節約はレジャー!

インスタントラーメンを健康的に食べる方法を紹介します

インスタントラーメンは不健康?

カップラーメンやインスタントラーメンの健康面を気にして、なるべく避けている方がいると思います。どうしても塩分や油分の過剰摂取になるので、やはり食べ続けることにはリスクがあります。

ですが、やはりカップラーメンやインスタントラーメンというのは便利なもので、しかも低価格なので節約家にとってはありがたい存在です。私も月に2~3回はお世話になっています。

当サイトでは以前に、カップラーメンの健康的な食べ方について紹介したことがあるのですが、

参考カップラーメンを健康的に食べる方法

今回はインスタントラーメンならではの健康的な食べ方について紹介します。

五袋入りのインスタントラーメンは、カップラーメンよりも安いので節約家にとってありがたい存在ですが、なるべくなら健康的に食べて上手に付き合っていってほしいと思います。

インスタントラーメンを健康的に食べる方法

インスタントラーメンを健康的に食べる方法というのは、基本的にはカップラーメンを健康的に食べる方法で紹介したトッピングを充実させることと同じです。

簡単でおすすめなのはカットワカメや高野豆腐を合わせることです。気軽に食物繊維やたんぱく質を補うことができます。もちろんネギなどの一般的なラーメンに合わせる具材が余っている場合は、それらを合わせるのもおすすめです。

そしてインスタントラーメンならではの健康的に食べる方法というのは、麺の油分やカロリーを減らす方法です。

一般的なカップラーメンやインスタントラーメンの麺というのは、ある程度茹でた麺を油で揚げることで、麺の水分を飛ばして乾燥させています。

だからこそお湯を入れるだけで短時間で麺が茹で上がった状態になるのですが、そのお湯の中には油分がたくさん溶け出してしまいます。

このインスタントラーメンを茹でるお湯を途中で捨てるだけで、大幅に油分(カロリーも)を減らすことが出来ます。

一般的なラーメンの作り方のように、ラーメンどんぶりに粉末スープとお湯を入れて作ってもいいのですが、それだと洗い物が増えてしまうので、私は麺を茹でている途中でザルにあけてお湯を入れ替えるようにしています。

インスタントラーメンの麺を茹で始めて一分も経てば、全体的に柔らかくなるので、そのタイミングで一度お湯を捨てます。

ちょっと見にくいかも知れませんが、茹で汁が油で白く濁っているのがわかるでしょうか。カップ焼きそばのお湯を捨てる時を思い出してもらうとイメージできると思います。

ちなみに排水口に少し水を流しているのは、排水管の中の汚れを防止するためです。

参考キッチンの排水溝の詰まりを防止する方法

一般的なインスタントラーメンをつくるのに必要なお湯の量は450~500mlなのですが、私は電気ケトルで800mlのお湯を沸かしてつくっています。

途中でお湯を入れ替えるといっても、それなりに麺が水分を吸収しているので、二度目のお湯はだいたい300mlになります。

そして再びインスタントラーメンを新しいお湯で茹で始めたタイミングで、私はさらに卵を二つ追加します。

参考卵を購入する時に知っておくべきこと

卵の栄養価が優れているのは昔から言われていることですが、近年は益々卵の素晴らしさが発見されるようになり、さらにコレステロールを気にする必要がないとまで言われています。

カップラーメンに卵を入れるのは厳しいですが、鍋の中でお湯を沸かしながらつくるインスタントラーメンだからこそ、卵は相性の良い方法だと思います。

そして二分ぐらい茹でたら火を止め、粉末スープを混ぜてカットワカメや高野豆腐を追加して完成です。

まとめ なるべくなら健康に食べよう

インスタントラーメンをそのまま食べると、炭水化物と塩分と油分ぐらいの栄養価しか期待できませんが、卵やワカメや高野豆腐を加えることで不足しがちな栄養素を補うことができます。

