節約はレジャー!

物を捨てることが出来ない人は小さな成功体験を重ねよう

物を捨てられない

ゴミ箱に捨てられたぬいぐるみ断捨離やミニマリストいう言葉が浸透し、物を捨てること、手放すことの様々なメリットが紹介されるようになりました。

当サイトでも様々な整理整頓のテクニックやメリットを紹介しています。

一方で「物を捨てることが出来ない人」も多いのではないでしょうか。

テレビ番組で断捨離を行う場合は、掃除のプロやスタッフを巻き込んでいますし、時間の制約もあるので、物を捨てられない人でも決断することが出来ますが、一般の方がテレビや本の情報だけで、あそこまで思い切って物を捨てることは難しいと思います。

そこで今回は物を捨てることが出来ない人向きのハードルの低いテクニックを紹介します。

【スポンサーリンク】

下準備

やる気に満ちている女性断捨離本やテレビの掃除特番を見て一時的に上がった「物を捨てるモチベーション」は長続きしません。

掃除を手伝ってくれるスタッフもいませんし、決断を促す掃除のプロもいません。

判断に悩んでいる内にモチベーションが低下し、何も解決しないまま終わってしまいます。

日頃から整理整頓が出来ている方であれば、物を捨てることだけに集中出来ますが、散らかった状態ではやることが多過ぎて、途中で息切れしてしまいます。

 

物を捨てる判断まで到達できません。

 

なので始めにやるべきことは、物を捨てるのではなく、物の捨て方を調べてください

あなたの住んでいる地域のゴミの処分の仕方を先に知る必要があります、役所でパンフレットを貰うかホームページで調べることが出来ます。

先にその物を捨てる知識を頭に入れることがポイントです、燃えないゴミの日やリサイクル出来るものなどを、しっかりと理解してください。

そして燃えないゴミ用のゴミ袋や粗大ゴミのシールなどを、掃除や断捨離をする前に用意してください

これを知らずに掃除や整理整頓をはじめても、捨て方がわからないと途中で手が止まってしまいます。

小さなスペースから

鞄の掃除そして掃除は小さなスペースから行ってください。

テレビや掃除本ではリビングなどの大きなところから始めますが、どうしても時間がかかってしまいます。

掃除のプロが行うのであれば半日で済むのかも知れませんが、自分で行うとなると考えながらの行動になり、まず一日では終われません。

その内にモチベーションが下がってしまい、結局は作業が止まってしまいます、そして失敗したという気持ちだけが残ってしまいます。

テレビは見栄えのことを考えて、視聴者にわかりやすい変化を伝える必要がありますが、リビングの掃除や断捨離は難易度が高いので、物を捨てることに慣れてから行う方が失敗は少なくなります。

「物を捨てられない人」へのおすすめの箇所は、小さなスペースの掃除、断捨離です。

古びれた財布スタートは、財布やバックから掃除してみてください。

財布の整理整頓をするのに何時間もかかることはありません、直ぐにゴールが訪れることが大切です。

財布の掃除は難しくありません、不要なレシートやポイントカードを処分し、軽く濡れたタオルで拭き上げ、お札やカードの向きを揃えてください。

参考浪費家はお札の向きが揃っていない!?

財布が綺麗に整理整頓されると、そこで達成感が得られます、それが凄く大切なポイントです。

その小さな達成感を得られると、次へのモチベーションに繋がります、時間が余っていればバックの中を綺麗にすることに繋がるわけです。

どちらもゴールは近いので途中で失敗することはありません、この小さな達成感を徐々に膨らませていくことがポイントです。

  • 財布
  • バッグ
  • 小物入れ
  • 引き出しの中
  • 戸棚の中
  • 本棚
  • タンス
  • クローゼット
  • 下駄箱
  • 玄関
  • トイレ
  • 洗面所
  • キッチン
  • お風呂場
  • 物置
  • 寝室
  • リビング

