節約はレジャー!

カーテンの洗濯頻度の目安は?カビが生える前に対策を!

カーテンの洗濯

まとめられたカーテン皆さんは自宅のカーテンの洗濯を定期的に行っているでしょうか?

実はカーテンは、かなり過酷な環境にさらされています。

日差しを防いでくれたり、室温を保ってくれるだけではなく、カーテンには外気からの汚れを防ぐ役割があります。

カーテンの表と裏では温度差が激しく、しかも外の空気と真っ先に触れるカーテンの環境は過酷そのものです。

結露した窓枠また窓が結露すると湿気の影響も受けてしまいます。するとカーテンにカビが生えてしまうこともあるわけです。

カーテンがカビてしまうと、窓を開けたときに部屋中にカビの胞子がいきわたってしまいます。

これは窓や網戸の掃除にも当てはまることですが、自宅の空気と外の空気の出入り口が汚れていると、様々な弊害があるものです。

参考手の届かない窓の掃除はクイックルワイパーがおすすめ!

なのでカーテンは定期的に洗濯をする必要があるのですが、どうしてもカーテンを外すとなると大仕事なので敬遠してしまうものです。

そこで今回はカーテンの洗濯頻度について調べて見ました。

カーテンの洗濯頻度

ある「カーテンの洗濯頻度についてのアンケート」の調査では、

  • 1位:半年に一度
  • 2位:年に一度
  • 3位:汚れが気になったとき
  • 4位:洗濯したことがない

という結果になっていました。

半年に一度の方は、カーテンを季節に合わせて衣替えしている方に多いようです。

年に一度の方は、大掃除で洗濯をする方がほとんどでした。

また「カーテンの汚れが気になったとき」に洗濯をするという方も多いようです。逆に言えば定期的には洗濯をしていないようです。

流石に「カーテンを洗濯したことがない」というのは問題だと思います。毎年カーテンを買い替えているのであれば大丈夫かも知れませんが。

カビ菌のイラストカーテンの洗濯頻度に必ずしも正解があるわけではないのですが、カビが発生しやすい梅雨前に一度は洗濯することをおすすめします。

ホコリや汚れがついているカーテンは、カビにとって絶好の環境になります。長年動かしていない家具の裏に貯まったホコリなどは、カビで緑色になっていることすらあります。

だからこそ頑固なカビになる前に、定期的にカーテンの洗濯をしてあげてください。

また洗濯の柔軟剤の中には、静電気を防止したり、カビの発生を抑える効果があるものもあります。自宅でカーテンを洗濯する場合は、そのようなタイプを選ぶこともポイントになると思います。

ちなみに、あるカーテン専門店のサイトで紹介されていた洗濯頻度は、通常のカーテンは年に一度、レースのカーテンは季節ごとでした。

比較的レースのカーテンは軽いので取り外しは楽な方です。普通のカーテンの洗濯は大掃除の時だけと割り切り、レースのカーテンを定期的に洗濯するぐらいが良いのかも知れません。

窓に直接触れるのも日光を浴びるのもレースのカーテンなので、普通のカーテンと分けることで洗濯の手間を減らすことが出来ます。

カビが生えてしまったら

ドラム式洗濯機の様子カーテンにカビが生えてしまった場合、カビの初期であれば普通の洗濯機でも綺麗に落とすことが出来ます。

また塩素系の漂白剤を入れることで、よりカビの菌を死滅させることが可能です。

ただし、見た目にもはっきりとわかる黒いポツポツのカビが生えてしまうと、通常の洗濯だけでは落としきれないこともあります。

カビは高温で死滅するのでアイロンをかけてもいいのですが、カビが死滅しても黒いポツポツは残ってしまいます。

この場合はお風呂で使用するカビキラーなどで落とすこともできるのですが、カーテンの生地によっては傷みや色落ちしてしまうことがあります。

大切なカーテンは液体の洗濯洗剤を直接カビの部分に染みこませて、数分放置した後に叩き洗いをしてみてください。長年放置されたカビでなければ、これだけで落ちる可能性があります。

