節約はレジャー!

カーテンの洗濯頻度の目安は?カビが生える前に対策を!

カーテンの洗濯

まとめられたカーテン皆さんは自宅のカーテンの洗濯を定期的に行っているでしょうか?

実はカーテンは、かなり過酷な環境にさらされています。

日差しを防いでくれたり、室温を保ってくれるだけではなく、カーテンには外気からの汚れを防ぐ役割があります。

参考暖房費を節約するポイント!

またカーテンの表と裏では温度差が激しく、しかも外の空気と真っ先に触れるカーテンの環境は過酷そのものです。

カーテンをカビさせる結露した窓枠さらに窓が結露すると湿気の影響も受けてしまいます。するとカーテンにカビが生えてしまうこともあります。

カーテンがカビてしまうと、窓を開けたときに部屋中にカビの胞子がいきわたってしまいます。

これは窓や網戸の掃除にも当てはまることですが、自宅の空気と外の空気の出入り口が汚れていると、様々な弊害があるものです。

参考手の届かない窓の掃除はクイックルワイパーがおすすめ!

なのでカーテンは定期的に洗濯をする必要があるのですが、どうしてもカーテンを外すとなると大仕事なので敬遠してしまうものです。

そこで今回はカーテンの洗濯頻度について調べて見ました。地域によって湿度や天気も違うので、必ずしも正解があるわけではないのですが、参考にしてみてください。

カーテンの洗濯頻度

カーテンの洗濯頻度のアンケート調査ある「カーテンの洗濯頻度についてのアンケート」の調査では、

  • 1位:半年に一度
  • 2位:年に一度
  • 3位:汚れが気になったとき
  • 4位:洗濯したことがない

という結果になっていました。

半年に一度の人の中には、カーテンを季節に合わせて衣替えしているケースも観られました。

夏用のカーテンは薄手で日差しを防ぐものを選び、冬場のカーテンは厚手で室内の熱が逃げないような特徴があります。

カーテンの洗濯が年に一度の人は、大掃除で洗濯をする事がほとんどでした。

参考大掃除のコツは時期を選ぶ事!

そしてカーテンの汚れが気になったときにだけ洗濯をするという人も、意外と多くみられました。一度もカーテンを洗濯した事がない人もそうですが、これらは少し問題です。

カーテンの汚れの影響

カビ菌のイラストカーテンの洗濯頻度に必ずしも正解があるわけではないのですが、カビが発生しやすい梅雨前に一度は洗濯することをおすすめします

ホコリや汚れがついているカーテンは、カビにとって絶好の環境になります。長年動かしていない家具の裏に貯まったホコリなどは、カビで緑色になっていることすらあります。

参考カラーボックスの裏の簡単カビ対策

また窓が結露しやすい冬の前にも洗濯をした方が良いです。これもカビを防止する事につながります。

カーテンの汚れが気にならないレベルでも、カビの胞子やダニがついている事も多いので、やはり定期的に洗濯をした方が安心です。

カーテンの洗濯は取り外すだけでも一苦労ですが、想像以上にデメリットがあるので気をつけてください。

ちなみに、あるカーテン専門店のサイトで紹介されていた洗濯頻度は、通常のカーテンは年に一度、レースのカーテンは季節毎とありました。

レースのカーテンは軽いので取り外しも簡単ですし、外気や結露の影響を受けやすいので、レースのカーテンだけでも定期的に洗濯をするように意識してみてください。

また部屋によっては必ずしも普通のカーテンが必要だとは限りません。日が入らない部屋や人目につかない部屋の窓であれば、レースのカーテンだけでも問題がないケースがあります。

目の前に隣のビルの壁があるような窓であれば、あえて洗濯が大変なカーテンを取り付けないという選択肢もあるので検討してみてください。カーテンを洗濯する手間を省く事が出来ます。

カーテンの洗濯方法

カーテンの洗濯方法といっても難しく考える必要はないのですが、カーテンの素材によってはドレープ(折り目)を意識する必要があります。

一般的に売られているカーテンというのは、洗濯の事も考えられている事も多いので、あまり気にする必要はないのですが、生地の素材にこだわっている高級カーテンほど、洗濯が難しい傾向があります。