のように、少しずつ広げていくことがポイントです。

リビングに挑戦する頃には、整理整頓、掃除、物を捨てることに慣れています、判断に悩む時間も少なくなっています。

モノを捨てるコツをつかむ前に、一番の強敵に挑んでも上手くいかないわけです。

小さな成功体験を重ねてください、整理される気持ちよさをしってください、そこに気持ちよさを感じられるようになると、イヤでも部屋は整っていきます。

【スポンサーリンク】

まとめ 成功体験

外国のゴミ袋断捨離本のように「スパッ」と物を捨てることが出来るのが理想ですが、本の通りに出来る人は、すでに掃除や整理整頓の経験値を積んでレベルが高い人です。

そのようなタイプの人は一人でリビングという強敵に立ち向かうことが出来ますが、経験値の少ない人が倒せる相手ではありません。

テレビの掃除番組のように掃除のプロの援護射撃があれば可能かも知れませんが、普通は一人で立ち向かう必要があります。

物を捨てることが出来ない人は、整理整頓、掃除のスキル、レベルが低い状態なので、まずは小さなスペースから整理整頓をすることで経験値を積む必要があります。

いきなりリビングに取り掛かってしまうと、燃えないゴミなのか、粗大ゴミなのか、資源ゴミなのか、いつ捨てればいいのか、いくらかかるのか、などで悩むことになります、その度に手が止まってしまいます。

整理された机の引き出し小さなスペースであれば、掃除や捨て方を調べるのも簡単なので、少し手が止まってもゴールまで達成することが出来ます。

小さなスペースの掃除の積み重ねて達成感が得られると、掃除はどんどん楽しくなっていきます。

そして小さなスペースから出る燃えないゴミは僅かな量なので、有料のゴミ袋がスカスカの状態です、そのまま捨てるのがもったいないように感じてきます。

参考有料のゴミ袋を使い分けて節約する方法

すると「他に捨てるものはないかな~」となるわけです、それが次の掃除のモチベーションになってくれます。

「掃除が苦手」「整理整頓が出来ない」「物を捨てることが出来ない」という方は、ますは小さな空間、財布などの整理整頓からはじめてみてください。

そこで得られる小さな成功体験を、どんどん膨らませていってください、その経験が快感に変わっていきます。

豚の貯金箱にお金をいれるところこれは貯金箱に似ています、コインを入れる度に重たくなっていく貯金箱をもつことで、貯まっていく実感が得られます、そこに気持ちよさを感じられるようになります。

参考節約が苦手な人に貯金箱をすすめる理由

この気持ちよさを頭で理解できるようになると、重たくなるという実感のない銀行の通帳でも、快感が得られるようになります。

掃除の気持ちよさ、物を整理することによる快適さ、物を捨てることによる気づき、学べを体験してください、これらを頭で理解できるようになると散らかることがなくなります。

おまけ 情報空間の断捨離

シンプルなパソコンどうしても物理的な物を捨てられない方は、情報空間の物を捨ててみてください。

スマホやパソコンのデーターを整理してください、二度と見ることのないブックマークやデーターを処分してください、そして使いやすいようにフォルダに分けてください。

コンピューターという情報空間の中の整理でも、現実空間と同じように達成感を得ることができます、仮想空間であるゲームをクリアした時に心地よく感じるように、情報空間の断捨離でも気持ちよさを感じることができます。

いつでもダウンロードできる情報を所有する必要はありません。

パソコンやスマホの無駄なデーターを整理すると動作が早くなるように、物理的な空間の物を整理すると、あなたの思考や行動が早くなります。

必要のない情報、必要のない物のせいで、本当に必要な行動が鈍くなります。

本当に必要な物を所有する為にも、必要のない物を捨てる快感をしってほしいと思います。

背負うものが増えるほど動きが鈍くなります、物が増えるほどリスクも高まります。

参考節約という観点から防災を考えてみた

身軽になる快感を知ってほしいと思います。

この気持ちよさを理解できると、必要のない物が増えることに不快感をもつようになります、結果的に本当に必要な物だけに囲まれる生活になり、充実した人生になっていくと思います。


down

コメントする