もちろんダイソーの耳栓だけが素晴らしいとは言いませんが、価格に関係なく相性の問題があるので、試してみたいという方は、まずは様々な100円ショップの耳栓を試してみるのが節約という意味でもおすすめです。

似たような形の耳栓でも随分と硬さや弾力が違うので、相性の良い耳栓を探してみてください。私はもうダイソーの耳栓なしで眠ろうとは思えないほど気に入っています。

まとめ 耳栓はコスパ抜群

世の中には睡眠の質を向上させる様々なグッズがありますが、100円ショップの耳栓ほどコストパフォーマンスが優れているモノも珍しいのではないでしょうか。同じく100円ショップのアイマスクぐらいしか思いつきません。

ちなみに耳栓の高機能版とでもいいましょうか、睡眠時専用のイヤホンも売られています。

外部の音をノイズキャンセリング機能で相殺することができ、さらに睡眠を促す環境音楽なども聴くことができるようです。

お金に余裕がある方であれば、このようなグッズに頼るのも良いと思いますが、それこそ自分の耳と相性が悪いと使い道のない無駄な買い物になってしまうので、まずはダイソーのような100円ショップの耳栓を試してみてほしいと思います。

睡眠の質を向上させる為には、寝室や寝具を改めて相性が良いものを見つけることも大切ですが、こちらも価格が高いだけに、相性が悪いと無駄になってしまいます。

本格的な寝具やグッズが悪いわけではありませんが、相性の良い耳栓やアイマスクが見つかると、僅かな金額でも睡眠の質が劇的に向上するので節約家だけに限らず、眠りが浅くて悩んでいる方におすすめです。

参考枕はいらない!?手放して感じたこと

一度も耳栓をしたことがない方は「目覚まし時計の音が聞こえなくて寝坊するのではないか」と思うかも知れませんが、多くの耳栓は大きな音は聞こえます

あくまでも耳栓は小さな雑音をカットするようなイメージです。

不安なら実際に耳栓をしながら目覚まし時計を鳴らして確認してみてください。スマホのアラームであれば音量調節もできると思います。

また私の耳にはダイソーの耳栓と相性が良かったのですが、これも人それぞれだと思います。

いきなり高額な耳栓を試すより、いくつか近所の100円ショップを巡って様々なタイプの耳栓を試してみるのがいいのではないでしょうか。

また耳栓との相性を見極めるには睡眠時である必要もありません。昼間に読書をしながらでも数時間耳栓をしていれば、耳に痛みが出るかどうか確認できます。

ちなみに耳栓を使用するときは必ず説明書に目を通してください。耳栓のタイプによって使用方法が若干違います(耳を上に引っ張り上げながら入れる等)。

耳栓は適当に耳に押し込めばいいというわけではないので、しっかりとそれぞれの耳栓の説明書を確認してください。

参考私が説明所を読むようになった理由

耳栓はあくまでも相性の問題があるので、これといった正解があるわけではありませんが、逆に言えば相性の良い耳栓に出会えると、これからの人生の毎晩の睡眠の質を高められることになります。

家族のいびきや近所の騒音を失くすことは難しいですが、耳栓をすれば解決してしまいます。

世の中には様々な健康法がありますが、睡眠の質を高めることほど有効な方法はありません。

一時的な効果しか期待できない栄養ドリンクを飲むより、毎晩の回復力が増す睡眠と向き合ってみてください。

これは耳栓に限ったことではありませんが、改めて睡眠の質を意識してほしいと思います。

参考睡眠の質を上げるポイント!

相性の良い方法を見つけられると、それほどお金を掛けずに健康を取り戻すことが出来ますよ。

おまけ 耳栓愛用者の天才

ちなみに私が睡眠時にアイマスクと耳栓を取り入れるようになったきっかけは、当ブログでも何度も紹介している苫米地英人さんの睡眠の本の影響です。

参考苫米地英人の金持ち脳が秀逸

他にも様々な方の睡眠の本を読みましたが、最も理にかなっていると感じ、実際に実践しやすいテクニックが紹介されていました。

苫米地英人さんを知らない方の為に簡単に説明すると、超天才脳機能学者なのですが、そんな方が睡眠の質の重要性について紹介しており、私も取り入れるようになりました。

睡眠は毎晩のことなのでたった1%でも質が向上すれば、それがその後の人生の毎晩に積み重なっていきます。

一時的に10%回復する栄養ドリンクやサプリメントより、ずっと大切なことではないでしょうか。

何よりも耳栓やアイマスクはコスパが良いので、高額な布団やベッドを試す前に取り入れてみてください。相性が良ければ儲けものです。

ちなみに少し前にたまたま知ったことなのですが、あのダウンタウンの松本人志さんは、若い頃からアイマスクと耳栓をしないと眠れなかったそうです。

どんなに天才でも疲れてくるとパフォーマンスは落ちるはずです。長年第一線で活躍できる方というのは、疲労を上手く回復するすべを知っているのかも知れません。

ダイソーの100円の耳栓でも、ほんの僅かでも睡眠の質が上がるのであれば、試す価値が十分にあるのではないでしょうか。

もちろん相性が悪ければ無理に使う必要はありませんが、静かな環境に引っ越したり、高機能な遮光カーテンを取り入れるよりも簡単だと思います。

ちなみに苫米地英人さんの睡眠の本では、寝室はレースのカーテンではなく遮光カーテンを二重にし、隙間から光が漏れてこないように画びょうなどで止める方法も紹介されていました。

僅かな騒音や光でも睡眠を浅くしてしまうので、軽視しないで向き合ってみてください。

ちなみにダイソーの耳栓はマスクなどが売っているコーナーで見つけることが出来ます。アイマスクも並んで売られている事が多いので、ついでにチェックしてみてください。

コメント

  • 苫米地英人の睡眠の本を読みました。
    今まで睡眠に対して適当だったのが、とてももったいなく感じました。
    耳栓やアイマスクは安いので取り入れやすいですが、
    遮光カーテンやベッドの質にもこだわっていこうと思います。

    ありがとうございました。

    by Y・山下 €

  • 長年主人のいびきに悩まされており、
    耳栓について調べていると、こちらのサイトにたどり着きました。
    私も何となく百均の耳栓には不安があったのですが、
    相性の問題ということなので、いくつか試してみようかと思います。
    とても参考になりました。

    by もっち €

  • 100円で睡眠の質があがるなら最高だよなー
    エアウィーヴを買っても変わらなかったし

    by 匿名 €

  • 私もダイソーの耳栓をかれこれ3年ぐらい愛用しています。以前は300円ぐらいの耳栓を使用していましたが、ダイソーで十分というか、むしろダイソーの方が耳が痛くなりませんね。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。