ドレープをキープする為に綺麗に折りたたんだ後、洗濯ネットに入れて優しいコースで洗う必要があるので、意外と大変な作業になってしまいます。

レースのカーテンは普通に洗濯出来る事が多いので、やはりレースのカーテンだけでも定期的に行ってほしいと思います。

レースのカーテンを洗濯するポイントは、「二度洗い」をする事です。カーテンの汚れは想像以上にあるので、年に一度ぐらいしか洗濯をしない場合は、二度洗いをしてください。

洗剤の界面活性剤という成分は、汚れが多いほど泡立ちが悪くなってしまうので、汚れが酷い場合は十分な洗浄機能を発揮できないケースがあります。

衣類のように頻繁に洗うものであれば、わざわざ二度洗いをする必要はないのですが、カーテンのようにたまにしか洗わないものは、二度洗いを意識してみてください。

そもそも洗濯というのは、洗剤を入れなくても8割方の汚れが落ちてくれると言われています。たまにしか洗わないものほど、この落ちやすい初期の汚れが多いので、洗剤の成分がバッティングしてしまいます。

なので、一度目の洗濯には洗剤を入れなくても良いぐらいです。洗濯機のスピードコースのようなもので、一度目に軽く洗濯(予洗い)をする事で、カーテンの表面の大まかな汚れが落ちて水が濁るので、その水を排水した後に、改めて洗剤を入れて洗濯をする事で、しっかりと繊維の奥深くまで洗剤の洗浄成分をいきわたらせる事が出来ます。

たまにしか洗わないカーテンだからこそ、二度洗いをする価値がありますよ。

一度目の洗濯は、最後まできちんと脱水をする必要はありません。すすぎは一度ぐらいした方が良いですが、最終脱水をする前に洗濯機を止めて、洗剤を入れた二度目の本洗いを行ってください。

参考洗濯洗剤を節約するポイント!

カビが出来てしまったら

ドラム式洗濯機の様子カーテンにカビが生えてしまった場合、カビの初期であれば普通の洗濯機でも綺麗に落とすことが出来ます。

また塩素系の漂白剤を入れることで、よりカビの菌を死滅させることが可能です。

ただし、見た目にもはっきりとわかる黒いポツポツのカビが生えてしまうと、通常の洗濯だけでは落としきれないこともあります。

カビは高温で死滅するのでアイロンをかけてもいいのですが、カビが死滅しても黒いポツポツが残ってしまう場合があります。

この場合はお風呂で使用するカビキラーなどで落とすこともできるのですが、カーテンの生地によっては傷みや色落ちしてしまうことがあります。

大切なカーテンは液体の洗濯洗剤を直接カビの部分に染みこませて、数分放置した後に叩き洗いをしてみてください。長年放置されたカビでなければ、これだけで落ちる可能性があります。

カーテンのカビを落とす歯ブラシ他にはタオルの上にカビが生えたカーテンをのせ、歯ブラシなどで叩いてカビをタオルにうつすことも可能です。醤油の染みなどを落とす方法と同じようなことです。こちらの方がカーテンの痛みは少なくなります。

そのあとは通常の洗濯をしてください。

またカーテンの素材によっては自宅では洗濯できないものもあるので、その場合は専門のクリーニング屋さんにお願いするしかありません。

カーテンのクリーニング費用は高額になるので、カーテンの価格によっては買い替えも検討した方が節約できます。

新しくカーテンを購入する際には、これらのようなメンテナンスのしやすさを意識するのもポイントです。

自宅で洗濯できないものを避けたり、鮮やかなドレープがあるカーテンを避ける事で、自宅の洗濯機でも簡単に済ませる事が出来ます。

節約という意味でも、自宅で洗濯が難しいオシャレなレースのカーテンは大変なので、メンテナンスのしやすさも意識して選んでみてください。

カーテンの販売サイトや表示を確認しながら、慎重に選びましょう。

洗濯後のカーテンの干し方

カーテンのような大きな布を洗濯した場合は、干し場所にも困るものです。

お洒落なレースのカーテンレースのカーテンのように薄手のものは、洗濯後に直接カーテンレールに設置しても構いません。ただし窓を開けて風をあてられる天気の良い日を選んでください。