他にはタオルの上にカビが生えたカーテンをのせ、歯ブラシなどで叩いてカビをタオルにうつすことも可能です。醤油の染みなどを落とす方法と同じようなことです。こちらの方がカーテンの痛みは少なくなります。

そのあとは通常の洗濯をしてください。

またカーテンの素材によっては自宅では洗濯できないものもあるので、その場合は専門のクリーニング屋さんにお願いするしかありません。

カーテンのクリーニング費用は高額になるので、カーテンの価格によっては買い替えも検討した方が良いかと思います。

特にレースのカーテンの買い替えは、洗濯のしやすさで選ぶのもポイントです。遮光性なども大事ですが、メンテナンスのしやすさも意識してみてください。節約という意味では自宅で洗濯できないレースのカーテンはおすすめできません。

カーテンの干し方

カーテンのような大きな布を洗濯した場合は、干し場所にも困るものです。

お洒落なレースのカーテンレースのカーテンのように薄手のものは、直接カーテンレールに設置しても構いません。ただし窓を開けて風をあてられる天気の良い日を選んでください。

厚手のカーテンの場合は水分を含んで重たくなると、カーテンレールに負担がかかるので、一枚ずつ物干し竿などに干すことが望ましいです。

乾燥機が使える素材であればコインランドリーを利用するのも良いかと思います。

ちなみに意外と盲点になるのがカーテンレールの汚れです。カーテンを取り外したのであれば、カーテンレールの上も忘れずに掃除してください。結構ホコリが貯まっているものですよ。

まとめ レースのカーテンの洗濯を頑張ろう!

寝室のレースのカーテン窓に近いレースのカーテンの方が、結露の影響を受けてカビが発生しやすい傾向があります。

またレースの網目にホコリや花粉が付着しやすいので、洗濯が面倒な方でもレースのカーテンだけでも定期的に洗濯をしてください。

またレースのカーテンが汚れていると部屋の中が暗くなります。一枚ずつ洗濯してみると違いがはっきりとわかると思います。

特に喫煙者の自宅のカーテンは汚れているものです。この場合も洗濯の頻度を増やしてください。僅かですが電気代(照明代)の節約に繋がると思います。

お風呂場のカビの影響は、お風呂に入っている数十分だけの影響ですが(それでもイヤですが)、寝室のカーテンのカビは睡眠時間以上に影響を与えるものです。

人生の三分の一は寝室で過ごすものです。

しっかりとした睡眠を得るためにも、寝室の掃除とカーテンの洗濯を意識してほしいと思います。

参考良質な睡眠を得るポイント

自宅のホコリの主な原因は、衣類や絨毯や布団の繊維が飛び散るからです。そしてカーテンの繊維も同様です。

フローリングの家庭のカーテンをブラインドに替えると、ホコリが激減したというデータもあります。カーテンから出るホコリの量はバカに出来ないものです。

お部屋のインテリアの状態によっては、カーテンを失くすのも一つの選択肢だと思います。雰囲気が違うだけではなく、健康や掃除時間にも影響を与えるものです。

もちろん寝室はしっかりと遮光できるカーテンが望ましいですが、部屋によっては使い分けることで、洗濯などのメンテナンスが楽になりますよ。極端な事を言えば、倉庫代わりにしている部屋であれば、カーテンがなくても問題にならないわけです。

ベストなカーテンの洗濯頻度というものはありませんが、汚れやすいレースのカーテンだけでも定期的に洗濯をして、カビやホコリの少ない綺麗な部屋で過ごしてほしいと思います。

エアコンのフィルター掃除を怠ると、カビの胞子を部屋中にまき散らせてしまうように、カーテンの汚れもバカに出来ないので、定期的に洗濯をしてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]