さらにお湯を途中で入れ替えることで、過剰摂取になりがちな油分を抑えることができます。

ただし、油分が少なくなると若干物足りない味になります。私は薄味が好きなので気になりませんが、油っこいラーメンが好きな人には向いていないかも知れません。

その場合はサラダ油やオリーブオイルを少し加えるのも良いかも知れません。揚げ物のように酸化した油ではないので、少しは健康的だと思います。

ちなみに卵は二分ぐらいでは完全に茹で上がらないのですが、インスタントラーメンを食べている最中の余熱だけで固まってくれます。だからこそ私は卵を二つ入れることで違いを楽しんでいます。

早めに黄身を崩すと半熟状態を楽しめますし、後半に食べるとスープが染み込んだ味付け卵を食べることができます。

ちなみに私はインスタントラーメンの味によっては、さらに七味や胡椒を加えて楽しんでいます。

参考百均のペッパーミルが優秀!

参考香り七味で風味が倍増!

インスタントラーメンは賞味期限が長く、保存食としても活躍が期待できます。実際に災害時にカップラーメンやインスタントラーメンを、水だけで戻して食べるテクニックがあるほどです。

たまに山で遭難するニュースがありますが、チョコレートのような僅かな食糧だけでも一週間ぐらい耐えられているものです。飲み水さえ確保できれば、それほど多くの保存食を用意する必要はありません。

電気が止まってしまえば生鮮食品は腐っていきますが、インスタントラーメンであれば、お菓子のようにそのままかぶりつくことだって出来なくはありません。

以前に節約の観点から防災対策を考察したことがあるのですが、

参考充実した防災グッズは本当に必要か?

本当にピンチの時は、温かくて柔らかくて美味しい料理でなくても食べられるのではないでしょうか。

そもそも人間の身体は飢餓に耐えられるように脂肪を蓄えているわけですから、2~3日ぐら食べなくても問題ありません。

もちろん身体の弱いお年寄りがいる家庭であれば、それなりの保存食を用意しておいた方が安心ですが、一般的な家庭であればインスタントラーメンや乾麺やお菓子などが少しあれば、必要以上に保存食を用意しなくても大丈夫なのではないでしょうか(飲料水は別、しっかりと用意しておきましょう)。

インスタントラーメンが健康的な食品とは言いませんが、上手に付き合えば栄養価をプラスしたり、油分や塩分を減らすことができるので、ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに手元にあるインスタントラーメンの塩分量を確認してみたところ、4.8gとなっていました。これはスープを全て飲み干した場合です。

血圧の高い方などは一日の塩分摂取量を、10g以下に抑えるようにしているそうですが、インスタントラーメンを食べてもスープを全て飲み干さなければ、3gぐらいに抑えるのは難しくないと思います。カロリーもたった373kcalです。

この辺はメーカーによっても違うとは思いますが、それほど不健康な食品とも言えないような気もします。

追記 思い出しました

かなり昔に読んだ中島らもさんのエッセイの中で、インスタントラーメンが出始めた頃の思い出が紹介されていたことを思い出しました。

「スープにも栄養が含まれています。残さずお召し上がりください。」

と書いてあったというエピソードです。おそらく1990年代のエッセイで、当時ですら塩分の取りすぎが問題になっており、「今の常識では考えられないな」といった内容でした。うる覚えなので間違っていたらすいません。

インスタントラーメンは1960年頃には普及していたようで、当時の日本人にとっては不足しがちな素晴らしい栄養源だったのかも知れません。

今の日本人とは健康常識も大きく違いますし、当時は身体を動かす仕事の人が多かったでしょうから、塩分やカロリーが今よりも必要だったのかも知れません。

塩分やカロリーに限らず、人間に必要な栄養素の目安というものがありますが、身長も体重も違えば、運動量(仕事の内容)も人それぞれなので、やはり自分なりに考える必要があるのだと思います。

以前に好きなものではなく、その時々に食べたいモノを食べると健康に良いと紹介したことがあるのですが、

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

インスタントラーメンも「何だか無性に食べたいなぁ~」と思った時は、遠慮なく食べて良いのだと思います。

おそらくインスタントラーメンに含まれている塩分なり、油分が不足して、身体(脳)が求めている状態なので、美味しく健康的にいただけると思います。もちろん食べたくない時は食べないでくださいね。

down

コメントする