暖房器具などで湿度が低くなっている冬場でも問題はありません。

厚手のカーテンの場合は水分を含んで重たくなるとカーテンレールに負担がかかるので、一枚ずつ物干し竿などで干すことが理想です。

その場合も生地が折り重なる部分を減らす工夫をしてください。間にハンガーなどを噛ませて空間を広げるたり、途中で裏表を変える事で早く乾いてくれますよ。

また乾燥機が使える素材のカーテンであれば、コインランドリーなどを利用するのも良いかと思います。

ちなみに意外と盲点になるのが、カーテンレールの汚れです。

カーテンを洗濯する為に取り外した際には、カーテンレールの上も忘れずに掃除してください。想像以上にホコリが貯まっているものですよ。

位置や角度的に掃除機で吸い取るのが難しいので、毛ばたきのようなものでサッと掃除するのが簡単でおすすめです。

参考100均の毛ばたきが優秀だった

まとめ レースのカーテンの洗濯を頑張ろう!

寝室のレースのカーテンカーテンの洗濯頻度に正解があるわけではないのですが、カーテンの汚れは様々な悪影響があるので、定期的に洗濯をするようにしてください。

特に窓に近いレースのカーテンの方が、外気や結露の影響を受けてカビが発生しやすい傾向があるので意識しましょう。

シーズン毎に洗濯をしている家庭であれば、二度洗いをしなくても良いとは思うのですが、たまにしか洗濯をしない家庭や頻繁に窓を開ける季節などは、一度目の洗濯で軽く予洗いをしてから洗った方が、洗剤の機能を発揮しやすくなりますよ。

カーテンは素材によって洗濯のしやすさなども変わってくるので、それほどデザインや素材にこだわりがない家庭であれば、メンテナンスのしやすさも意識して選んでみてください。

肌に触れる衣類の素材だと、人によっては化学繊維と相性が悪いケースもありますが、カーテンだと耐久性のある化学繊維の方が相性が良い傾向があります。

またレースの素材によっては網目にホコリや花粉が付着しやすくなります。余計な装飾のせいでほつれやすくなる事もあるので、気をつけてください。

またカーテンの洗濯頻度で意識してほしいのが、寝室のカーテンの存在です。どうしてもリビングのカーテンの方が人目につくので気になるものですが、健康という意味では寝室のカーテンが重要です。

お風呂場のカビの身体への影響は、お風呂に入っている数十分だけの影響ですが(それでもイヤですが)、寝室のカーテンのカビは睡眠時間以上に身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

人生の三分の一ぐらいは寝室で過ごすものです。

カーテンを洗濯して綺麗な寝室で眠る女性しっかりとした睡眠を得るためにも、寝室の掃除とカーテンの洗濯を意識してほしいと思います。

参考良質な睡眠を得るポイント

エアコンのフィルター掃除を怠ったり、ホコリが付着している扇風機を使っていると、カビの胞子を部屋中にまき散らせてしまうように、カーテンの汚れもバカにできません。

部屋によってはカーテンではなくブラインドに替えてしまった方が掃除が楽になる事もありますし、それこそレースのカーテンだけで済ませられるケースも考えられます。

洗濯が大変なカーテンだからこそ、適材適所で相性の良いものを選んでみてください。

オシャレなカーテンやお気に入りのカーテンを選ぶのが悪いとは言いませんが、中には素人ではメンテナンスができないものもあるので、購入する前にしっかりと確認してください。

清潔なカーテンで気持ちよく過ごしましょう!

コメント

  • レースのカーテンの洗濯も大事だけど
    網戸の汚れも掃除した方が良いですよ
    私はホコリっぽい地域に住んでいるので、
    網目が細かい網戸にしたら汚れの進入を防ぐ事ができました
    それだけに汚れも溜まるので網戸の掃除が大事です

    by 匿名 €

  • 一人暮らしを始めて三年目で初めてカーテンを洗濯しました。

    びっくりするぐらい水が濁ってヤバかったです。予洗い大事ですね。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]